アラサー奮闘女子のもっとキレイを目指したい♪ブログ

もっともっと魅力的な女性になるために、日々奮闘しています。

 


テーマ:
 
 
年齢を重ねる毎に、肌が本来もっているさまざまな機能が低下し、それまではあまり気にもしなかった肌トラブルも目立ち始めてきます。
 
くすみもそうしたトラブルのひとつですが、その大きな要因として肌の糖化と呼ばれる作用があります。
 
 
 
この糖化というのは、余分な糖分がたんぱく質と結合することで、一般にAGEsと表記される老化物質が生成されてしまう現象のことを指すんですね。
 
パンケーキなどを焼き過ぎてしまうと焦げて変色してしまいますが、これと同じように、肌内で糖化が起こると角質が褐色に変色してしまい、これがそのままくすみとして表出してくるんです。
 
 
 
また、この糖化はくすみの原因となるだけでなく、肌の真皮層のコラーゲンを傷つけてしまい、ハリや弾力の低下にも繋がってしまうんです。
 
この糖化によって生成されるAGEsは、一度つくられてしまうと分解することが困難なため、糖化が起こらないように予防することが非常に大切になってきます。
 
 
 
上述のように、糖化によって引き起こされる肌トラブルの代表がくすみですが、肌表面に糖化してしまったたんぱく質が蓄積されることで、肌細胞の生まれ変わりとなるターンオーバーも乱れていきます。
 
そのため、古い角質等も残りやすくなり、肌がゴワゴワとしてきたり乾燥しやすい肌環境に変わってしまうんですね。
 
 
 
糖化が起きる要因は糖分ですから、普段の食生活において、糖分の過剰摂取には当然気をつける必要がありますね。
 
また同時に、血糖値の急激な上昇なども影響してくるため、あまり急いで早食いをしない等の食事の仕方も大切になってきます。
 
 
他にも、AGEsの生成を抑えてくれる酢の物やオレンジ等の柑橘類などを、意識的に取り入れてみるのも良いかもしれませんね。
 
 
 
肌老化を防ぐためには、外部からの丁寧なスキンケアももちろん大切ですが、この糖化のように、身体の内側からの要因によって老化や肌トラブルを引き起こしてしまうことも多いため、日頃から規則正しい生活を心掛けるようにしていきたいですね。
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
人の肌は表面から、まず表皮と呼ばれる組織層があり、その下に真皮と呼ばれる組織層で構成されています。
 
 
表皮は薄い膜状の組織層で、肌内の水分を保持したり、外部からのさまざまな刺激に対して肌細胞を守るバリア機能の役割を担ってくれているんですね。他にも、肌細胞の生まれ変わりとなるターンオーバーにも深く関わっている組織層です。
 
 
この表皮もさらに細かな組織によって構成されていて、一番底から基底層・有棘層・顆粒層・角質層と命名されています。よく耳にする角質層は、表皮の一番表面に当たる組織になるんです。
 
ターンオーバーというのは、表皮の最も下層に構成される基底層で生まれた肌細胞が、どんどん表面に押し出されるように移動し、最終的には表面からアカとして落ちていく一連の流れを指しています。
 
 
このターンオーバーの周期というのは、通常の健康的な肌であれば30〜60日程で、
この生まれ変わりのサイクルがあるために、ダメージを受けても新たな細胞にとって変わることができるんですね。
 
最も表面に位置する角質層は非常に薄く、傷つきやすい組織層ではありますが、肌内の細胞を外部刺激から守り、内部の水分が外に蒸散してしまうことを防ぐ大切な機能を果たしてくれています。
 


この表皮の下に位置しているのが真皮で、肌全体のハリや弾力を保つ重要な役割を担っています。
 
真皮層は、そのほとんどがコラーゲンによって構成されていて、各コラーゲンを繋ぎ止めるようにエラスチンと呼ばれる成分が張り巡らされています。この真皮を構成するコラーゲンとエラスチンによって、肌に柔らかい弾力とハリが生まれるんですね。


さらには、このコラーゲンとエラスチンの隙間に、これもよく耳にするヒアルロン酸がたっぷりの水分を保持しながら、真皮層内に充填されているんです。
 
 
 
