小学生から始める「楽勝! 難関大学合格」のための 「スーパー飛び級」 Super e-Kids

「中学受験」をさせずとも(させてもいいんですけれど)
「ガリ勉」をさせずとも(これは絶対にさせたくない)
のびのびとした生活をおくりながら、難関大学合格!!
小学生からの「飛び級学習」なら、それが可能なのです。


テーマ:

小さな子供のころは、澄んだ歌声が好きだった。
大きくなるにつれて、しわがれた声もいいなと思うようになった。

透明な歌声に浸りたい夜もあるが、

今夜は、濁りの中に佇む「わびさび」を感じたい。

 

 

 

まずはピーター・ガブリエルの Red Rain

 

 

20代の前半、京都の下宿から実家に帰ったら、
妹が部屋で流していたのが懐かしい。

 


次は、ブライアン・アダムズ。

Heaven のアンプラグド。ライブで。

 

 

どこか哀愁漂う声が、心地よい。



往年の名曲、プレスリーの Can't Help Falling In Love を
大好きなリチャード・マークスのカバーで。
 


30代の初め、アジアンポップスにはまっていた頃、
マーク・チャンがライブで、リチャード・マークスと一緒に、
この歌を歌っていたのを聴いて以来、
「好きにならずにいられない」と言えば、私の中ではこれなのだ。


そして、ポリスの Tea in the Sahara

 


スティングの奏でるベースラインが心地よい。
もちろん、歌声もぞくぞくするけれど。


最後はもう一度、ピーター・ガブリエル。
春の夜は、時として秋の夜以上に寂しい時がある。
そんな夜にぴったりの Mercy Street

 



 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ピアノをメインに、

他の楽器もいろいろやりましたが、
やればやるほどに、

最高の楽器は人間の身体だと思うようになりました。

 

ボイトレを受けようと思ったのは、
歌が好きで、自分の歌をもっと進化させたい、
ということもありますが、
楽器としての自分を磨きたいところもあるのです。

 


もちろんプロには全くかなわないけれど、
このシリーズで書いているような「憧れの存在たち」に、

少しでも近づきたいのです。
 

 

前置きが長くなりましたが、それは、

「最高の楽器は人間の身体」だということを、

私の知る限り最高に体現している人たちのことを、

今回は書きたいと思ったからです。

 

 

昨年亡くなったレナード・コーエンが、

1984年に発表した「ハレルヤ」。
20代の初めに出会って以来、私はこの歌が大好きです。

昨年の11月に、無性に聴きたくなって、

Youtube で探していると、
「ハレルヤ」のとんでもないカバーに出会いました。
それが、彼らとの出会いでもあります。

 

 

「ハレルヤ」のカバーは、かなり聴きましたが、
私の中ではこれがダントツに最高です。

(オリジナルをも超えます。)

 


一昨年の夏、ヒューマンビートボックスにはまっていた時、
ペンタトニックスの名前は聞いていたのですが、
そのままスルーしてしまって。。。(ちょっと悔しい。)


カバーしている時代が古典から現代まで幅広く、
ジャンルも多岐にわたるのが、また凄いです。
歌うこと(身体を楽器として使うこと)が大好きなんでしょうね。
それが伝わってきて、私の魂がふるえるのです。
 

 

 

日本が大好きな彼らは、

山下達郎のクリスマス・イブをカバーしていたり、
PVをアメ横で撮影したりしています。

 

 

 

最後に圧巻のパフォーマンスを。
天国のフレディ・マーキュリーも喜んでいると思います。

 

 

いつもはビートボックス担当のケヴィンが、

一番最後に Anyway the wind blows... と歌うところ、

何回聴いても幸せです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まず、懐かしい映像を見てください。

 

 

2006年のトリノ五輪のエキジビション、
女子シングル金メダリスト・荒川選手の演技。

ライブで観ていて鳥肌が立ったのが、

昨日のことのようです。

 

フィギュアの女神が乗り移ったかのような演技に、

花を添えてくれているのが、今回取り上げる歌。
You Raise Me Up 

(これは、ケルティック・ウーマンのカバー)

オリジナルは Secret Garden なのですが、
2002年以降、何故かCDを買わなくなった私は、
ずっと追いかけていた Secret Garden が、

こんな素敵な歌を世に出したことを知らずに、
荒川選手のエキジビジョンで、初めて耳にしたのでした。

You raise me up to more than I can be

世界選手権優勝のあと、トリノ五輪までの不遇の時代に、

自身を支え続けてくれた歌に合わせて、
オリンピックチャンピオンとしてエキジビションを滑る。
その喜び(と一言で片づけたくないけれど)が伝わってきて、観る者の心が揺さぶられるのでしょう。

