マダム・フローレンス! 夢見るふたり

 

【原題】FLORENCE FOSTER JENKINS/イギリス(2016年)

【監督】スティーヴン・フリアーズ

【出演】メリル・ストリープ,ヒュー・グラント,サイモン・へルバーグ,レベッカ・ファーガソン,ニナ・アリアンダ,他

【あらすじ】ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。

(シネマトゥデイより引用)

 

評価が良かろうが悪かろうが、ヒュー・グラントをスクリーンで堪能できる映画なら行くしかないでしょう♪ メリル・ストリープとの共演というのも異色な感じがして、楽しみにしてました。ネタバレありますので、これから観る方はご注意を!

1944年、ニューヨークの社交界が舞台。メリル演じるフローレンスの音痴っぷりには、劇中の観客でなくても思わず笑ってしまいます。彼女に自分は音痴だと悟らせず、周囲を買収して夢を見させてあげる夫シンクレアをヒュー・グラントが演じているんですが、ここまで献身的に尽くす彼を見たことない!

ところが、フローレンスは持病持ちということからか、シンクレアには愛人がいるというのがちょっと引っかかりました(-_-;) そこはヒュー様の真骨頂なんですが、愛人よりもフローレンスのことを愛していただろうことは映画を観れば一目瞭然。だって彼女を“バニー”なんて呼んでるし。

夫の苦労も知らず、喝采を浴び、自信をつけてしまったフローレンスは、カーネギーホールで歌いたいと言い出して…(+o+)

フローレンスの歌声は音楽の好き嫌いとは関係ないところで、人々の心を掴んでいったという感じでした。ある意味人を幸せにできる力があったんでしょうね。きっと評価は真っ二つに分かれたでしょうけど。

終始はらはらして観ていたんですが、きっと伴奏者として雇われたピアニストのコズメが一番戸惑っていたのではないかと(笑) 彼のキャラがすごく立ってて、表情で真意が分かっちゃうのがおかしかったです。

シンクレアやコズメは言うまでもないですが、歌が下手でもフローレンスを応援する人たちの温かさが感じられ、40年代ニューヨークの街並みや衣装にも見惚れてしまう素敵な映画でした。

 

(画像はすべてお借りしました)

 

メリル・ストリープの歌唱力が素晴らしいというのは誰もが知るところですが、上手いからこそできる役なんでしょうね。個人的にはヒュー様のダンスシーンが観れただけで嬉しかったんですけど^^

未見なのですが2月に公開されたフランス映画『偉大なるマルグリット』によく似た物語だなぁって思ってたら、あちらも同じ方の実話を基にした映画でした。リメイクではないようです。ただ、この映画は実名で描かれているということかな? もうレンタルしてるので、比べてみるのもいいかもしれません^^

 

 

 

AD