フォローしておくれやす
    2010-12-31 17:14:56

    青江好祐 成りさがり完全版

    テーマ:日常
    あー、やっと書けたです
    こうやって振り返るとペラいなあ(笑)
    まあとにかくそれなりに色々ありつつ、音楽が身近にあったことが何より幸せでした。
    支えてくれた皆々様、ありがとうございました。

    来年もこの身朽ちるまで、曲を書き、歌い、笑いを取りに行きます(笑)

    とりあえず音源は完成させるから楽しみにしててください。
    超アナーキーな価格設定にしたいな。

    では、お正月休みでお時間ありましたらお読みください。
    青江好祐2010「成りさがり」です。

    ほぼフィクションだと思って読んでね。ほいでは、よいお年をー


    ― バンドがパンクしてからちょうど一年、ケジメつけたい部分もあった ―



    1月、そうね
    やっぱチン青江とアッパーカッツじゃない?

    最初の頃は付け髭なんかつけてシャレオツな感じでさ
    かたっくるしい感じじゃなくてワオワオやってたわけよ

    でも、この頃から違ってきた

    メンバーも「女たち」からキーボードにアスカ
    タイコもウッチャンがチリバツに決めちゃってるからね
    「ギャランドゥ」とか「2億4千万の瞳」とかもうスネアがパーン、よ

    ギターもギュイーンって、足元もすごいんだ、機材が
    もうそれ踏むだけで色々歪んだのチョーチンだの、もうプロだよ、プロ
    へーっ、とか眺めちゃったりしてさ。ぜんぜん詳しくないけど
    ベースもドゥンドゥンいってるし、だいぶゴキゲンな感じ

    なんか知らないけどもうこうなったら完璧にマジよ、マジ
    笑っちゃうけど

    俺もだんだん声が出て来てる時期だからね
    発声練習とかいつも枕かぶってアッアーって感じで、ほら俺負けず嫌いだから
    腹式とかさ、やっちゃうわけ

    だからもうこの頃になったらアレよ
    アッコさんとか原キーで出ちゃうわけ、「古い日記」とかタマんないよ

    大塚ディーパでさ、みんなでコピバンやろうよって企画がありまして

    最初はみんな笑ってるよ、だってヒゲだもん


    だんだん途中から「おふくろさん」くらいからかな
    どしたの?おとーさんって顔してたね、アワ吹いてた

    最後にドレスでバラードなんか歌ったりしてさ
    イカしてたよ、かなり


    で、るんるんって何日かして「青江好祐と女たち」よ

    忘れもしないね、1月19日渋谷7thFloor


    お客、ほとんどゼロ

    ウソだと思うだろうけど
    これマジよ、笑っちゃうけど

    昨日までヒゲつけてピーハツに100人以上がケツ振ってた次のライブが、ゼロ

    さすがにちょっとぐわーってきた、参ったよ

    だからメンバー集めて言った
    アスカとウッチャンとヨシミね、酒飲みながら

    「メンバー、聞いてほしい。俺、変えていこうと思う」

    って、マジメよ、大マジメ

    「いままでは良い曲を良い演奏でやれればそれでよかったけど
     俺もっと楽しませたい」

    って

    その辺りまではフツーにステージ出て、次々曲やって、って感じでさ
    歌をキチンと聴いてほしいって思ってたんだ

    でもやっぱアレよ、ぜんぜんチン青江のほうがウケちゃうわけ
    それがひっかかってた


    メンバーもほんと泣けるんだ、サポートメンバーなんだけどさ
    曲はいいと思うから、って励ましたりとかして
    ウッチャンとか「青江のメロディはグレイトだと思う」とか言って
    ほんと、泣ける話だよ


