美女と野獣

テーマ:

美女と野獣

 

【原題】BEAUTY AND THE BEAST/アメリカ(2017年)

【監督】ビル・コンドン

【出演】エマ・ワトソン,ダン・スティーヴンス,ルーク・エヴァンス,ケヴィン・クライン,ジョシュ・ギャッド,ユアン・マクレガー,スタンリー・トゥッチ,イアン・マッケラン,エマ・トンプソン,他

【ストーリー】進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹かれていくベル。一方の野獣は……。

(シネマトゥデイより引用)

 

近くのTOHOシネマズでは字幕版はIMAXしか上映がなかったので、ちょっと贅沢して観てきました。

噂には聞いていたけれど、これぞディズニーアニメのオリジナル性を失わずに実写化されたミュージカル! 思ったよりも歌うシーンは多くないかな。ミュージカルを観に行ったこともないし、それ程思い入れがある訳でもないけれど、音楽と映像に酔いしれてきました。

子どもからお年寄りまで楽しめるというのがいいですよね。平日朝一の字幕版だから人は少なかったのでゆっくり鑑賞できたのも良かった!

まずは、ベル役を演じたエマ・ワトソンがはまり役でしたね。私はハーマイオニーにはあまり馴染みがない人なんですが(汗)、とても美しく成長してて、村では変わり者と言われながら、読書家で聡明、そして勇敢な女性を演じきってました。

野獣役のダン・スティーヴンスは何度か映画でもお目にかかってるんですが、あまり印象に残ってなくて^_^; ただ、今回は青い目が美しく強くて優しい野獣が似合ってましたよ。

ガストン役を演じるルーク・エヴァンスが一見イケメンで村の女性からはモテるんだけど、中身は傲慢で救いようがない! ベルに嫌われて当たり前。観ていて憎らしさが半端なく、そういう意味では似あってたかも^^

彼にいつもひっついて回ってるル・フウ役のジョシュ・ギャッドがいいキャラで、ガストンを好き?なのかと思える節もあって言動が笑えました。

王子とともに呪いをかけられた使用人たちがいいんですよね! 燭台のユアン・マクレガー、置時計のイアン・マッケランのコンビの掛け合いがいいし。何といっても、ポット夫人のエマ・トンプソンが優しくてユーモアもあるし、彼女が歌うオリジナル主題歌がとても心に響きました。

これ以上、私が語るよりも観てくださいという感じです。王道のロマン溢れるファンタジーに、ちょっとしたアクションも楽しめる130分の別世界を堪能できますよ♪ ちょっと疲れ気味だし、ストーリーにはほとんど触れてませんが、この辺で(^_^;)

 

(画像はすべてお借りしました)

 

『美女と野獣』は2014年に上映されたフランス版も劇場鑑賞したのが記憶に新しいです。ベル役がレア・セドゥちゃんだったから観たというのもあるんですが^^ こちらは、ちょっとダークな感じでした。野獣役がヴァンサン・カッセルということもあり、王子様に戻っても変わりがないという意見が多かったかな? 私もその意見に同感なんですが(^_^;) こちらもそれなりに楽しめましたよ。ただ、ベルと野獣がお互いを好きになるまでの描き方が雑だったのが残念かな。その点、アメリカ版は丁寧に描かれていた気がします。

 

美女と野獣 [DVD] 美女と野獣 [DVD]
3,024円
Amazon

 

 

P.S.娘がインフルエンザと分かり、久々に看病しました。中高とほとんど学校休んだことないから、大学休むのがものすごく嫌みたいです。やっと慣れてきたところだけど、あと少し我慢しないと友達にうつしちゃいますから。熱が下がってから暇を持て余してるけど、音楽聴いたり、中国語の勉強したりしてます。心配していただいた皆さん、もう大丈夫です。ありがとうございました<(_ _)>

AD