サニーウイング施設長のゆったりほんわかのんびりブログ

新潟市内にて高齢者向け住宅、その他介護保険事業所を統括しております。「我が家のような安心感」をコンセプトに「総合生活支援サービス事業」の確立に日々奮闘しています☆

NEW !
テーマ:
今日で今年も半分が終了~~~。



いやーあっという間でございます。



年々時間が流れるのが早くなって



いる・・・って感じがします。






前半を振り返ってみますと、2月



にデイサービスを新たに始めまし



た。それくらいしか新しい取組は



なかったでしょうかね。。。






なぜ新規の案件に積極的に手をか



けているかと言いますと、



やはりその新しい事業の中で学ぶ



こと、吸収できることが多いから



です。





計画を立てて、打ち合わせを重ね



て、お客様を獲得していくという



流れは新しいものをやったことが



ある人でないと経験できない事で



あって、既存の出来上がったもの



の中でしか動くのとまた違うもの



がありますね・・・。



経験できる苦労もまた多いし。







この平成28年に関しては後半に



「形」となってお披露目できる案



件がいくつか出てきますので、今



はひたすらその地ならしといった



ところですね。







自身に関しては昨年は割と資格の



勉強とかぼちぼちやってまして、



いくつか取得できたのですけれど



今年は全くやっていなくて、



自己研さんに充てる時間がほとん



どない状況です;;;







