大野ママの「志育」ブログ

戦略的子育ては、天才のタネを見つけることから始まります。
大野ママの「逆算つぶやき法」で子どもの夢を叶えて、感謝される親になりましょう!


テーマ:

成城盆踊り

 18年ぶりに浴衣を着て、地元の盆踊りに参加し踊ってきました。。

本当に、日本の着物文化はよくできていますね。
18年前に比べたら、私は小結か大関に昇格した体型になっているのですが、かの昔の浴衣は、どこもお直しすることなく楽々着られるのです。
主人の浴衣も、結婚時に母が作ってくれたのですが、これもまた少々身幅が広がってしまうのですが無事着られました。


「盆踊り」とは、
盆に踊る民俗芸能で、はじまりは祖霊・精霊を慰め、死者の世界にふたたび送り返すことを主眼とし、村落共同体の老若男女が盆踊り唄(うた)にのって集団で踊っていました。日本固有の精霊観に仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が習合して、年中行事に成長しました。16世紀中ごろには小歌(こうた)風の盆踊り唄がつくられ、江戸時代以降いよいよ盛んになり、全国的にそれぞれの郷土色を発揮していまに行われています。
岐阜県郡上市(ぐんじょうし)の「郡上踊」のように、夜を徹して踊られる盆踊りもあるようです。


仏教系の幼稚園に3人の息子を通わせていたので、毎年踊っていた子育ての頃。
もっと、遡れば「河内音頭」を踊っていた自分の子供時代。
6歳の6月6日から着物を着ていたので、今でも踊りが大好きです。
「すずめ100まで踊りを忘れず」でしょうか・・笑う。
日本の夏、ぐるぐる渦巻の蚊取り線香は無くなってしまいつつありますが、「浴衣文化」は存続させたいですね。
今夜も、浴衣や甚平姿のちびっこちゃん達と、「東京音頭」を踊ってきます。
皆様も、「日本の夏祭り・盆踊り」を、ご先祖さまに感謝しつつ、お子様方と楽しんで下さい。


ピグマリオン成城教室 夏期講習のご案内 ピグマリオン成城教室夏期講習 体感する図形空間
8月1日・2日 特別講座 生活巧緻性/行動観察 ピグマリオン成城教室特別講座 生活巧緻性/行動観察

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ ブログランキング参加中!クリックお願いします

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

成城幼稚園

猛暑!
酷暑!
最近の日本の夏は、シンガポールと同じくらいに暑いと気象ニュースで言っていました。
日本各地で熱中症による死者も出ています。
高齢者や幼児は、脱水症が心配です。

かと言って、幼児をずっとエアコンで快適な部屋で、長い夏を過ごさせる訳にいきません。
幼稚園や学校のお休みの夏休み、親はどう過ごさせるか?
悩みの季節でもあります。


私の1番印象に残っている夏、それは29年前の出来事です。
その前年に長男を出産して子宮が下がりやすくなっていた私は、15kgも太ってしまった事もあり、ほとんど外出できない状態でした。
しかし、1才2ヶ月の活発な長男は、ビデオと絵本では体力が有り余っていて、お昼寝もしてくれません。
室内用の滑り台を買って、足こぎの幼児用の車を買って・・。
あの手、この手で疲れさせる工夫をしました。
そんな折、ひょうきんな長男は、カセットテープでお気に入りの音楽をかけてテーブルの上で踊りだしました。
元気なあまり、バランスを崩して落下。
絨毯を敷き詰めていたのに、あまり泣くので、頭を「痛いの、痛いの、飛んでけ~!」とやった時、私の手にべっとりと血が付いていました。
外科に連れて行くと、「後頭部を縫合します!」
泣いて抵抗するので、ぐるぐる巻きのす巻きにされて処置室に連れていかれました。
あらん限りの声で、「ママ~!」「ママ~!!」・・、泣き叫ぶ長男の声が病院中に響きました。

可哀想で、悲しくて、切なくて、ついに産気づいてしましました!
翌日から主人と母は、線路を挟んだ外科と産婦人科を、頭にぐるぐる巻きの包帯をした幼児を連れて往復することになりました。
29年前の8月、最高気温36を度記録した年の思い出です。

高齢者も幼児も、事故の多くは家庭内で起きています。どうぞ安全で楽しい夏をお過ごしください。



ピグマリオン成城教室 夏期講習のご案内 ピグマリオン成城教室夏期講習 体感する図形空間
8月1日・2日 特別講座 生活巧緻性/行動観察 ピグマリオン成城教室特別講座 生活巧緻性/行動観察

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ ブログランキング参加中!クリックお願いします

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

成城幼稚園

 七夕の日曜日の午後二時、30度を超す猛暑の中、紺のワンピースや紺のスーツの保護者らしき人たちが
大勢、初等学校講堂へと吸い込まれていく。
4年後に100周年を迎える「オール成城成城学園説明会」に伺った。


「成城幼稚園」は、駅から3分という便利な立地でありながら、川が流れ丘や池もある。
自然を活かした広大な敷地の中に、都内で唯一「幼稚園~大学」までの学園づくりがなされている。


若いご父母200名位と一緒に、学園長、園長、教務主任の先生から理念や日常の教育を伺った。

[心身共に明るく健康な子供の育成]をテーマに
8:45  登園
9:15  自由遊び
10:00 集まり(音楽・体操・紙芝居)
11:50 お弁当
13:10 お帰りの集まり
13:30 下校
他に、
春の遠足(親と一緒)・ 秋の遠足や伊勢原のお泊り保育、ネイティブの英語授業、人形劇鑑賞など豊かな全人教育がなされている。


園舎も機能的かつ安全に配慮されていて、雨の日でも思いっきり体を動かせるホールや多目的ルームもあった。

驚いた事に、[上の園庭・下の園庭]と二つの園庭が自然の丘を利用して造られていて、思いっきり安全に遊べる環境が整っていた。
また園庭は、お父母の部活動によるガーデニングで四季折々の花が植えられていた。

本物の自然が残る環境で、「人を育てる」ステキな教育の場がここにあった。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ ブログランキング参加中!クリックお願いします

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。