限りない恋しさで満たす一通のメール

離したくない女心を限りない恋しさで満たす「一通のメール」

その思考とテクニックを女性行動心理に基づく
多角的手法でお伝えします。


テーマ:
「きみにキスされる一瞬は恋に落ちる瞬間」



お久しぶりです、NoBです。

ふいに「誰か」の唇に接吻したいと
思ったことはありませんか?

とくに艶があり柔らかそうな
アヒルみたいな唇をみたときに。

クラスメイトや勤め先の女子、
カフェであなたの隣に座って一人で
カプチーノかなにかを飲んでいる美女かも
しれません。

まして

「わたしにキスしていいの、あなただけだもん!」

今のセリフは高飛車と無邪気さがいい具合に
ブレンドされ一種の魅力を生み出していますが
たとえ見知らぬ女性でもアヒルみたいな唇から
そんなことをいわれてしまったらあなたは
彼女の心意気に報いようと接吻してしまう
かもしれません。

とはいえ、

「誰か」と言われて真っ先に
思い浮かぶのは最愛の女性だと思います。

愛する女性の唇こそが色や形を超越した
最高のセックスシンボルなのでしょう。

その女性と関係を持ちたい。

今はまだ手も握っていない
友達程度の関係かもしれない。

自分など彼女にとって取るに足らない
哀れな男だと思い詰めているの
かもしれない。

通りすがりに女性の髪から漂う
コロンの香りに満足するだけの
日々なのかもしれない。

だけど、

彼女と強固な絆を結び、
愛情のこもった目で見つめられ
愛情のこもった微笑みをかけられ
愛情のこもった言葉をささやかれ
愛情のこもった仕草でチューをされ


その結果として毎日をアニバーサリー
のように過ごしたい…

さらに、

あなたが泣けば彼女も泣き
あなたが笑えば彼女も笑い
あなたが悲しめば彼女も悲しむ
あなたが幸せなら彼女も幸せ


というような、ふたりの身体と心がそれぞれ
完璧に溶け合いひとつになったかのような
愛の日々を送りたい…

のであれば、今からお伝えする

「頬のあたりがカッと熱くなるモテる記事」

を読めばそれが可能であると
実感できるしょう。

いいようのない愛しさに包まれた
ラブストーリーがあなた(主人公)の心を
襲い読むだけで恋が芽生えます…


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
“いいたい言葉なんて最初からなかった”

粉雪が舞う12月下旬のある夜、
あなたは彼女に「大事な話がある」と連絡し、
待ち合わせの高層ビルのカフェで
二人は顔を合わせた。

お互い暇な時間のあるときに
近況を報告し合ったり、たまに
遊んだりする程度の仲だ。

いきなり呼び出して彼女と会うなんてことは
今まで一度もなかったので先へ向かう途中、
自分の心が少し落ち着かなかった。

彼女のことを考えると心臓が激しくなるのは
つねだ。

しかし今日はいつにも増してそれが
激しく速く脈打っていた。

あなたの内に秘めた想いがあったからだ。

白のニットワンピースに黒のブーツ、
チェック柄のストールを首元に巻き
左手にコートを抱えて彼女は
店の入り口に現れた。

様々な客で混雑したカフェの店内を
ぐるりと見渡し、あなたに気づくと
一瞬笑みを浮かべてウエイターや
サラリーマン風の客を色気で振り向かせ
窓際の奥のテーブルまで歩いてきた。

