前へ前へ

テーマ:

新聞のコラムにこんな話があった。

喜劇王チャップリンはインタビューで

 

「1番気に入った自作(映画)は」と聞かれると

「次回作」と答えるのを常とした。

 

 

んーー 素敵。

AD

ことば つくり

テーマ:

アナゴさんが盛り上がっているなか、

わたくし個人の恋も盛り上がっております、今日この頃です。


さて、彼女とひょんなことから、、、子作りのはなしの話になりましたとき、

いえ、けっして、そんな予定があるわけではないのですが、、、



世の中いっぱんが使っている「できちゃった婚」っていやだよねーって内容。

 

「できちゃった」っていうのが、過失、後悔などの意味を含むのが、未だ、馴染めないし。

 

しかし、お子ちゃまができたことを喜び、それがきっかけとなり、結婚して幸せって人も、やっぱり「できちゃった婚」にカテゴライズされるのかな、それって変じゃねー。

っていうか、されたくない。


ネットで検索してみると、「ダブルハッピー(2重に幸せ)」という言葉を使っている雑誌があった。



そこで、二人して考えた言葉が「授かった婚」

略して「サズコン」みたいなん、どうでしょ?


代わる言葉を普及していこうかと、、、

 

もしかして、もう、ある? もしくは、もっと素敵な名前がある?

教えてください。






AD

サウス・ポー

テーマ:

バイトの子が左利きだったので、はさみが切れないと言う。

たしかに、左手で右利き用はさみを切ってみると切れない。

知らんかったー!不便ね。

 

でもサウスポー って響き、なんかかっちょいいー

完璧な右利きなために左利きに憧れる


そんなとき、ふと疑問が、、、

ところでサウスポーって?

ポー? ポー 

ポーってマイケル・ジャクソン?

 

で、調べてみました。

英語でSouthpaw。

 

ん?

South とpawなん?

南?ポー!?

で、paw を調べたら、「手」

ま、マイケルのポーは間違えではなかったわけです。


で、southはというと、、

「シカゴ球場はピッチャーの左手 (left paw) が南向きになる位置にあったことから」とありました。


知らんかったー! 

 

ポーゥ シャラララ ポー 

フジロック思い出すわー 


ちなみに、後輩の勧めでトリビアの泉に出してみました。

AD

文章の話

テーマ:
サニスタの人たちの ブログ見てて 思ったこと。

みんな リズム いい。
言葉選びもうまい。


ものの本に 司馬遼太郎が 文章について書いてた。

昔の文章は筆者が筆を執り、口に出しながら 書いていた。

だから 読むときに リズムがいい。

それらの文は 朗読すると 筆者のリズムが甦り、臨場感がある。
と語っていた。


言うまでもないけど、司馬さんの文章と洞察力は感動する。

竜馬がゆく の 最後の場面で、心のなかを 刺すように鋭い風が吹き抜けた、感動の涙が流れた。


岡本太郎さんの文章も感動感動。

芸術は爆発なんだ~ぁ~Yo 的な感情のエネルギーそのまま剥き出しの言葉の文章。

沖縄文化論 と 沖縄写真集はお勧め


などと 国語が苦手だったのに 偉そ に言いました。