肌老化というと、加齢による肌機能の低下だけが注目されますが、上記のターンオーバーの周期が乱れたり、本来必要な肌細胞の数が減少することによっても進行してしまいます。
 
加齢以外にも、紫外線を浴び過ぎることによる影響や乾燥、肌内の活性酵素の影響による肌細胞の酸化等によっても、肌の老化は進行してしまいます。
 
 
肌老化が進行すると、さまざまな肌トラブルが目立ち始めるようになってしまいますが、その進行を少しでも遅らせるためには日々の丁寧なスキンケアが大切になってきますね。
 
 
十分な保湿ケアはもちろんのこと、年間を通した紫外線対策、普段の食生活や生活習慣・ストレスなども身体の内側からの要因として深く関わってきます。
 
 
肌のお手入れも一日一日の積み重ねですから、少し面倒になるときも丁寧にケアしてあげるようにしてあげたいですね。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
数多くの基礎化粧品にも配合されて、美肌をつくるための成分として広く知られているヒアルロン酸。
 
美容成分として知られているヒアルロン酸ですが、もともと人の血管や筋肉をはじめとして、肌内の真皮層と呼ばれる組織層内にも存在していて、本来は私達の体内の成分なんですね。
 
 
 
肌内の真皮層では、エラスチンとコラーゲンが存在していますが、ヒアルロン酸はこれらの成分の隙間を埋めるように充填されていて、水分を外に逃がさないように保持する役割を担ってくれています。
 
 
肌の弾力やハリ・潤いは、主に上記のエラスチンやコラーゲン・ヒアルロン酸によって保たれていますが、年齢を重ねるにしたがって少しずつその生成量が自然と低下していきます。そのために、加齢と共にシワやたるみ・乾燥といった肌トラブルが目立つようになってくるんですね。
 
 
 
このように少しずつ減少してしまうヒアルロン酸ですが、それを少しでも食い止めるためにサプリメント等も提供されるようになっています。しかしながら、現状としては、ヒアルロン酸を口から摂取することで肌への直接的な作用があるのかどうかは、まだ明らかにされていないのが実状です。
 
食品でも、フカヒレなどに含まれていることが知られていますが、ヒアルロン酸は熱に弱いという性質もあり、加熱調理したフカヒレを食しても効率の良い摂取とはならないようです。
 
 
加えて、口にしたとしても体内では一旦分解されてしまうために、そのままの状態で肌へ作用することは難しいのです。
 
 
 
また、サロンなどでは、たるみやシワを直接的にケアするヒアルロン酸注射というものもありますね。こうしたトラブルが目立つ部分に、直接的に働きかけることができるので、一定期間においては変化を実感できるようになります。
 
しかしながら、徐々に注入したヒアルロン酸は体内に吸収されていくことになるために、その先もずっとその変化を持続させるためには、定期的な注射が必要になってきます。
 
 
 
一般的なスキンケアの方法としては、ヒアルロン酸を配合した基礎化粧品を利用することですね。
 
しかしながら、通常のヒアルロン酸というのは高分子であるために、そのまま肌に乗せても内側にしっかり浸透せず、角質の表面に留まってしまうんです。
 
 
そうした弱点を改善した、低分子型ヒアルロン酸が近年では注目されています。低分子にすることで肌内により浸透しやすく、肌の内側で本来の働きを担ってくれるようになるんですね。
 
 
ヒアルロン酸配合の基礎化粧品を選択する際には、低分子化されたものかどうかを確認してみるのも良いかもしれませんね。
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ちょっとした外部刺激に過剰に反応してしまい、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまう敏感肌。普段から丁寧にお手入れしているはずなのに、トラブルが治まらない。。という方も多いのではないでしょうか。

 

肌トラブルを引き起こしてしまう原因は様々ですが、特に日々のクレンジングや洗顔方法が大きな要因となっていることも多いんですね。

 

 

 

人の肌には、毛穴の内側に皮脂腺と呼ばれる組織があって、ここから皮脂が分泌されます。適量の皮脂が肌表面をコーティングするように覆うことで、肌内の水分の蒸散を抑えたり外部からの刺激から肌細胞を守っているんです。

 

 

