パトリオット・デイ

テーマ:

パトリオット・デイ

 

【原題】PATRIOTS DAY/アメリカ(2016年)

【監督】ピーター・バーグ

【出演】マーク・ウォールバーグ,ケヴィン・ベーコン,ジョン・グッドマン,J・K・シモンズ,ミシェル・モナハン,アレックス・ウォルフ,テモ・メリキゼ,他

【ストーリー】2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。

(シネマトゥデイより引用)

 

まだ記憶に新しいボストンマラソンでのテロ事件。そういえば、ニュースで爆破のシーンが映し出されていたのはうっすらと憶えてますが、その後の捜査がどうなったのか、被害者の方々はどうなったのかなどは知ることはなく過ごしてました。

序盤に前日からの何でもない日常を映し出すことで、どれほど無差別テロが非人道的で、人の人生を狂わせるかを思い知らされます。

発生から102時間という早さで犯人逮捕に至った顛末が描かれるのですが、捜査・追跡は終始はらはらどきどき。所々防犯カメラの映像が本物と言うのを知ってたから、実録ものを観てるようで真に迫るというか。

主人公はマーク・ウォールバーグ演じるボストン警察のトミーですが、登場人物すべての物語であり、警察も一般市民もなく、ボストンを愛する人たちの勇気と愛を描いた物語かと。

警察、被害者、犯人、と色んな目線から物語は進むので、目が離せなかったというのはあります。

被害に遭われた当事者が自ら語るシーンは涙なくしては観れないです。特に、事件に巻き込まれ病院搬送された若い夫婦。普通の幸せから、悲劇、そして再生へと、観ていてつらいけれど最後は勇気をもらえました。

マーク・ウォールバーグの他にケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズと名優のたくさんの出演も功を奏してます。個人的には初老のケヴィン・ベーコンが良かった。

苦手なジャンルではありますが、テロに屈しないアメリカ、人々の優しさや強さが感じられ、緊張感の中に心揺さぶられるシーンが多々あり、133分という長さを感じさせない良い映画でした。

 

(画像はすべてお借りしました)

 

『アイ・イン・ザ・スカイ』も観たい映画には挙げてなかったけれど、評価がいいので観に行って、良かったなぁと思える映画でしたが、この作品もしかり。銃撃戦など観ていて少ししんどいシーンもありましたが、人々を描いた群像劇が実話を基にしているだけに、そちらの方により惹かれて観たかもです。

 

土曜日に『おとなの恋の測り方』を観てからすぐの鑑賞だったんですが、こちらを後に観て良かった。逆だったら、ロマコメがとても薄い映画に感じてしまったかもしれません。一緒に観る映画も考えないといけませんね。

AD

コメント(16)