福岡市博多区にある個人レッスンのヨガ教室|サンシャイン マタニティヨガや妊活ヨガで子育て世代を応援しています

祇園駅より徒歩2分のヨガ教室 サンシャイン。妊活、マタニティ、産後、心も体も元気になるヨガ教室。夜8時まで営業。体験レッスンあり!

「サンシャイン」では、ヨガとカウンセリングで心と体の両面からアプローチし、
心も体も元気になって生き生きと生きていかれるようサポートすることを大切にしています。
まずは、ヨガの心地よさを実感してみませんか? もちろん見学だけでも。お気軽にどうぞ♪
体験だけでも効果を実感していただけます。





■公式WEBサイトはこちらです
http://www.sun10.net

■妊活ヨガページはこちらです
http://www.ninkatsu.sun10.net

リボン お問い合わせはこちらからどうぞ リボン


テーマ:

4月。
新年度になり、いろんなことが変わる、変化の季節です。
桜もやっと三分咲きといったところでしょうか。

 

 

サンシャインには、新年度というのはありませんが、本日、ブログをホームページ内に引っ越しいたしました。

 

『アメブロ』を書き始めて3年。
『アメブロ』の良さをよくわからないまま、ただ書くだけになっていましたが、書いた日は充実感に浸ることができました。

 

「ブログは、ホームページ内に書いたほうがいい」

そんなアドバイスをいただいて2ヵ月。

やっと『アメブロ』から引っ越す決断をし、準備をしてきました。


サンシャインのラッキーナンバー44の本日(4月4日)、引っ越すことにしました。

新しいアドレスは、http://www.sun10.net/blog/ です。

 

これまで以上に、みなさまのお役に立つ情報やサンシャインにおいでになるお客様の声などをお届けしていきます。
新たな気持ちで書いてきますので、これからもお付き合いくださいますようどうぞよろしくお願いいたします。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アグラ城を出て、専用車でデリーへ向かいました。

 

ランチは、ホテルのレストランでビュッフェ。
インドでいただくインド料理も最後。
たくさんの料理があるので、少しずつほとんどの品をいただきました。

 

 

旅の途中で気づいたのですが、お料理にベジ食(野菜料理)とノンベジ食(肉や魚が入っている料理)のマークが付けてあるので、わざわざ尋ねなくても選ぶことができます。

 

 

ベジ食(野菜料理)には、緑のマーク。
ノンベジ食(肉や魚が入っている料理)には、赤のマーク。
牛乳やチーズは、ベジ食に含まれます。
動物性だけど殺生しないからのようです。

ノンベジ食は、全体の1~2割しかありません。
しかも肉は、鶏肉だけ。
牛はインドでは神様として扱われるし、豚はイスラム教徒が食さないからのようです。

 

デリーに着いたのは夕方。
お土産を買うために紅茶専門店や民芸品店に寄ってくれました。

 

インドの通貨はルピーです。

 


どのお札にもガンジーさんの肖像が。
やはりインドではガンジーさんの存在が大きいのですね。
ルピーは日本では換金できないので紙くず同然、と聞いて、多少無理をしながら買い物をしました。

 


 

ニューデリー国際空港に着いたときは、とっぷり日も暮れていました。
ガイドのゴエルさんとは、ここでお別れ。
ゴエルさんのおかげで安心して旅を楽しむことができました。
ほんとうにありがとうございました!


「インドに行って人生観が変わりましたか?」
どなたかに聞かれました。

 

人生観が変わったかどうかはわかりませんが、インドの人たちの逞しさやおおらかさには大いに刺激を受けました。
これからの人生、ガンジス川のようなゆったりした流れの精神で歩んでいきたいと思います。

 

元気に楽しく旅することができ、大きな力に守られていることを感じます。
たくさんの経験をすることができたインド。
言葉には尽くせないけど、「ありがとう」。


「インド ヨガ研修の旅」レポートも今回で最終回。
写真を見ながら思い起こしつつ書くことで、楽しい時間を再度もつことができました。
最後まで読んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよインド最終日。

世界で一番美しい霊廟、と言われるタージマハルへ向かいました。

 


 

タージマハールの門が見えてきました。

 

 

わずかですが、タージマハルが。

 


 

この門からタージマハルを撮るのがビューポイントだそうですが、人が多くてうまく撮れません。
ちょうど日曜日なので、いつもより人が多いそう。

 


 

写真で見たままのタージマハル!

 

 

タージマハルを背景に記念撮影も。

 


 

タージマハルの正面。
大理石に様々な宝石が埋め込まれていてため息が出そうです。

 

タージマハルは、ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に逝去した愛妃ムムターズ・マハルを埋葬するために建設した総大理石の霊廟です。
1632年に着工され、20万人が3交代で働いて、出来上がるまでになんと22年もかかった、と。
皇帝は、お金の使い過ぎ、と、息子によって9年も幽閉されたそうです。

 

 

靴にカバーをはめて中へ。
神聖な場なので、もちろん撮影禁止でした。

 

 

自然がいっぱいの庭には、かわいいリスがあちこちにいました。


 

タージマハルを出ると、初日に見たかわいいタクシーに乗って、皇帝の居城であるアグラ城へ向かいました。

 


 

 

 

 

 

皇帝が幽閉された部屋からは、タージマハルが見えます。
皇帝は、毎日、亡き妃を偲んでいたのでしょう。

 

皇帝は、タージマハルの裏を流れる川の対岸に自分が眠るための黒の霊廟を作ろうとしたけど幽閉されて断念せざるを得なかったそう。
死後、起き上がったら妃と向き合える位置に眠っているそうで、かえって良かったのかもしれませんね。

 

 

アグラ城の庭も、広くてきれいに整備されています。

 


 

ここにもかわいいリスたちがあちこちに。
自然がいっぱいでいいなと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。