 


Secret Garden のオリジナルも素晴らしいのだけれど、
Martin Hurkens のカバーが、私は大好きです。

 

 


ケルト系のメロディーだから、

バグパイプはもちろんだけれど、

パンフルートも合うなと思って、探してみたのです。

ありました。

これも素晴らしい演奏です。

 



最後に、ジョシュ・グローバン。
大好きな、一番大好きなカバーです。

 

 

 

同じコシヒカリでも、産地によって、炊き方によって、味わいは様々に変わります。

同じキリマンジャロでも、産地が違えば、そして煎り方が変われば、味わいは大きく変わります。

 

そんな違いを楽しんでいただけたら、幸いです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このシリーズは日本の歌手を取り上げるのがメインですが、
中高生の時期に、洋楽もたくさん聴いて育ったので、
たまには、日本以外の歌手や歌についても書きたいのです。

 

 

 

 

英語の歌詞は、日本語ほどには直に心に響きません。

頭を使って理解しようとしてしまうのは否めませんから。
だからどうしてもサウンド重視になってしまいます。

サウンド重視といえば、歌曲以外のクラシック。
私の古巣はクラシックなので、

私の心がキュンとなったり、ほっこりしたりするサウンドを

この曲で説明します。
 

 

この演奏で言えば、

心がキュンとなるのは6分18秒から6分50秒あたり。

心がほっこりするのは9分5秒から10分58秒あたり。



前置きが長くなりましたが、心や魂までも揺さぶってくれる、

日本以外の曲を、今回は4曲。

 


まずはワンダイのナイル・ホーランのソロ。

 



フィギュアスケート世界選手権のエキジビションを観ていたら、
羽生選手に僅差で負けて2位になった宇野選手が、
この歌で滑っていました。
素晴らしいパフォーマンスの掛け算です。

 

 


次はコールドプレイの2005年の曲。

 


歌詞も、とってもいいのですが、
2分35秒あたりからの、いわゆる「間奏」の部分、
ここを聴いていると、込みあがってくるものがあります。

 

 

次は Queen の名曲 Radio Ga Ga 。
数多くの Queen の名曲の中でも、これは別格です。

 

 

同じテーマ(ラジオの黄金期への賛歌)を歌ったものとしては、

バグルスの「ラジオスターの悲劇」があります。

この曲も高1の時に聴いて衝撃を受けましたが、
大人になったばかりの頃に出た Queen のこの曲は、
私にとっては宝物なのです。


そして最後は、サイモンとガーファンクルの Song for the Asking 。
彼らの最後のアルバム Bridge over Troubled Water の最後に、
ポツンと置かれたこの曲は、
デュオではなく、ポール・サイモンがひとりで歌っている。

 

語りかけるように優しく歌っているのを聴くと、
離れてゆこうとするアート・ガーファンクルへの

ポール・サイモンの想いが伝わってきて、

心に沁みます。

 

 

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

応援(クリック)よろしくお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回のてくてく、
実は「タイトルに偽りあり」なのですが、
それはいずれ明らかにされますので、
まずは下の写真をご覧ください。
 
