サニーウイング施設長のゆったりほんわかのんびりブログ

新潟市内にて高齢者向け住宅、その他介護保険事業所を統括しております。「我が家のような安心感」をコンセプトに「総合生活支援サービス事業」の確立に日々奮闘しています☆


テーマ:
何だか最近は日本中が「カフェ」ブームじゃ


ないですか…





うちの業界なら「認知症カフェ」とか。



何かと、かふぇかふぇしていて、


いろんなものと組み合わせて


狂ったようにネーミングしてますが…


結構いつの間にか消えていたりとか。




だから、かふぇ、っていう名前に騙されちゃ


いけない^ ^笑



かふぇ狂想曲は、いずれは、かふぇ幻想曲


に変わっていくのでは?という予言を


今夜はしてみたかったのでしたf^_^;





何とかかふぇ、と銘打った商売に対する、


まあ、皮肉です笑


うちもサロンとか使ってますが(*_*)




以上☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先週あたりのブログの内容で「考える」ことが

 

 

仕事においては重要だということに触れた

 

 

ことがありました。

 

 

 

 

 

これはあくまで自分の考えではありますが、

 

 

仕事の中で、頭を使わず、言われたことだ

 

 

けをやっていればよいんだ、

 

 

状況がかわっても、

 

 

とにかく以前の異なる状況であったときに

 

 

言われたことだけをやり続けるだけ、

 

 

というような「人」が結構あったりします。

 

 

 

 

 

そうではなくて、ここはどう変えれば、もっ

 

 

とよくなるかなとか、

 

 

一度決めたことだけども状況が変わった

 

 

のだから、もう一度話し合いをすることを

 

 

提案してみよう、その際に自分が言いたい

 

 

ことはこれだよなとか、

 

 

 

考えて仕事をする人がその組織の中で一

 

 

体どれだけいるか、とても重要だと思います。

 

 

 

 

 

そんな内容を先日書いたのですが、

 

 

ある人が、「考える」ことが大事と言われて

 

 

も、どうすれば身につくのかということを

 

 

聞いてきてくれたので、

 

 

それに対する返答です。

(あくまで自分自身の思いなので答えは一

つではないと思いますが・・)

 

 

 

 

 

私は、仕事においてどうすれば「考える力」

 

 

が身につくのか、といえば、

 

 

一言でいうと、「当事者意識を持つ」以外に

 

 

ないのではないかと思います^^

 

 

 

 

 

つまり、言われたことだけをやって、

 

 

その場を乗り切ってしまえば給料も下がる

 

 

わけではないし、まあ平和に過ごせるわい、

 

 

というような意識だけだったならば、

 

 

とても「当事者意識」を持っているとは言え

 

 

ません。

 

 

 

 

この案件について、これでいいのだろうか、

 

 

ちょっと問題があるようだけど、

 

 

誰かが何とかしてくれるんだろう、

 

 

私が口出しして、他の人からでしゃばってい

 

 

ると思われたくないし・・・とか、

 

 

やっぱり日和見主義、見て見ぬふりをする、

 

 

そんなスタンスでは、

 

 

その状況をどう乗り切ればよいのかと

 

 

頭を悩ませなくていいんだから、「考える力」

 

 

はつきませんよね。

 

 

 

 

 

よく、経営者の人が、一人一人が、経営者

 

 

になったつもりで働いてくれ!と檄を飛ばし

 

 

たりするのを、しらーっとした雰囲気で聞き

 

 

流す朝礼、なんてのが日本のあちらこちら

 

 

であったりすると思うのですが笑、

 

 

 

 

一人ひとりが経営者という意識を持って、

 

 

なんてことになったとてもみんな引いてしま

 

 

いますよね。

 

 

 

 

そこまででなくても、やはり関わっている人

 

 

すべてが、その案件に対して「当事者意識」

 

 

を持って動いていく空気が出来たらかなり

 

 

現場は変わるのかなと思います^^

 

 

 

 

自分がやらねば、協力しなければ、とても

 

 

この場はいい方向に持っていけない、と

 

 

いう意識があれば、先頭を斬っていかねば

 

 

ならないし、結果にかかわって行くことにな

 

 

るのですから、当然必死に「考えよう」とす

 

 

るはずです。

 

 

 

 

報告ひとつにしても、右から左に受け流す

(昔そんな歌があったような)

 

だけなら、ほんとバケツリレーですわね。

 

 

 

 

部下から受けた成果報告、この状況はま

 

 

ずいんじゃないかと思ったら、そこにきち

 

 

んとコメント入れて、その状況をどう変えて

 

 

いくかを述べてこそ、当事者意識があると

 

 

言えると思います。

 

 

 

 

当事者意識を強く持つ集団となったときに

 

 

とてつもなくよいサービスが提供できるん

 

 

だろうなと感じます・・・・^^

 

 

 

 

あ。いかんいかん、また大前提となるもの

 

 

が抜けていた。。。。

 

 

「考える力」を伸ばせるかどうかは、その

 

 

「当事者意識」を持たせるだけのやりがい

 

 

働きがいのある現場、ということでなければ

 

 

成り立たないですよね。

 

 

私の立場としては、一緒に動いている人が

 

 

日和見主義なんかではなくて、まっすぐに

 

 

突き進みたいとか、力の出し惜しみをせず

 

 

に頑張りたいという想いを持ってくれるよう

 

 

にしていかねばならないと思います。

 

 

 

 

 

以上☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何かの決め事とか、仕組みなどを、どこかの

 

 

タイミングで変えなければならないときには、

 

 

これでもかってくらい大胆に変えてしまった方

 

 

が踏ん切りもついていいと個人的には思う。

 

 

 

 

チビチビとした変化だけで、変わったのか変

 

 

わっていないのかわからない程度なら、

 

 

その効果も半減するのではないかと。

 

 

 

 

 

いわゆるおかみがする「変化」は、悪い方に

 

 

はドラスティックに実行してしまうのにも

 

 

関わらず、よい方の変化については、

 

 

ほんとそんなにケチらなくても・・・という程度

 

 

のものだ・・・

 

 

 

いや、世の中がそう出来ているのか?

 

 

 

なのでこちらは逆に、劇的な変化を狙って

 

 

いく方がインパクトもあるし、

 

 

効果も最大限発揮されるように思うのだ。

 

 

 

 

変えるときは大胆に^^

 

 

変えてはならないものは、頑固に守る。

 

 

堅実に。

 

 

 

 

 

以上☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

それはささいなことだよ、なんて

 

 

いう言葉はよく聞かれるが、

 

 

その「ささいなこと」が、何なのかによって

 

 

全くその積み重ねの先にある未来が

 

 

変わってくることは言うまでもない。

 

 

 

 

 

以上☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

表面上、勝負に負けたようにギャラリーから

 

 

見えることがあっても、

 

 

実は、相手へのその「許し」は強いからこそ

 

 

出来るのであって、

 

 

弱ければ、相手を「許す」こともできないの

 

 

だと思う。

 

 

 

 

許せるというのは、強い証拠だろう。

 

 

 

 

言い訳したい事や、

 

 

説明したい事、

 

 

誤解を必死になってときたいと思うのは

 

 

普通のことで、

 

 

それを封印して、あえて負けてみせるの

 

 

は強いからにほかならない。

 

 

 

弱い人ほど、表面的な勝ち負けにこだわ

 

 

るのかもしれない。

 

 

 

 

 

以上☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。