2013-04-24 07:31:40

絵本を読み聞かせる時の5つのポイント(前編)

テーマ:英語教育
Super Simple Learning のブログ


学校でも自宅でも、読書が好きな子供を育てる上で、絵本の物語やイラスト、登場人物などの要素はどれも重要な役割りを担っています。

それと同様に、読み手にも重要な役割りがあります。

ここで、子供に絵本を読み聞かせる時に簡単に実践できるポイントを5つ紹介します。

1) 絵本の表紙について話し合って、絵本の内容に興味を持たせる

絵本を開く前に表紙のタイトルを読んであげましょう。すでに読み書きを学び始めているお子さんの場合は、絵本のタイトルを読む時に「これは何て読むかな?」などと働きかけてください。また、表紙にどのような登場人物がいるか尋ねたり、物の数を数えたり、色んな色を探したりしましょう。それから、絵本のタイトルの意味がどういう意味だと思うか尋ねてみてください。表紙では何が起きているか、どのような物語が想像できるかなど質問してみましょう。だいたいどんな内容のお話なのか見当がつくかもしれません。

2) 全ての文章を文字通りに読まなくても大丈夫

物語は、子供がより理解しやすいように、読み手が自由にアレンジしたり意訳したりしてもよいものです。例えば、あなたの持っている本が、絵は素晴らしいけど文章がお子さんには難しすぎる本だったとします。その場合は、文章や言葉を分かりやすい表現に入れ替えたり、難しい文章は飛ばしたり、子供のレベルに合わせた話の内容に思い切って変えてみてください。イラストを使って、場面に合った話の展開にしましょう。

3) 読んでいる途中で物語についての解説をはさむ

それまでの話の内容に対して質問をしたり解説してあげたりしましょう。例えば「Five Little Monkeys Jumping on the Bed」の場合、"How many monkeys are there now? (サルさんは何匹になったかな?)" "What are they doing? (サルさんは何をしているかな?)" "Where is Mama? (お母さんサルはどこにいるかな?)" などと質問してみましょう。

次のページをめくる前に、今度は何が起こると想像できるか話の続きを尋ねてみましょう。"Do you think the monkeys will jump on the bed again? (サルさんはまたベッドの上で飛び跳ねると思う?)" "What will Mama say? (お母さんサルは何と言うかな?)" "Which monkey will fall next? (今度はどのサルさんがベッドから落ちちゃうかな?)"

幼児や初級レベルの生徒には、イラストに関してyes/noで答えられる簡単な質問をして理解度を確認しましょう。"Are the monkeys sleepy? (サルさんは眠そうかな?)" "Is Mama angry? (お母さんサルは怒っているかな?)" "Do you think that hurts? (たんこぶは痛そうかな?)"

絵は、子供が実際に絵本に触れて指差したりできて、とても便利です。”Where is the doctor? (お医者さんはどこにいるかな?)" "Can you point to the bed? (ベッドはどれかな?)" "I see a telephone…can you find it? (電話があるよね。どこにあるか指差せるかな?)"

4) 登場人物ごとに声を変える

本を音読する時は、それぞれの登場人物になりきって声を変えて読んでみてください。恥ずかしがり屋のネズミさんのセリフの時はヒソヒソした話し声で読んでみましょう。また怒ったトーンで読んだり、おちゃらけた読み方をしてみたり、静かな声で読んだり、いろいろな読み方を試してみてください。もし登場人物が1人 (1匹) しかいなくても、声の調子を変えて楽しんでみましょう。そうすることで物語がより面白くなりますし、話者が誰なのかを理解することにもつながります。

さらには、声の調子や読み方を変えることで新しいボキャブラリーを学ぶことができます。shyly「恥ずかしそうに」、angrily「怒って」、happily「嬉しそうに」、sadly「悲しそうに」などの単語を、絵本の中の言葉やイラストに関連づけて記憶することができます。

5) 聞き手全員がページ全体を見れるように注意する

1人または2人の子供に読み聞かせる時は、自分1人で本を読む時と同じ姿勢で、絵本をひざにのせます。

大人数に読み聞かせる時は、絵本を聞き手側に向けて持ちます。

絵本をひざにのせる形を好む方もいらっしゃるでしょう。ひざにのせた方が安定して腕が疲れにくいかもしれませんが、この場合は上下逆さまに読むことになります。もし馴染みのない本を読むのであれば、子供たちに読み聞かせる前に何度か事前に読む練習をしておくとよいでしょう。

先生によっては、本を片側に持ち上げて読むスタイルを好む先生もいらっしゃいます。横から読むのは上下に読むよりも簡単かもしれませんが、大きめのサイズの絵本の場合はこの持ち方は持ちづらいかもしれません。また、自分から反対側のページの文字も読みづらいこともあるかもしれません。

大人数に読み聞かせる時は、いすに座るか、あるいは立った状態で読むことで、聞いている全員に絵が見えやすくなります。

イラストは絵本にとても重要な要素ですので、聞いている人全員に見えるように気をつけましょう。聞き手の端から端へ本をゆっくり移動させながら読むことで、全員が絵をしっかり見る機会を作りましょう。

「私はいつもこうしている」「こうしたことで子供が絵本を好きになってくれた」などの感想やアドバイス、また他のアイディアが思いつく方は、ぜひ共有してください!

次回のブログでも読み聞かせについてお話します!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-04-24 01:15:07

コンテストの結果発表

テーマ:ブログ
先週の動物の絵本コンテストに参加くださった皆さま、ありがとうございました!
おかげさまで、たくさんのご意見をいただきました。

抽選の結果、7番目27番目に投稿いただいた方が当選されました。
おめでとうございます☆
該当される方は、弊社のホームページよりご連絡ください。

今回のコンテストに参加できなかった皆さんも、他の投稿者の皆さんがおすすめする絵本をぜひ参考にしてみてください!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-19 07:05:14

*コンテスト開催のお知らせ* (抽選でCDをプレゼント!)

テーマ:ブログ
英語ホームページのブログにてコンテストを開催します!

$Super Simple Learning のブログ

今月のテーマは動物…ということで、皆さんのお気に入りの動物の絵本を教えてください。
もちろん日本語でご記入頂いてもOKです!

ご投稿頂いた方の中から抽選で2名様に Super Simple Songs - Animals のCDを1枚ずつプレゼントします。

英語のブログからの投稿のみ有効となりますのでご注意ください。
(FacebookやTwitter、日本語のウェブサイトやブログからは投稿できません。)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)