    俺、忘れない
    リメンバー、7th Floorよ


    その時は具体的なアイデアはなかったけど、とりあえず去年の秋みたく
    コーラスいれてやろうって話にはなったかな

    でも次のライブが2月10日だから焦るわけよ

    バンドがパンクしてからちょうど一年、ケジメつけたい部分もあった



    で、別の日にヨシミがヘルプでベースやってるミク君って友達のライブを見にいったのよ

    バンドにキーボードの子がいるのは知ってたけど
    オルガンとかストリングスとかふぁーって感じで、上手いし
    なにより雰囲気がいいと思ったね


    で打ち上げで初めて話してさ

    要するに、スカウトよ

    ミク君には悪いけど、そういう世界ですよ
    ミク君はクアルトって家があって、帰ったらあったかくして眠れる

    でも俺は岡山から一人で出て来て、バンドもパンクして
    うおーって一人で吠えてかなきゃいけないから

    ヒゲつけてチヤホヤされても
    忘れてない、スーパースターになること


    ヨシミはけっこうミク君にブルってたかもしんないけど
    「ミク君がキレたらとりあえず3発までは我慢する、それ以上やられたら止めるな」
    って、オルガンの彼女のとこまで行ってさ

    「あのさ、おれ10日後にライブなんだけどバイトしない?」

    とか言って、C調だよすごい、普通じゃ考えられないわな、要するにリハ無しなんだから

    でも向こうにも俺がマジだったのが伝わったと思う
    涼しい顔で

    「いいですよ」

    だって、これで決まりよ
    へえ、根性あんじゃんと思ってね。

    これが、今もやってくれてるハラちゃんです
    いいメロを弾くんだよ、かっこいい


    ミク君は怒らなかったよ
    ほんといい子なんだ、いい「子」って感じ、年上だけどサ

    「ごめんね、でもこういう世界だからサ、ボクも頑張って」って

    まあ後はハラちゃんと二人で打ち合わせしたり、スタジオ入ったりバタバタよ

    これで俺入れてメンバーが7人、ワクワクしたね
    天才じゃ!天才たちがやって来て俺の夢を叶えてくれる!って



    ― 嬉しいじゃない、必要とされたら  こっちはただの山陽のチンピラよ、って感じ ―



    2月、燃えたね

    結局メンバーが全員揃ったのは当日ギリギリ、ステージの上だったからさ

    ハラちゃんなんかマジでリハではじめて「よろしく」って感じで
    オルガン入れた演奏がどんな感じになるのか知ってるの俺だけなんだもん、笑っちゃうよ、ホント

    俺もぜんぜん寝てなかったりで、めちゃくちゃよ

    でもやっぱみんな演奏はバッチバチの、しかもバチだから
    しっくりきましたよ、そりゃ
    みんなブッ飛んだんじゃないかな

    MCも工夫したね
    次にやる曲になるべく関係がある感じでさ

    だって考えたらさ
    いきなり30前の男がさ、女子高生のホレタのハレタのチョーチンだのって歌ってもさ
    みんなポカーン、あんた誰よ?って感じよ

    だから女子高生からの恋のお悩みの手紙を読んで
    それに対するアンサーって感じで、やった

    俺けっこうそういうの考えるの好きでサ
    ほっといたら家でいつまででもトコトコやってる
    エンターテナーなんだろうね、根っからの

    本番はトリだったから、最後もセッションやったね
    「スタンド・バイ・ミー」いい曲ですよ


    とにかく一年目でようやくだね
    おとしまえ、つけた


    たしかその頃だったね、ヨシミのやってる「むさしのこまち」のレコーディング

    レコーディング手伝って、って言われて
    ベース手伝ってもらってるのもあるし、俺のプロツールスでカチャカチャやったね

    ボーカルのヨーコさんはコーラス手伝ってもらったこともあってサ

    やっぱ上手いわ、ほんと
    俺もコーラスラインをちょこちょこ考えたりして、いい経験だったな



    3月の連休の時、妹の結婚式があってさ
    実家の岡山に帰ったんだ

    式でもちょっと歌わせてもらったし、いい式だった

    で、岡山に帰るちょっと前につくったのが「アニバーサリー」って曲
    誰かと一緒に暮らしていくってこと、俺なりに考えたみたいね
    ガラじゃないけどさ



    サツキさんから声をかけられたのもそのころだったね

    「青江、アタシいま地下アイドル作ろうと思ってる
     曲を書いてみないか」って

    で、家でトコトコ書いたのが「ふりむきざまキッス」
    むさしのこまちのレコーディングのついでにヨーコさんとヨシミに歌ってもらった
    今ネットで聴けるやつが、それです


