君は幸せになれましたか ?

オーダーメイドの動物福祉活動で、命の尊厳と人と動物の共存の時代を考える


テーマ:


maro01

5月5日のマロ。

2010年4月30日に食欲低下で便秘の当時2歳のオス猫が山猫庵にやってきた。

ボロボロで棄てられていたところを保護されて山猫庵シェルターへやってきた。

おそらく2歳以上だったのかもしれないが、外猫の世話をしていた方の話によると2歳ぐらいとのこと。


検査の結果、巨大結腸症だった。先天的な原因であったりする場合も多いが、原因はわからず、外科手術を選ぶより、自分で便を出せるように頑張ろうということで、レーザー治療と掻き出しによる治療を続けた。調子の良い時は、自分でもそこそこの排便をした。

しかし、排便が止まるとまたレーザーと掻き出し。1週間に1度ペースで頑張ってきた。


できるだけ運動もさせたが、シェルターの中では限度がある。

山猫庵へきてちょうど4年。


少し前から鼻腔と気道あたりに異常があり、ホームドクターで検査をしながら対症療法でやってきたが、いよいよ食べることが苦痛になるようになった。

呼吸をするのも苦しいくらいであった。ドクターと相談の上、CT検査で鼻腔の状態を検査することになり、場合によってはリンパ腫などの腫瘍もあるかと。


5月8日東京大学動物病院で検査。

残念ながら手遅れの状態で、粘膜性腫瘍の可能性。鼻の骨とあごの骨が溶けており、脳に穴が開くのは時間の問題だと。

原因はわからない。免疫力が落ちているので外科手術や抗がん剤はできない。

血液生化学検査上は何の問題もない。

そして余命10日という診断に。


最期はできるだけ苦しまずに穏やかに眠ってほしい。

保護時2歳ならマロはまだ6歳。

本日5月9日、少しでも楽になればと「放射線治療」をすることに。

本来なら10回以上は続けなくてはならないが、余命がそれほど伸びるわけではない。

無理な延命はマロにとっても苦痛だ。

静かに、穏やかに、人間が最期を看取る。


山猫庵ではできるだけシェルターで最期を迎えることのないように、こういった猫でも新しい飼い主を募集する。

人間の都合で棄てられた猫たちの最期はせめて人間が看取り供養してあげたいものだ。


しかし、放射線治療1回でも奇跡が起こるかもしれない。

私たちは決してあきらめない。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


anzu2

今年2月9日に亡くなったアンズ。これは荼毘にふす前の出棺の写真。




chirol

5月3日に亡くなったチロル。亡くなった1時間後の写真。


2頭とも 東京墨田区 両国回向院で供養され眠っている。

アンズとチロル。16歳を超えた高齢猫だった。

もともと山猫庵に保護されたのは 2011年3月9日。東日本大震災の2日前。

飼い主が亡くなり、飼い主の親族が山猫庵に保護依頼。

千葉県内の物置小屋で暮していたという。

依頼者である親族も猫の名前を知らず、山猫庵で 「アンズ」と「チロル」と名づけた。

二人合わせて「チロリアン」だ。


高齢ということもあり、チロルが最初に体調の変化があり、腎臓の値が悪かったり、その後「甲状腺機能亢進症」と診断された。

チロルはその治療を続けていたが、アンズも体調が急変。詳しい原因も定かでないうちにあっという間に亡くなってしまった。特に苦しがりもせず、穏やかに最期を迎えた。

チロルもまた静かにこの世を去った。


残念ながら親族の保護依頼者は、昨年来より猫たちの具合の悪いことを知らせていたが、一度も面会に来ることはなかった。


それでも最期はシェルターとはいえ、人間たちの部屋で布団の上で亡くなった。


シェルターで最期を迎える猫をできるだけ減らしたいと思います。

殺処分、安楽死ではないにしても 温かい家族(飼主)のもとで最期を迎えさせてあげたい。


命には限りがあります。

今日は元気でも明日にはこの世に居ないかもしれません。


どうぞ皆様も家族である犬や猫を大切にしてあげてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 山猫庵動物福祉センターです。

最初に猫を保護してからちょうど7年。


natsufuyu01

看板ネコの夏野と冬彦が来てから7年ということです。

その間に、病気で亡くなった猫、新しい飼い主さん宅で幸せに暮らしている猫、いまだに家族の決まらない猫、人間のエゴで棄てられていった犬たち、そして震災で避難中の猫。

いろいろな人間と動物の出会いと別離を経て 現在120頭の猫と 6頭の犬 を保護しています。

このブログは以前は震災後緊急に活動をお知らせするためにつくりましたが、現地との往復や被災者のフォロー、被災動物たちの介護など現場に追われしばらく投稿できませんでした。


設立7年、法人化5年で 新装オープンでこのブログを始めます。

基本的には、シェルターの動物たちの紹介、現状、皆様に考えていただきたいことを搔いていきます。

また、現実に起こっていることを 事実とそれに対する評価、そして時々批判、また悪意に対しては厳しく断罪してまいります。

表現の自由が保障されている国家ですが、差別表現はしないように心がけます。


どうぞよろしくお願いいたします。


山猫庵


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。