{72D979B7-8F29-4B04-A6CB-C56765357253}
 
これは、ある「有名な建物」の底、
なのです。
 
だいたい、普通の建物には、
底はありません。
 
言い方を変えると、
建物の底は地下に埋まっています。
 
もちろんこの「有名な建物」も、
それなりに巨大ですから、
ある部分はしっかりと、
地下に埋まっています。
 
この建物、戦時中に供出のために一度壊され、
戦後に再建された時は、
確か名古屋のある建物と競って、
ほんのわずかだけ高く作ったそうです。
 
もちろん、今の大阪には、
これより高い建物は数知れず。
 
でも、大阪の「有名な建物」トップ10には、
余裕で入っていると思います。
 
 
先週の土曜日から始まった春期講習ですが、
日曜日をはさんで、今日の月曜日から、
本格始動という感じです。
 
かなり盛況だったので、
充実した疲れの中、散歩に出発です。
 
近所の歩道橋の上から、塾を撮りました。
 
左手の明るく光っているところが、
1階のファミリーマートさん。
その2階が、修明塾です。
 
{504C7CB1-F25F-4F32-B88B-2046324B01B6}
 
 
西へ西へと歩くうちに、
動物園の北側を過ぎて、
やって来たのは「新世界」。
 
{9B8F39CD-3EDC-4955-94CD-C61439A3468E}
 
 
そう、先ほどの「有名な建物」は通天閣。
 
もっと早くに紹介しても良かった、
うちの近所の有名スポットなのですが、
かなり長い間、電飾のリニューアル工事中でした。
 
色鮮やかに復活です。
 
{5811051D-EF57-455C-A256-F58A73D9BAE6}
 
上の写真の下の方、
「止まれ」の交通標識の向こう側を、
真下から仰いで撮ったのが、冒頭の写真です。
 
 
昼間は展望台へ登ることができますが、
さすがにこの時間は無理です。
 
{C5FF999A-3455-4282-B3FF-D68CDFC7F8E1}
 
 
向かいには、串かつの老舗、
「だるま」さんがあって、
 
{62BCEB62-2617-4543-BE53-35C042781897}
 
 
時々、このオッチャンが、
「ソースの二度漬けは禁止やで!」
と仰います。
 
{E576E83E-A06B-4513-AFB9-3FF9732DCAD0}
 
 
今回、そのお隣に温泉を発見。
近々訪ねてみます。
 
{18529E46-7799-45BD-BD64-78A0F891E5F2}
 
 
この辺りの自販機は、
こんな感じになっていることが多いのです。
 
{96AC7BBC-99A5-4594-893B-2D97BF5340B2}
 
私は80円のやつをいただきました。
 
 
レトロな感じのお店の前を、
自転車に乗ったオッチャンが通ります。
 
{E06CA75E-F414-43D1-87EE-2A8E8AC271B4}
 
 
ビリケンさんが、こんな所にも。。。
 
{05BEBD56-7BAD-409B-ADF5-4A51F8FB1D3B}
 
 
ゲームセンターもレトロです。
 
{89F0D3E4-2D61-4737-8637-731BC8E1D974}
 
 
でも、こんなお店もあります。
 
{2CC02265-2AD7-4F37-A1DD-D492C4C979EC}
 
 
通天閣本通りを抜けると、そこは恵美須町。
 
ちん電(阪堺電車)のターミナルの一つ、
恵美須町駅。
 
改札が無いので、出入り自由となっております。
 
{662F26F7-CB4D-4D62-9907-6EE9ACE77889}
 
 
西へ少し歩いたところでと、ラーメン屋さん発見。
 
{03B8B23A-FEE6-4406-8BD9-CB306318DF51}
 
なかなか良さげです。
 
{7BD2E588-5CCD-44EA-86B8-5F6C3D295963}
 
 
でも、さらに歩きます。
 
南海電車の「今宮戎」駅。
 
同じ「えびす」でも、こちらは「戎」の文字。
 
{41DA3FB8-7914-4060-9345-3A17AAD806B0}
 
 
南海のガードをくぐって直ぐ、
「立ち飲み」ならぬ「立ち寿司」を発見。
 
{03AD02EE-D8D6-4AE1-B2BF-9F6C7EB0D302}
 
でも、今夜はおやすみでした。
2階は別の方が何かをやっておられるようですが、
窓に貼ってある文字たちと、
「立ち寿司」との違和感が。。。 笑 
 
 
その少しむこう、
普段はこの時間なら、
かなり行列ができている「無鉄砲」さんも、
今日は定休日で残念。
 
{C66EDED3-DAD2-4981-953D-59E836FC3707}
 
 
仕方がないので、北へ進路を変えます。
 
木津の卸売市場に来ました。
 
市場がリニューアルオープンした時に、
併設のスーパー銭湯ができたので、
そっちへは一度来たことはあるのですが、
その時、市場の方へは来なかったので、
今回初めて中に入ります。
 
{EB141903-AADD-4919-BFAB-0AD4EEAD711F}
 
とは言っても、朝の早い卸売市場ですから、
夜の9時台には、全部閉まっています。
 
 
また、ラーメン屋を発見。
湯気が出ないのに熱いラーメン、だそうです。
 
{FDB6F5A6-6819-4198-B5B3-C9BEB114CBAB}
 
 
お店は全部閉まっているのに、
なぜ明るいのかというと、
スーパー銭湯が営業中なのと、
まわりに呑み屋さんなどが沢山あるからです。
 
 
さっきのラーメン屋さんの向かいには、
こんな看板が。。。
 
{01A13413-D271-4531-A297-C9E1427D781C}

今度はお昼に、買い物に来ようと思います。


( 後編につづく )


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 応援(クリック)よろしくお願いします! にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。