    後輩のサヨナラプラネットでベース弾いてくれって話もそのころ

    後輩のオオサコから電話あってさ、えらい神妙な感じなわけよ
    俺、ラーメンずずー、って感じで話聞いたら

    ベース弾くヤツいないからヘルプしてくれないかって

    あいつらイカしてるし、二つ返事だったね

    だから自分のこと以外で忙しくしてたね
    メロディは書き溜めてたけど、夜とかに

    嬉しいじゃない、必要とされたら
    こっちはただの山陽のチンピラよ、って感じ



    ― こっちはまじめよ、おおまじめ
      でもそうみえるのも無理ないからね、適当に謝って、帰った ―




    ひさしぶりだったね、スターパインズカフェ

    東京に来てから初めて出たライブハウスでさ、こんどはベース背負ってそこにいるって
    不思議な気がしたね

    サヨナラプラネットの二人もガッチガチでさ、俺も手汗がすごいの、ばーってなってからに
    弦押さえるのにツルツルって、ベースの音もポンポン、って感じよ

    でも音楽はグンバツにイカしてるからさ
    まあこれから頑張ろう!って話になって
    カレー食って、帰った

    リメンバー、スターパインズだよ


    むさしのこまちのレコーディングが一段落したと思ったら
    こんどはヨシミのもう一個のバンド、BITTER BOOTSのデモテープ録りよ
    そこのボーカルが今女たちでコーラスやってるケイティ

    けっこう荒削りって感じだけどさ、声がいいんだ
    その時はまだ誘うってわけじゃなかったけどさ


    他にも自分の弾き語りとか色々やったけど、自分のことは後回しって感じだったね


    宮益坂48もその時よ
    「ふりむきざまキッス」よかったね
    他の曲も色々バンドマンから集めてきたみたいだったけど
    俺の曲が一番って自信、あった、強気だったね

    そんな感じで5月に入ってもまだ忙しかったね、年中言ってるけど

    「芥」ってバンドのレコーディングもこの頃だったね
    ボーカルの太田君から電話あってさ

    「青江、俺は今アルバムを作ろうと思ってる、すごくポップなものにしたい」

    って、今ホームページで聴けるみたいだけど
    「ルリカケス」とか「CITY」って曲は俺の声がだいぶ入ってるね
    結局7月くらいまでかかったけど、楽しかったね

