君の膵臓をたべたい

テーマ:

君の膵臓をたべたい

 

【原題】君の膵臓をたべたい/日本(2017年)

【監督】月川翔

【原作】住野よる

【出演】浜辺美波,北村匠海,大友花恋,矢本悠馬,桜田通,森下大地,上地雄輔,小栗旬,北川景子,他

【ストーリー】高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

(シネマトゥデイより引用)

 

予告編を観て原作に興味を持ち、先に本を読みました。原作にはない12年後が描れているということで、観に行くか行かないか迷いました。何となく読んだ世界が壊されそうな気がしたから。ネタバレあるかもなので、これから観る方はご注意を!

原作で、【僕】の名前は【秘密を知ってるクラスメイト】君、【仲良し】君など最後まで名前で呼ばないから、その辺が映画になったらどうなんだろうと、変なところ楽しみにしてたりしました^^ (映画ではガム君が名字で呼んでたけど^^)

桜良を演じる浜辺美波ちゃんが、とびっきり明るくて可愛らしかったです! 死を目前にしながらも笑顔が輝いていたり、曇ってみたり。時折見せる本当に悲しい表情が何とも言えず…。

親友にも話していない病気のことを知ってしまった【僕】に、彼女は何故そんなに急接近するんだろうと思うところはありましたが、それも終盤明らかになってきます。

【僕】を演じる北村匠海君、最初は半ば強引だけど、桜良に付き合わされることで、人とかかわることの素晴らしさを知り、少しずつ感情の表現が豊かになるところとか良かったな。

桜良が亡くなって12年後の【僕】を小栗旬さん、親友・恭子を北川景子さんが演じています。彼らが桜良と過ごした日々の回想と共に物語が綴られています。

単に難病もののお涙頂戴な映画ではなく、本の感想にも書いた通り、前向きに生きることがテーマなんだろうなと。「人との出会いは偶然ではなく、自分で選んだ必然」という桜良の台詞がとても印象に残ります。

病気に侵されていても、健康でも、どんな人でも生きている限り平等に死は訪れるし、自分で選ぶことがない限り、それはいつなのか分からない。だから一生懸命生きるんですよね。

「君の膵臓をたべたい」 この言葉、桜良に届いていたのか。そこ重要な気がするけど、映画にはなかったような? 賛否あるでしょうが、個人的には終盤の12年後のエピソードはあんまりかなぁ。いや、でも泣いちゃいましたよ。それよりも、高校生の【僕】のシーンの方が涙ぼろぼろでしたけど。

原作もいいし、映画は映画で良かったと思います! 折角なので、読書メーターの感想を貼り付けておきます。映画を観るのに背中を押してくださったブロガーさんありがとうございました!

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)君の膵臓をたべたい (双葉文庫)感想
本でも映画でも誰かが亡くなると分かっている物語は苦手なんだけど、遅かれ早かれ生きている限り死はやってくるわけで。残された時間は期限を切られた人間もそうでない人間も同じ価値観なんだと今更ながら思い知らされて。底抜けに明るい桜良と友達がいなくても平気な僕。僕の名前が彼女の気持ちで変化してくところも面白い。瑞々しい青春と悲しい事実が描かれてて、終盤は涙なしには読めません。
読了日:07月20日 著者:住野 よる

読書メーター

 

(画像はすべてお借りしました)

 

義父が入院中なんですが、義母に言ったら旅行行ってきても良いとのことでしたので、7日~8日旦那と旅してきます。ただ、台風が気になるところですが(・・;) 

11日~17日まで夏季休暇です。旦那と娘をおいて、3日ほど私と息子で実家に帰る予定です。最終日の17日は旦那の会社の日帰り社員旅行だし、あっという間に8月が終わりそうな気がするな。

P.S.8月はブロ友さんの記事をちゃんと読めないかもしれませんし、私のブログもスルーで大丈夫です! お返事できないかもしれないので、この記事のコメント欄は閉じさせていただきます。

AD