しかしながら、強過ぎるクレンジングや洗顔によって、この肌表面を覆って肌内を守ってくれている皮脂まで根こそぎ落としてしまうことで、肌細胞は外部からの刺激に過敏になり、乾燥や他の肌トラブルを引き起こしやすい肌環境となってしまうんです。

 

 

もともとの肌質というよりも、こうした日々の間違ったスキンケアによって、自ら敏感肌を招いてしまっている方というのも意外に多いんです。

 

 

 

それでなくても敏感肌は、通常の肌質と比べて皮脂の分泌量が少なくなりがちで、刺激を直接受けやすく乾燥しやすい状態です。そこに加えて強過ぎる洗浄力のクレンジング剤や洗顔剤を利用すると、ますますその状態を進行させてしまうことに繋がります。

 

 

 

特にクレンジングは、拭き取るタイプのお手軽な製品もたくさん提供されてきていますが、必要以上に力を入れてゴシゴシと拭き取ってしまうと、その摩擦によって表面を傷つけてしまい、それがそのまま乾燥にも繋がります。

 

洗い流すタイプのものも、界面活性剤により一定の負荷を肌に与えてますが、拭き取るタイプの強い摩擦による負荷よりもその影響は小さくなります。過敏性の肌には、少々面倒でも肌に負担の少ないクレンジング剤を選んであげるようにしたいですね。

 

 

 

また、洗顔についても、敏感肌の方には固形石鹸がもっとも肌に負担が少ないのではと思います。界面活性剤ではなく石けん成分によって汚れを浮かすことができるため、肌への負荷・刺激という面では優れています。

 

実際に洗顔する際も、指先に力を入れてゴシゴシと洗うのではなく、石けんをよく泡立てて、そのホイップの表面張力によって汚れを浮かすように優しく洗うのがポイントですね。

 

 

 

しっかり落とさないと!と、ついつい力が入ってしまいますが、優しくホイップを滑らせるだけで十分汚れは落とすことができるんですね。

 

 

 

*年齢からくる肌老化をケアするスキンケア:アテニア ドレスリフト

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

美白コスメと呼ばれる基礎化粧品に、広く利用されるようになったビタミンC誘導体。ビタミンC自体が抗酸化作用があるため、肌への応用が注目されていましたが、そのままでは脆い性質があるために、なかなかコスメへ応用することができませんでした。

 

 

そんな脆いビタミンCの抗酸化作用は損なわないように、化学的に改良して安定化させた成分がビタミンC誘導体なんですね。

 

 

 

ビタミンCをそのまま肌に乗せても、表面で壊れてしまって肌内へ浸透することはありません。

 

しかしながら、ビタミンC誘導体は、安定しているために肌に乗せても破壊されることなく、しっかりと毛穴から内側へ浸透することができます。合わせて、肌内へ浸透してからビタミンCに変化する性質ももっているため、肌への抗酸化作用が期待できるんですね。

 

 

 

ビタミンC誘導体と一言で言っても、油溶性や水溶性・そのどちらの特徴をもつものなど、いくつかの種類に分けることができます。

 

油溶性のものは主にクリームに使用されることが多く、ステアリン酸アスコビル等の表記で配合されています。これに対して水溶性のものは、美容液や化粧水に配合されることが多く、アスコルビルエチルなどがその代表的なものとなります。

 

 

 

ビタミンC誘導体には抗酸化作用に加えて、肌細胞の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを整えたり、肌表面に分泌されるメラニン色素を還元して沈着を防止する作用などがあります。

 

 

合わせて、過剰な皮脂分泌を適正量に抑えたりという働きもあるため、美白コスメと呼ばれる基礎化粧品に広く利用されているんですね。

 

 

 

しかしながら、このようなさまざまな作用があるからといって、どのような肌質の方でも利用して良いのかというと注意する点もあります。皮脂量を抑える働きもあるために、乾燥肌の方が頻繁に利用するとカサつきが進行してしまったり、刺激に過敏に反応するような肌質の方が利用すると痒みや痛みを伴うことも考えられます。

 

 

美白コスメを選ぶ際にも、まずは自分の今の肌状態を確認して、パッチテストのようにしっかり肌へ試してから本格的に利用するようにしたいですね。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。