    他にも白タイツ来てCM作ったりとか、色々やった

    AWAってバンドのイベントの司会やったときよ
    俺、はりきってやっちゃってさ

    「次のバンドです、どうぞー!」

    って声張り上げた瞬間、差し歯が、取れた
    ぽひゅーん、って、笑ったね

    結局お客さんに見つけてもらったんだけど、楽しかったね


    青江好祐と女たちはベースメントバー、5月

    「ミソッジ・ブルー」とか「アニバーサリー」はじめてやった

    その時よ、AOSCのメンバーが声かけてくれてさ
    11月の3マンに誘ってくれたんだ

    びっくりしたけど嬉しかったね、わかってんじゃんって感じで

    世話になったバンドマンの先輩にも怒られてたからさ

    女たち?ふざけんなおまえ、まじめにやれい、まじめにって感じで

    こっちはまじめよ、おおまじめ
    でもそうみえるのも無理ないからね、適当に謝って、帰った
    さびしかったね

    そんな時期だったからさ
    AOSCには感謝してるんだ、いいバンドだよ


    平行してちょこちょこ曲は作ってたから
    20曲ぐらい曲があってさ
    レコーディングしなきゃなあとは思ってた

    だって音源ないんだもん
    そろそろかな、と思ったね
    まあこれも始めてみたら大変なんだけどさ



    ―なにやってる人かわかんないって感じよ、ほんと-



    女たちでタイコやってくれてるウッチャンのイベントでロフトに出たね

    バーステージ、深夜。

    歌謡曲とかワイワイやったよ、いい夜だった

    その時にも話したりしたと思うんだけど、録んなきゃなって話
    レコーディングよ

    普通だったらスタジオ代だのチョーチンだのいって
    なんとか経費をちょこちょこ浮かすようにやるんだけどさ

    なんか今の自分には違う気がしてね
    もっと夢のある感じにしたいと思ってさ、ちゃんとしたスタジオに入った

    けっきょく録りきれる量じゃないから家でトコトコやるんだけど
    ドラムとかさすがよ、一発どかーんとやって、はいオッケーって感じ

    今のところ10曲くらい進めてます、全部出すかわかんないけど


    7月は青江好祐と女たちでもライブが2本あって
    そこにまたチン青江のライブもあったから、メチャクチャよ

    ハラちゃんにチン青江のキーボードもお願いしてさ
    アスカと二人でピアノとかストリングスとかばーって出して
    ゴキゲンだったね、すごい沸いた、もうすごいよ

    バンドやってるやつがいっぱい見にきてるからさ
    あちこちで言われるもん、チン青江ですよね?て

    昔やってたバンドでもこうはならなかったね、不思議なもんよ

    女たちのほうはコーラスにケイティを呼んでね
    ほんとは彼女ギターも最高だから
    いつか弾いてほしいとは思ってるんだけど

    みんな楽しいそうで嬉しいんだ、リハとか
    ピリピリしちゃってるロックバンドもかっこいいけど
    こういうのもアリなのかな、と思ったりしてね

    色々収穫はあったよ


    そこにさっき言ってた芥のレコーディングもやってたから忙しかったね
    サヨナラプラネットでベースも弾いてたしね、地下アイドルもあった
    しっちゃかめっちゃかよ

    ころころたしか大喜利大会みたいなのにも出たしね
    なにやってる人かわかんないって感じよ、ほんと



    ― もしパンクの原因がケンカやスリクじゃこうはいかなかったね
    ステージに上がったらマジだよ ―



    反動だったのかな
    8月はけっこうバテてたね

    友達のバンドもメンバー脱退とかさ、色々あって
    女たちライブもこの月はなかった

    相変わらずサヨナラプラネットやメイメイのシャンソンで
    ベースをドゥンドゥン言わせてたね
    地下アイドルに「いたずらデステニー」を書いたのもこの頃かな

    家にエレピがあって、夜中とか小さい音でトコトコやってるの、俺
    けっこうマジなメロディーがあったんだけどさ
    キーが高すぎたのね
    そのときナオンが部屋に来ててさ
    俺がポロンポロンやってるのを聞いて
    「グレイトだと思う」ってその場で口ずさんだりしてたのよ

    あとはササッと書いて、ガーって録った

    いい気分転換になったね




    その次の月よ、9月
    もう、めちゃくちゃ
    ライブが7本だよ、笑ったね

    DJで呼ばれてるのがあって、何の気なしにコンドーに電話したんだよね

    「ビートルズとかかけようと思ってるんだけどサ、遊びにこないか」

    って、ホント自然よ


    そしたら、来ましたよアイツ
    チャリ乗って、メガネ掛けてからに

    バンドがパンクしてから2回目くらいよ、会うの
    変わってなかったね
    弾き語りとかで活動してるってのは知ってたからさ
    俺、オファーした
    「10月に俺の聖誕祭をやるんだけど、ちょっと演奏しない?」
    二つ返事だったね、いい酒飲んだ




    9月半ばに女たちのライブがあって、そのすぐ後にまたチン青江があった

    女たちのほうもけっこうバリバリだったけど
    やっぱチン青江はすごかったね
    バッチバチの、しかもバチだからさ
    最後の曲でチン青江に黒シーツをバーってかけて