もう少し貪欲に目標を持って、効



率よく時間を使っていければ、



まだ今年中に目指せるものもある



のかな、とも考えています^^







ま、明日から7月。



後半戦ということだけは間違いな



いので、あと6か月、よりエンジ



ンふかして頑張ろうと思います☆









以上☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
パーソナルベストを常に出そうとし



て、毎日過ごせば、きっと充実はす



ると思うのです。






手を抜くことは、その場は楽なのか



もしれませんが、



後で必ず後悔の気持ちが出てきます。






後悔という感情に心が占領されてい



る「時」は、前を向いていませんの



で、停滞の時間です。





勿体ない。







以上☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、お昼ごはんはキャンペーンで



500円で焼肉定食が食べれるチェ



ーン店に入りました。






最近、このキャンペーンでいつもに



も増してお客さんが沢山いることが



多いんです。






私の2、3人あとのおじさんが券売



機にお金を入れると故障したらしく、



怒りで店中に聞こえる声で苦情を言



い、リーダーの50代くらいの女性



が対応してました。







ところがその後からどんどんお客は



来るわ、そのおじさんの対応もしな



ければならないわでリーダーは全く



正気を失ってました。





おじさんは結局お金も返してもらわ



ずに怒鳴り散らして帰っていきまし



た。





キーを持ってきて中を見ては券売機



を復旧しようと試みているのですが



状況変わらず。






どんどん列が出来ていきます。



仕方がないと見るやとりあえず中に



お客さんを通して注文を取ってお金



を預かることにしたようで。。。






ところがその指示がなかなか後の2



人に伝えようとしているのですが、



非常にあいまいな指示で。。。





ちなみにあとの2人は外国人の方で



す。





どんどんパニックになっていく指揮



官に比べてあとの2人のスタッフは



落ち着いていましたね。





全く頼りにならない指揮官に不満の



色も見せずにそのピンチを乗り切ろ



うと必死で動いていました。







どうして券売機が直らないんだろう



とイライラして叫ぶ指揮官。



このピンチに何の指示も出せない。



うろたえるだけ。



そして2人の部下に当たるように乱



暴な物言いで命令する。







何だか肉をほおばりながら、どうも



気分がよくない私。



他のお客さんも皆状況をよく見てい



て、一人のおじさんが、



「あんたが焦っても仕方ないだろう」



とたしなめていましたね。。。







券売機が動かなくてその場で現金処



理しながら多くのお客をさばき、



元気よく対応していたのは2人の外



国人スタッフ。






うろたえて、全く問題解決のための



手段をとることが出来ない指揮官。





んーどうもこの構図、色んな現場で



よく現出する形じゃないかなーなん



て冷静に見てました・・・・・。






すると、券売機が使えないことも、



紙で貼って後からのお客様に知らせ



ることも指揮官はしようともしなか



ったのですが、





数分後入ってきて何もそれまでのこ



とをしらずにお客様がお金を入れた



ら券売機が動き、、、



元に戻ったんですよね。



なぜか・・・笑







それで大きな影響はなく何とかいつ



もの流れに戻れたようだったのです



が、このリーダーは結局トラブルの



中で、何もできなかった。





解決しようと動くこともできず、部



下に指示も出せず、



曖昧なことをわめいて、リカバリー



することはまーったく出来なかった。






こんな指揮官は即退場すべきだよな、



と思いましたね。



他の2人の外国人スタッフの方が、



落ち着いてお客様にも接して、自分



のやるべきことをまともな指示もな



い中できちんとこなしていた・・・。



立派だった。。







まとまりがない内容になってしまい



ましたが、このわずか数分の出来事



をジロジロと見ながら、いろーんな



ことを考えましたとさ、



っていう話・・・・^^





反面教師として心に今日の出来事は



よく刻んでおこう^^








以上☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「働きやすい職場がいいよね」なん



て言葉を最近はよく聞く。



しかし、どういう「場」が働きやす



いのか、って具体的に深掘りして考



えている人ってそんなに多くない。






じゃあその「働きやすい」というこ



とについて、今日はひとつの切り口



で考えを述べてみたいと思う。






突然だけど、、、



うちの会社では、障がい者雇用の方、



3人と一緒に頑張っている。





3人ともそれぞれ別々のタイプであ



るが、主に清掃を中心に担当してお



り、本当によくやってくれてる。






正直この事業を始めたころは、有料



老人ホームの中に障がい者の方に受



けもってもらう仕事はあるのか、



と思っていたので雇用に必ずしも



積極的ではなかった。






しかし支援学校の方の実習を受けた



り、見学に行ったりすることによっ



てそれまで自分が如何に無知であっ



たか段々分かってきた。



その頃の無知さ加減は今となっては



恥ずかしい限りだ。







もちろん人によるだろうけど、仕事



ってそれぞれの能力にあわせて与え



られる「環境」を整えたならば、



それぞれが得意な分野で自らの力を



精一杯発揮しようと頑張れるものな



のだ・・・。






ハッキリ言えることは、うちの3人



の障がい者雇用の方は、



陰日向なく、人に見られている見ら



れていないにかかわらず、自らに与



えられた仕事を真面目にサボらずし



っかりやる、という点において、



ウチの職員の中で最も優れている3



人だと思う。



多分他の職員もそう思うんじゃない



かなあ。






人に見られている時だけ、やってい



るふりをしたり、誰もいなければ、



気を抜いてしまったり、そんな程度



の人間が自分自身だとつくづく思う。






どんな状況でも与えられたことをし



っかり真面目にやっていくという点



において誰よりも優れている彼らを



一般の我々はしっかり尊重して、そ



れぞれが光る場所でお互い頑張って



いくことできっといい職場になる。






職員同士の人間関係、コミュニケー



ションも気を遣うようになると思う。



彼らに乱暴な説明をしていたら伝わ



らないから、丁寧に説明をする。



それで分かってもらえれば、こちら



も一般職員同士でも丁寧な説明や指



導を心がけるようになる。







そして、上司にあたる人も、仕事を



細分化してとらえることができるよ



うになる。きちんとそれぞれにあっ



た仕事を振り分ければ効率もかなり



あがるのを実感できる。







障がい者雇用の方が、たとえ障がい



があっても、ありのままで頑張れる



環境を作ることができたら、



こんなにいいことはない。






その職場は、一般の雇用の人も含め



てみんなにとって働きやすい職場に



なるはずだ。





私が目指しているのはそこです。



なので一緒に働いている人たち全員



にどういう意図なのかを理解してい



て欲しいと思う。





色んな人の存在を認めてお互い尊重



することを学ぶことで、間違いなく



会社全体がよくなる。職員同士の空



気もよくなる。



だから、これからも可能な限り、障



がい者雇用を推進していきたいと思う。








以上☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、友人と話をしていて、



「あなたは結局何がしたいのかな?」



と問いかけられた・・・^^






この問いかけは本当に大事で、実は



いつも考えていることで。。。






その場は、「一体何がしたいんだろ



うね。目の前のことで精一杯」と



答えたのだけど、それは自分にとっ



ては2つの意味がある。






まずはそのままストレートに、本当



に目まぐるしく起きる様々な流れに



対応していかねばならないので、



いつも必死という意味。






もう一つは積極的な意味での目の前



のことで精一杯という意味。



それは、



自分にとって本当に大切なことは、



仕事において、結局「どんな事業を



やっていきたいのか」ということよ



りも、もっと大切なことがあるから。






それはこの人生において、自分とい



う人間が「どうありたいか」という



こと・・・






つまり誤解を恐れずに言えば、



人生において、どんな仕事をして、



どう生きるかということは、



自分にとっては二の次、三の次とい



ってしまう枝葉の部分なのかなあ。






それよりも、日々色んなことに



ぶつかる中で、



自分自身が「どのようにありたいの



か」が重要で、



別な言い方をすれば、仕事やその他



苦難に直面する中で、



どこまで「腹の据わった」人間に



なれるか。







ここが勝負処かなと思っているん



だよね。そういう意味では、



何がしていきたいのか、ということ



は乱暴に言えば何でもいいんだ;;






生きている時間の中で最も多く使っ



ているのは「仕事の時間」なのだ



から、前から言っているように、



「仕事」を通して自分が成長して、



腹の出た、じゃなくて笑、



腹の据わった、「ありよう」をどう



やって会得するのか、



そこに挑戦している、私であるの



で、だからこそまた頑張ろうと思う



んだよね。。。。







そういう意味で、この不等号が自分の



中では大事ってわけ^^





「何がしたい」<「どうありたい」



別な言葉で言えば、



「自我実現」<「自己実現」







以上☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。