nikon FM2 デジタルカメラに対して従来からあるフイルムを使うカメラを「フイルムカメラ」と呼び分けるという新語?に複雑な思いがする。これまではカメラと言えば「フイルムカメラ」であったし、あえてフイルムという冠は必要なかった。 他方でデジタルカメラは新参者であったし、その画像はマニアやプロには物足りなかった。 しかし年々性能を高め、小型軽量になり価格も安くなった。 またその場で画像を確認でき、1枚でも2枚でもプリントアウトできる。 その辺の評価がプロにまでデジタルカメラが普及しきたものと思う。 「フイルムカメラ」が消滅すれば当然フイルムも消える運命にある。 またそれを支えてきた世界的に超一流のものづくりの技術も宙に浮いた格好になってしまう。 そういえばニコンのフィルムカメラも本棚に入れたまま10年近くになってしまった。

そのうち希少価値が出てオークションに出すか、博物館行きになるかでしょうが、下取りに出すには余りに気の毒です。

AD