2013-06-27 04:34:49

最新作ビデオのご紹介

テーマ:ブログ
今後数週間にわたって新しいビデオをリリースしていきますが、まずはこの2本をご紹介したいと思います。

1. Head, Shoulders, Knees, & Toes (Learn It) - "Head Shoulders Knees & Toes" の練習バージョンです。テンポがゆっくりなので、始めに体の部位の単語とその発音を予習できます。

一般的な "Head Shoulders Knees & Toes" はテンポが早く、単語の間に入るandが原因で聞き取りや発音が難しく感じるこどもが多く見られました。例えば、“Knees and toes” は “kneesantoes” とつながって聞こえてしまいます。そこで、この “Learn It” バージョンでは、該当するパーツを指差しながら単語と発音をしっかり確認できるよう、遅めのテンポになっています。ビデオの背景は、実際のお子さんや生徒さんたちと同じように教室の設定になっています!





2. Head, Shoulders, Knees & Toes (Sing It) - “Sing It” バージョンは "Learn It" に比べてテンポがやや早くなっていますが、小さなおこさんでも単語の発音とジェスチャーができるスピードです。ビデオの背景は、"Learn It" で練習した "Head Shoulders Knees & Toes" を発表するという設定になっています!皆さんの学校や英語スクールの次回のお遊戯会や発表会に、ぜひ参考にしてみてください!





引き続き新作ビデオをリリースしていきますので、ぜひ YouTubeチャンネルに登録 してご覧ください!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-22 09:40:51

★事前告知★最新ビデオリリースのお知らせ

テーマ:ブログ
お待たせしました!

来週の月曜日より、最新ビデオを順次リリースしていきます!
ぜひYouTubeチャンネルにSubscribeしてご覧ください。

またFacebookにもイメージを掲載しています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-05 06:47:01

小さなお子さん向けのフェルトボードを使ったレッスン

テーマ:ブログ
岡崎市 Bob's English の Bob Pensakさんにブログを提供していただきました!

*********************************************************************************************

フェルトボード "Felt boards" は読み聞かせのツールのひとつで、音楽、動作、視覚を織り交ぜて物語をより楽しくすることができます。

フェルトボードは、既成のものを購入することもできますが、自分で簡単に作成することもできます。用意するものは下記の通りです。ホームセンターや文具店で購入できます。

・ポスター程度の大きさの木製あるいはプラスチック製の板 1枚
・板より大きいフェルト 1枚
・色んな色のフェルト 数枚
・のり

まず、大きいサイズのフェルトを、板の端に巻き付けられる程度の大きさにカットします。板の片面にのりを均等に塗り、カットしたフェルトを貼りつけます。板をひっくり返し、フェルトの端を板にのりづけします。

のりが完全に乾くまで使用しないでください。

色んな色のフェルトで登場人物や物を作ります。フェルト同士はそのままでもくっつきやすいですが、マジックテープやセロテープなどを使ってフェルトピースを板に固定してもよいでしょう。"Five Little Monkeys" や "Ten In The Bed""Mary Had A Kangaroo" など、曲を選んだら、歌やストーリーに登場するキャラクターや物をフェルトで作ります。色鉛筆、マジック、キョロキョロ目玉などの手芸材料で装飾してみましょう。


Super Simple Learning のブログ
How many are in the bed?!

また、登場人物や物を紙で作成してラミネート加工し、裏にマジックテープやセロテープをつける方法もあります。

登場人物や物のフェルトピースは、複数の色を使って、見た目も楽しく仕上げましょう!

Super Simple Learning のブログ
5 little felt monkeys jumping on a felt bed!

これで準備は完了です!

生徒を座らせたら、生徒全員にフェルトボードが見えるように画架またはテーブルに置きます。登場人物や物のフェルトピースはカラフルな箱や帽子などに入れておきます。歌を再生し、ジェスチャーを使いながら物語を読んでください。生徒に順番にお願いして、フェルトピースを板につけたり外したりしてもらいましょう。"Hello, Giraffe" や "Goodbye, Monkey" などと登場人物に挨拶しながらフェルトピースを出し入れしたり、片付けの時はフェルトピースの数を数えながら片付けたりしましょう。


以下のビデオは、"Mary Had A Kangaroo" の実際のレッスンの様子です。どんどん長~く伸びていくキリンさんの首にご注目を!





"Mary Had A Kangaroo" は、箱や帽子から次々と動物が登場するストーリーラインで、次に登場する動物がどんな動物か生徒に想像させるため、このような曲では意外性の要素を利用して物語を面白くすることができます。

想像力と創造力を働かせて、"スーパーシンプル" なフェルトボードを作ってみてください!




$Super Simple Learning のブログ
Bob Pensakさんは岡崎市在住で、奥様と4歳の息子さんとの3人家族です。Bob's English のオーナーとして、12年間にわたって日本で英語教育に携わっていらっしゃいます。その他のレッスンポイントなどは、ボブさんのブログ "Bob’s Frog" や弊社のブログでもご紹介していますので、ぜひご覧ください!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)