あなたは彼女の顔を見上げ
緊張気味に声をかけた。

「ごめん、急に呼び出したりして」

「うん……」


彼女は何かあったのかな、と
あなたの緊張を敏感に察したようで
不安げな様子でバッグとコートを
自分の隣の椅子に置いた。

彼女はゆっくり腰を下ろすと、
長い睫毛に憂いを帯びたきれいな目を
あなたのほうに向けた。

顔と顔を合わす二人のあいだに
わずかに張り詰めた空気が漂い
ただでさえ普段より少ない口数が
いつの間にか消えていた。

彼女は注文したホットレモネードを
すすりながら一口もつけていないあなたの
ホットコーヒーが入ったコップを
若干当惑したような顔で見つめる。

あなたのほうは不規則気味に
ホットコーヒーの湯気と
手許を交互にみていた。

ふたりの無言のままの状態は
しばらく続いた。

半分以下に減ったレモネードの
マグカップをそっとテーブルに置き、
何か言おうと彼女が切り出そうとしたとき

「あのさ」

あなたは
やっと口を開いた。

「なに?」

彼女はしっかり目を見開いて
あなたを見る。

「大切なことだから、
しっかり伝えようって思った」

あなたは真剣な眼差しで言い、さらに続けた。

「けど余計に焦っちゃって、頭ん中でうまく
まとまんなくて、言葉にできなくてさ、
ごめん……」


声が少し上ずってしまいあなたは自分の
不甲斐なさに腹がたった。

「なに?ちょっとでいいから話してよ」

その口調にはすこし苛立ちが感じられ、
彼女はぬるくなったレモネードのカップを掴み
一息に飲み干した。

「もうちょっとだけ、な、頼む、まって」

お願いという表情であなたがそう返すと、
彼女は眉をひそめチラっと左手首の
腕時計に目をやった。

某有名ブランドの文字盤にスワロフスキーが
埋め込まれたピンクゴールドの時計だ。

「これ、元彼から23歳の誕生日に貰ったの」

二ヶ月程前に遊園地で初デートをしたとき、
彼女がその腕時計について語ったのを
あなたは思い出した。

「処分しようってためらってるうちに3年も
経っちゃって、そしたらだんだん馴染んできて
なんだか手放せなくなっちゃったの……」


そのセリフを聞いてから遊園地の乗り物に
全く集中できなくなってしまい、それ以後
それが記憶に蘇ってくるたびにあなたは
拭いがたい嫉妬心を感じた。

別れた彼にまだ未練があるのではないか?
やり直そうと言われたらすぐにでも
付き合うつもりじゃないのか?
その疑念が
何度も心に浮かび、彼女に尋ねたかったが
気に障ると判断し我慢したのだった。