    一瞬で、白タイツ

    イリュージョンですよ
    こっちは目張りバチバチで、全身真っ白
    お客さん、ノックアウトよ

    「清水アキラの再来だ」
    って皆アワ食ってたね、これ、ホントの話




    あっと言う間に10月だったね
    青江好祐聖誕祭

    この日は女たち全員でさ
    オルガンのハラちゃんも客席から見てた

    この日ですよ、コンドーと2人でやったね
    剃毛&また生えてくる、って
    あいつも相変わらず上手かったね、アコースティックもハンパない

    もしパンクの原因がケンカやスリクじゃこうはいかなかったね
    ステージに上がったらマジだよ

    エレキ弾いてるコンドーもはやく見たいね
    いいギタリストだよ

    あとはずーっとトコトコ、家でレコーディング
    締め切りを考えていない分、終わりがないからさ
    やばいな、っていうのはあったけど楽しんでたよ



    ― 色んな事が振り出しに戻ったね、今年
    もちろん問題は山積みよ、やばいやばいって言ってる ―



    11月に入ってすぐ、前から誘われてたAOSCとの3マンですよ
    rice riotと一緒に寸劇やったりしてからに
    大笑いだよ、演奏はもちろんキマッてるしね

    打ち上げも久々に女たち全員揃ってワイワイやった
    AOSCとはまた何かやろうって話してる

    バンドっていいなあと思うよ
    やな面もいっぱい見てきたけどね、周りも含めて

    青江、自分のことはグレイトだと思ってる
    でもそれと同時にとんだペテン野郎と思うこともあるよ

    俺嫌いなんだよね
    「ヘイ、ベイビー」
    なんつってケツふりながら、メンバーに苦労させてるフロントマン
    現実味がないよ、やめちまえと思う
    昔の自分だけどね

    バンドってよく家庭や会社に例えられるじゃない
    あれ、ある部分はあってると思う
    「歌だけ歌っとくから、あと、ヨロシク」みたいなのは流行んない
    メンバーの事とか、金のこと、トコトンやんなきゃ


    だからてめえで全部背負えてるヤツはすごいと思う
    友達にもいるよ、尊敬してる


    12月入って、女たち今年最後のライブ

    アンデモってバンドがパンクしちゃってさ、そのラストイベントよ

    プラKはガンガンに人で埋ってるし、女たちも気合入ってたね
    俺もウワオって声出てたからガンガンやった

    みんな笑って泣いて、いい夜だった

    俺、忘れてない
    1月の渋谷、あの時メンバーに言ったもの
    もっと届くライブにしようって
    ムチャクチャやってるけど、ついて来てくれてるもんね

    俺、昔からおばあちゃんに可愛がられて育って
    今も女たちに支えられてる
    それぞれにメインで張ってる場所があるから、集まったときはスゴイよ


    コンドーも認めてくれてたね

    ほら、前の先輩バンドマンの話したらさ
    「青江、俺は女たちってイカしてると思う。そいつは耳ついてんのか?」
    だってさ、嬉しかったよ

    イブにあいつのライブに飛び入りしてね
    「冬の稲妻」キメたね
    お客、ぽかーんよ、いろんな意味で
    最近エレキ弾いてないっていうから
    ヒゲのフロントマン紹介するよって話して、飲んだ


    色んな事が振り出しに戻ったね、今年
    もちろん問題は山積みよ、やばいやばいって言ってる

    でも俺は一人じゃないんだ
    ステージに上がれば、女たちもいるし、プロピアもある


    仮に来年くたばったとしてもさ、いいじゃん
    誰かが一瞬でも思い出してくれたらピーハツだよ
    こっちはほんと、ただのチンピラなんだから


    ステージから見える景色は真っ暗なんだよ


    まるで谷底みたいにね




    2010.青江好祐
    AD
    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    Kosuke Aoeさんの読者になろう

    ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

    最近の画像つき記事
     もっと見る >>

    コメント

    [コメントをする]

    コメント投稿

    AD

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。