新入団選手紹介~下坂~

テーマ:

高校時代は秋田県の某強豪校の名三塁コーチャーとして活躍。

『みちのくの剛腕コーチャー下坂』として全国に名を響かせる(本人談)

 

高校卒業後は各地の独立リーグを渡り歩き、大潟温泉ポルダーズに入団。

遊撃手に定着し、ゴールデングラブ賞を獲得。

 

その後、大潟ルーラルサンズにトレード移籍し、会見では

「サンズでも僕のフィールディングと強肩に注目してほしい、プライベートでは珍しいポケモンをゲットしたい」

と力強く語った。

彼の眼にはポケモンマスターになる為の険しい道が見えているかのようだった(菊池談)

 

 

という現実と妄想とフィクションを織り交ぜた新人下坂の紹介でした。

 

大谷翔平選手は日本シリーズでは先発なのか抑えなのか楽しみですね。

 

M田でした。

AD

新入団選手紹介~菊池~

テーマ:

高校時代は甲子園(就職説明会)に出場はできなかったが、そのバッドコントロール(いらしゃいませ)が話題(身内)となる。

 

ドラフト候補に名前が挙がるも

「私にはまだプロ(社会人)でやる自信はない、専門学校で体を作ってからでも遅くはない」

と言い残しW&B専門学校に進学。

 

専門学生時代は1年時からレギュラーに定着しリーグ初の打率4割を記録し首位打者、ベストナイン、新人王を獲得するもチームは2位に終わる。

「自信のあった守備で足を引っ張ってしまった、来年は笑って終わりたい」

と言い残す。

 

そして迎えた最終年、キャプテンに就任した菊池はピッチャー(ウエディング)にコンバートしリーグ戦全試合完封という大車輪の活躍をみせ、チームは初優勝、自身も投手四冠などタイトルを独占。

「0点に抑えれば負けることはない、それを実践しただけ」

と言い、周囲を驚かす。

 

そして迎えたドラフト、全球団(ホテル)1位指名が予想される中、地元秋田県が本拠地の大潟ルーラルサンズが交渉権を引き当てる。

「投手(ウエディング)をやりたいが、チームのためにまず野手(モーレン)で結果を残したい」

と発言。

 

2016年シーズン前半、菊池は全試合スタメン出場、リーグ最多安打(いらっしゃいませ)を記録中、今後も活躍が期待される。

 

 

という現実と妄想とフィクションを織り交ぜた新人菊池の紹介でした。

 

がんばれカープ、来年はいけるぞイーグルス。

 

 

M田でした。

AD