ふたたび冷え切った静寂が二人を支配する。

客で騒々しくなった薔薇をあしらうカフェの
店内に二人だけが取り残されたような、
世界から切り取られたような、妙に異質で
虚しい気分をあなたは味わった。

時間にして五分にも満たない沈黙だったが
あなたには十分いや五十分にも感じられた。

その間、あなたはふいに
アインシュタインの特殊相対性理論が
脳裏に浮かび「時間は相対的なんだな」
と頭のなかでつぶやいたりもした。

もちろんそんな余裕は
なかったのだがよぎって
しまったのだから仕方がない。

あなたは彼女にわからないくらいの
さりげなさを装ってスーッと軽く息を吐き
心を落ち着かせた。

さらに無言の状態が3分ほど
経過したとき

「だめだ、もうででてこねえよ……」

諦めの口調でそういいながらあなたは
テーブルの上に両肘をつき頭を抱えた。

溜め息を吐いて顔を上げ、元の姿勢に
戻したが表情は曇っていた。

湯気の消えたコーヒーを一瞥(べつ)した後、
あなたは彼女の顔をまじまじと見据えた。

すると突然、
グイッと身を乗り出し声を張り上げて言った。

「だからこうする」

一瞬のできごとだった。

そこにあったのは信じられない光景……

彼女の唇とあなたの唇が
テーブル越しに重り合っていた。


彼女は信じられないという目で
あなたを見ている。

視線を移すまでもなく周りの客たちが
自分たちを見ているのは明らかだった。

テーブルの女子大生らしいグループや
中年カップルの騒々しかった会話が
ぴたりと止んだからだ。

覚悟の上だった。

言葉にできないなんて嘘、
あなたは最初からそうしたかった。

そして見せつけたかった。

「あっ……ん……」

たとえ賢明なモラリストであっても
彼女に惚れてしまった以上は
演出を施してでもこの一瞬のために……

唇を離し、とまどう彼女の顔に
浮かんでいるのは驚きと恥じらいの表情。

彼女の頬はかすかに赤くなって
視線はテーブルのコップに向いている。

わかっていたことだとはいえ、
今さらながらあなたは周りの冷めた視線を
痛いほど感じはじめた。

あなたは本物の視線の「鋭さ」というものを
実感し全身にそれを浴びていた。

それは彼女も同じなのだろう……

彼女に対し申し訳ないという
気持ちが胸に染み込んでくる。

後悔の念がなかったといえば嘘になる。

とそのとき……全く別の想いが湧き上がった。

「オレは本気で彼女を愛してる、
だからこそこんなありえない
限界を超えたキスができたんだ」


という意識下にあった彼女に対する感謝の念が
一気に湧き上がった。

今まで自分には到底遂行できなかった振舞が
彼女への愛によって可能となった。

まるでキスすることをあらかじめ遺伝子に
プログラムされ、それを今実行に
移したのだという自負のような
気持ちも生まれたのだった。

贖い、感謝、矜持。

交錯した溢れでる思いを胸に
あなたは今目の前にいる「最愛の女性」
一心不乱に伝える。

飾らない言葉で、シンプルに、正直に。

声はわずかに震え、出すというよりは
絞り出すという感じだった。

「ずっと前からしたかった……ごめん」

その言葉の響きが
うつむいた彼女の頬をわずかに緩ませる。

彼女は上目づかいで一瞬あなたを見つめ
目を逸らしたすぐ後に微笑んだのだ。

そして視線を落としたまま、
何も言わずに首を小さく振った。

数秒の沈黙の後、
彼女の口が開いた。

「よけいだよ」

「えっ、何が?」

「わかんない?鈍感すぎ、
私の唇うばったくせに」


あなたは痛いところを突かれたという風に
うつむき黙りこくってしまった。

彼女は一呼吸おいた後、顔を上げて言った。

「謝ることなんかない」

「え?」

あなたは意味がわからないという
顔をしている。

「『ごめん』がよけいなの!」

その直後、彼女の口元に残っていた笑みが
満面に拡がっていく……

「嬉しかったよ……ありがとう」

あなたはいいたいことの代わりにキスをした。

いや、いいたい言葉なんて最初からなかった。

ただ、ただ、キスをしたかった。それだけ。

彼女はすべてに気づき笑ったのだ。

あなたのキスでそれが伝わり心はつながった。

ふたつの唇が重なるようにふたりの心が
一つになった瞬間だ。

キスによって友達という関係を破壊し
恋人という関係を新たに生み出したのだ。


肩の力がすっと抜けたあなたは、
安堵のため息を吐きながらいった。

「なんていったらいいか……
 今度こそほんとうに言葉が見つからねえわ」


彼女はいたずらっぽい笑みを浮かべて

「じゃあ、わたしが見つけてあげる」

そう言うと彼女はあなたと肩が触れ合う
くらいまで近寄り、あなたの耳元で
くすぐるようにささやいた。

「ア、イ、シ、テ、ル」

あなたはうつむいて照れ笑いをしながら
小さくうなずく。

そして幾ばくの感慨に浸り、心のなかで
その言葉を一生の宝物にしようと誓った。

きっとそのときを振り返るたびに
甘い高揚感が心を襲うのだろう。

チラッと横目で彼女の顔を見る。

そのゆるむ頬に伝っている熱い「もの」
店内の明かりに照らされてキラキラと
輝いていた。

無論それがなにかお分かりになるだろう。

あなたを「愛してる」という涙だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今のキスシーンのような、

エゴイストと捉えられかねない行為が
彼女の願望と一致する喜び。


甘美です。

ブッシュドノエルやチョコレートシロップを
たっぷりかけたヴァニラアイスよりも、

こたつにくるまって口の周りについた
生クリームをペコちゃんみたいに
舐めまわすよりも

圧倒的に甘美です。

そんな甘美を纏えば孤独な草食男子だろうが
熊みたいな野暮な大男だろうが
モテる男の世界に入り込むことができます。

たとえあなたがインド料理など
スパイシーなものが好みであっても
甘美は頭の片隅に置いてください。

すると、甘美な思考や行動が生まれるのです。

当然、キスというものをコミュニケーションの
一つとして取り入れるようになります。

多くの男性はキスというものを
付き合ってから交わすものだと
強く思い込んでいるのです。

だからといってキスといのはただ適当に
交わせば効果は出るというものではないし
そればかりか無闇やたらに行えば
「強制わいせつ罪」になりかねません。

しかし、

それは裏を返せば男女を結ばせる強烈な
武器になるという二面性をはらんでいるのです。


そしてもう一つ、女性は男性以上に

「奪われたい願望」があります。

奪うというと乱暴なイメージですが、
それが快感やときめきを引き出すのです。

たとえば、

S(サディスト)とM(マゾヒスト)
父性本能と母性本能
男性性と女性性

女性のほうがMや母性などが強い傾向に
ありますが、これらの気質は程度の差はあれ
男女誰にでも備わっているものです。

SMクラブに通うほど顕著ではなくとも
男性なら一度くらい「何か」を
綺麗なお姉さんなどに奪われてみたいと
妄想したことがあるはずです。

女性にとってキスは大事だし、
だからこそシチュエーションなど
こだわりがあったりするでしょう。

だからこそ、その大切なキスを
女性の奥にある抗えない本能に
沿って引き出すのです。

つまり普段は無意識レベルに潜んでいる
女性の奪われたいものを奪ってあげる。

それはつまりコインの裏が表になるように
「奪う」が転じて「与える」になるのです。


逆に自分が歓喜や快楽などを「与えている」
つもりでも性差などの食い違いにより
相手の女性にとって不快になることが
多々あるわけです。

つまり、相手の時間などを「奪っている」
状態に転化されたのです。

私ももちろん失敗することはあります。

恋愛は自由にやればいいと思うし
カップルになってからキスをしたいと
あなたが望むなら無理にはいいません。

ただ私はキスという一体化をするにあたって
最適なコミュニケーションスキルに対する
思い込みを外してほしいのです。

私だって元々がひどい有様だったので
今も完全に外せたとはいえません。

でも確実に思い込みは消えていってます。

タイトルの
「唇奪う一瞬は心奪う瞬間」
私のあるコンサルに連動したコンテンツです。

表面的にみれば反発を受けやすい
商品名ですが、先ほど話したことを
踏まえてキスというものを今一度
捉えてみてください。

今回のストーリーも読めば読むほど
思い込みは外れるようになってます。


このコンテンツは私の長期コンサルの一つ、
“躍動コンサルティング”
受けて頂いた方に配布するものです。

このコンサル自体は、
6ヶ月間かけて行い対面コンサルを超えた
『動』を取り入れたもので実際に
私と街に繰り出していただきます。

つまり至極実践的なコンサルです。
(ナンパのようで本質はナンパではない)

