冬到来…でしょうか。
寒さも本格的になってきました。

それに伴い、乾燥もすすんできましたね。
ちょっと油断すると部屋の湿度も30%くらいになっていて…(ー_ー)!!

冬の室内、理想的な湿度は40%~50%だと言われています。
40%を切ると、インフルエンザや風邪のウイルスも活発になるそうです。
洗濯物を室内に干すとか、加湿器をかけるなどして気をつけたいものですね。

そして、室内だけではなくお肌の保湿ケアもしっかり!
IMGP3583.jpg
室内の乾燥で肌もパサパサになりがちなので、
ローションでたっぷり保湿を忘れずに!

通常の化粧品だと、ローションの後に乳液やオイルですが、
MIREY(ミレイ)はオイルの後にローションを押さえ込むようにつけると、
吸い込み感があって、肌がゴクゴク水分補給している感がありますよ(^^)b

ご購入をお考えの方は>>コチラからどうぞ

接骨院での対面販売の場合には、お肌の状態、ご希望に合わせてカスタマイズもできます。
その際にはあらかじめ【お問合せフォーム】よりご連絡いただけますようお願い申し上げます。
AD
酸素オイルが残り少なくなってきました。
IMGP4158.jpg

なので、そろそろ、使用感のレポを…

自分で使ってみて、これはいい。オススメできるオイルだ、って感じています。
まだ2か月くらいではありますが、肌のコンディションがいいように思います。

肌って、飲食とも大きく関わってくるし、ストレスや疲労とも関係があるので、
このところちょっと夜までの出勤も多かったし、子供たちの学校関係でバタバタしていたりするので、
ポツンと吹き出物が出てしまったりというのはありますが…(^^ゞ
以前と比べて変わったと思えるのは、【保水力が高まってきている感じ】

MIREYのエクセレントオイルによって期待されることは
肌のターンオーバーの正常化、バリア機能の正常化
それらを正常化することによって、シミ・しわ・たるみ・乾燥…などの悩みが薄れていくようになります。


一般に、表皮のターンオーバーは28日。
でも、、それは、20歳くらいまでの健康な肌の場合。

メイクをしたり、紫外線に長時間当たったりしてバリア機能が崩れ、
年齢を重ねていくにつれ、ターンオーバーのサイクルも乱れてきます。
30~40代だと45日、50代を過ぎると60日、60歳で80日…という文献もあります(^^ゞ
ターンオーバーは早すぎても肌トラブルの原因となります。
顔を洗いすぎたり、角質ケアのし過ぎには注意だそうです。

28日のターンオーバーのサイクルに近づけるようにもっていきたいところ。

使い始めてわずかではありますが、徐々にターンオーバーも正常化されつつあり、
バリア機能が正常化されつつあるのではないかな?というのは実感しています。
もう少し様子を見ながら、またレポしたいと思います。


ご購入いただいた方からも、
化粧水の吸い込みがよくなってきている感じがする
オイルだからべたつくかと思ったけれど、気にならなくて使い心地がいい
安心して使えるのがいい
というお声をいただいています。


IMGP4154.jpg

興味があるから試してみたい。
そういう声もいただいていますので、
MIREY体験・ご家庭でのケアの仕方などアドバイスさせていただきます。
フェイス用・ボディ用ともに1,500円にて(事前予約制)
お気軽にお問合せ、ご相談ください。

AD
先日受けてきた講習の中で、肌のことを改めて学んできたのですが、
もともと、あまり化粧っ気のない私、、、正直、化粧品についてはあまり詳しくはありません(^^ゞ

ただ、私の中で、化粧品=化学物質=肌には刺激物という考えが昔からあり、
使うとしても、できるだけ無鉱物油であるとか、パラベン不使用だとかは気にしていました。


講習の中でも言っていましたが、2~30年前、「敏感肌」だという人は少なかったと思います。
化粧品も特に敏感肌用というのはないに等しかったはずです。

が、なぜ、こんなに敏感肌の人が増えたのか。
アトピーも然り、かしら。

それはここ数十年の間…とくに戦後でしょうか。
身の回りの物に多くの化学物質が使用され始めたことが関係するのではないでしょうか。

食品や薬物以外にも食器洗剤、ボディシャンプーや石鹸、洗濯洗剤、柔軟剤の中にも
合成の界面活性剤という化学物質が含まれています。

化粧品もある意味化学物質。
本当はメイクもしない方がいいのかもしれません。
が、そうも言っていられないのが現状。

とあるマナー講座では、人前に出るときにはメイクをすること、ってなっていましたし…
それならすでに私はマナー違反!?(^^ゞ
脱線してしまいましたが…

メイクをするからには、クレンジングをしなくてはいけません。
メイクしっぱなしで眠ったりするとかなりお肌に負担がかかるというのはよく知られていますよね。

クレンジング剤もいろいろな種類があり、ローションタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、オイルタイプ…シートタイプもありますね。クレンジング剤はメイクをする女性にとって無くてはならないものでありながら、実は最も肌への負担が大きい存在だったりします。

なぜなら、メイク用品=油を落とすために、乳化剤をはじめとする界面活性剤がたくさん使われているから。
その乳化剤が、肌の脂分である皮脂まで落とし、肌バリアを壊してしまっているからです。
AD