バイクカバーの耐熱について

テーマ:

こんにちは、“バイクカバーのバリチェロ” 店長 テキサスバンチョウです。

 

 

今日はバイクカバーの耐熱について

 

 

現在、ネットや量販店などで売られているバイクカバーには、

 

【溶けない!】、【耐熱加工】などと謳った商品があります。

 

値段でいうと7千円~1万円前後と結構かお値段します。

 

では、本当に大丈夫なんでしょうか?

 

バリチェロのバイクカバーを売っているAmazon様から抜粋しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走行直後のマフラーは800度にもなると言われています。

 

そう!

 

 

 

 

様々なメーカーから発売されているので一概には言えませんが、注意書きは

 

 

よく読んだ方がいいです。

 

 

中には『エンジン、マフラー等が十分、冷えてからご使用ください。』と書いてあります。

 

 

うん?!

 

 

それって耐熱生地の意味あるのかとツッコミたくなりますΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

 

バリチェロのバイクカバーには防炎、耐熱機能はありません!

 

なぜなら、エンジン、マフラーが冷える間、汚れをおとしたり軽いメンテナンスを

 

 

しましょうというのが私の考え方です。

 

 

それが自分の愛車と長く付き合うためには必要だからです。

 

 

興味があれば、↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、“防水” について

 

 

 

 

AD