これで行動できないという悩みは
なくなり、個人にあわせて行うので
初心者にも安全なものです。

簡単に内容をいうと、
武道など何かの「道」を極める場合や
儒教の教えには、体感や体験を繰り返し、
体得に至り、さらにそれを体現をする
というステップが存在します。

私はそれをさらにシンプルに
魅力や自信や育めるように
独自にアレンジしました。

ステップ1:躍起
ステップ2:躍動
ステップ3:躍進


この順序を守り、なおかつ循環的に
「三位『一体』」を図ることでいわゆる
まったく魅力がない方にも効果が
でるようになっています。

ステップとステップのあいだには緻密な
手法が張り巡らされています。

表面的な視点では絶対理解できません。

当たり前ですが
世界でひとつだけのコンサルでしょう。

ちなみに女性は男性以上に一体化を
好む傾向にあります。

一体化できたもん勝ちともいえます。

この一体化の内容は自然や人間の五感や
本能に沿ったものであり、応用が利くのです。

“唇奪う一瞬は心奪う瞬間”も実はそれを
取り入れた内容なので全くの初心者でも
効果的なものです。

つまり密接に連動しているのです。

女性を惹きつける力を効果的に取り入れ、
その力を発揮するためのコンサルでもあります。

恋愛においてもてない人は、頑張って知識や
テクニックを覚えているのですが、
その蓄えた力を「出し切れていない」
のです。

本番になると力を出し切れない受験生や
スポーツ選手と同じで女性を前にすると
思うように発揮できないのです。

特に恋愛においてはそれが顕著に
現れます。(私もそうでした)

たとえば、
単純に女性に声をかければいいだけなのに
失敗が怖くてできないとかその類も含まれます。

スポーツ選手なら
普段のトレーニングでどんなに体力や筋力を
つけても本番の試合で思うように力を
だせないなら後悔もひとしおでしょう。

男女関係は特にそうで、私も悔しくて
情けない思いをしました。

逆にわずかな魅力でもそれを
出し切ることができればたとえ結果が
でなくても後悔はしません。

むしろ、次は結果をだすぞと、
アウトプット前提のインプットを
行えるようになります。

どんどん魅力的な成長を遂げます。

女性を魅了するという、意欲、行動、結果を
含んだ効果が得られます。

もっと詳しい話は躍動コンサルで
科学的かつ精神的に解説します。

躍起、躍動、躍進という3ステップは
体験体感から体得、そして体現に至るという
教えをシンプルにかつ効果的したものです。

すると結果的に「三位『一体』」となります。

ちなみに『トルネード』という
洗脳プログラムもあるのですが、
こちらは脳と心と体に魅力の旋風を
巻き起こすというコンセプトです。

カオス理論のひとつ、
「バタフライエフェクト」をもとに
作り上げたものでまずは自分を
蝶のゆらぎ(言葉とストーリー)によって
ハリケーンのような巨大な魅力を構築し、
女性を魅了し旋風のごとく巻き込んでいく
という内容です。

こちらも連動していて躍動コンサルを
受けた方にお伝えしています。

このコンサルは
一般公開するか未定ですが、
モテなくて真剣に悩んでるかたは
今の悩みとともに「アメブロのメッセージ」
ほうに連絡をください。

それに合わせて私も真摯に提案させて
いただきます。

最愛の女性が歩み寄り
あなたの耳元でくすぐるように

「ア、イ、シ、テ、ル」

とささやくようにお手伝い
させていただきます。

あと「抱かれたい男ランキング1位を目指す
成長ラブストーリー」というコンテンツもあるのですが
今回の内容も取り入れていきます。

今回語った「ストーリー」も緻密になっていて
モテる要素もあちこちに張り巡らされて
いますのでぜひ繰り返し読んでみてください。

非常に長くなりましたが、ここまで
読んで頂きありがとうございました。

「ア、イ、シ、テ、ル」が欲しいなら
●23秒で女性の連絡先を聞き出すステップ

ポチッとして頂けると励みになります!
人気ブログランキングへ
今何位!? <人気ブログランキング>
いいね!した人  |  コメント(10)