マンチェスター・バイ・ザ・シー

 

【原題】MANCHESTER BY THE SEA/アメリカ(2016年)

【監督・脚本】ケネス・ロナーガン

【出演】ケイシー・アフレック,ミシェル・ウィリアムズ,カイル・チャンドラー,ルーカス・ヘッジズ,グレッチェン・モル,他

【ストーリー】ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になる甥のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、甥の面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

(シネマトゥデイより引用)

 

こちらでもようやく今日公開になったので、早速観に行ってきました。待ちに待った方々が多かったのか、初回は満席でしたよ。ネタバレしてないつもりですが、これから観る方はご注意を!

「癒えない傷… 忘れられない痛み…」 ケイシー・アフレック演じるリーが、故郷に帰ることができないほどに背負っている苦しみが一体何なのか、ずっと気になってました。

序盤は、ボストンで独りもくもくと便利屋をして働くリーの姿が描かれています。その後、兄の訃報を訊き、しぶしぶ故郷に戻り、甥とふたりでこれからのことを模索する現在が描かれつつ、幸せに暮らしていた頃も映し出されます。その対比があまりにも違い過ぎて胸をしめつけられるというか…

誰でも何かしら背負っているものがあるけれど、それが許されるものか否かは、犯罪でない限りは自分に委ねられるものだと思うんですよね。きっと、誰の声も彼には届かなかったのだろうと。

リーが犯した過ちは、誰かが許すものでも裁けるものでもないし、忘れられるものでも自分自身を許せるものでもない…。あまりにもつらい現実に、何とも言い表せない感情が湧いてきます。

きっとずっと独りで生きて行くつもりだっただろうリー。その彼に訪れた転機が兄との別れというのは皮肉ですが、甥のパトリック、元妻のランディと再会できたことで、彼の感情に変化があったことは間違いなく。

小さな町、マンチェスター・バイ・ザ・シーの景色が、映画を通して終始観入ってしまうほどの美しさ。雪が解けるように、リーの心の悲しみも解かしてほしい。どこに住んでいようとかまわない、簡単なことではないかもしれないけれど、彼が笑顔で暮らせる日がくることを願わずにはいられません。

 

(画像はすべてお借りしました)

 

この映画で主演男優賞を獲得したケイシー・アフレック。何やら以前にセクハラ疑惑があったとか。何となくそんなこんなで色眼鏡で見てしまい、この映画はスルーしようかと思ってましたが、しなくて良かった。こんな演技ができるのに、悪い人な訳がないと思ってしまうのは安易かもですが、そう思わせてくれる素晴らしさでした。

元妻役のミシェル・ウィリアムズとのシーンはもう涙ぼろぼろで… 父を亡くした16歳のパトリックを演じた彼も良かった。

長尺で淡々としてるけれど、俳優陣の演技だけでも最後まで目が離せない作品でした。

 

ケネス・ロナーガン監督作品は日本未公開の『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』と『マーガレット』を以前にDVD鑑賞しました。どちらも地味目なヒューマンドラマですが惹かれるものがあります。『マーガレット』はサスペンス色はあるものの、ちょっと違和感もありで個人的には『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』の方が好きです。

 

 

マーガレット [DVD] マーガレット [DVD]
1,533円
Amazon

 

余談ですが、私もリーほどではないけれど、同じような過ちを犯しそうになったことがあり、その時のことを思い出して観てました。

あの時、家族の誰も私を責めなかったんですよね。いつもはきつい義母さえも…。自分が一番自分を責めていた気がします。あの時程、時間を戻すことができたらと真剣に感じたことはなかったです。

AD

コメント(20)