サニードルフィンのブログ

元科学者の卵だった(素粒子物理学者を目指していたが大学院時代に挫折した)筆者が、科学(物理は除外)や進化心理学、エコなどをテーマに暇つぶし、もとい、多忙中に少しでも暇を見つけて書いていくブログです。
ちなみに、ときどきボケますのでご注意ください。


テーマ:
資源エネルギー庁によると、家庭で最も電気を使うのは、
1位はエアコン25.2%、2位は照明16.1%、(同位)冷蔵庫16.1%、
3位はテレビ9.9%だそうだ。
したがって、照明を節約すれば全体の約6分の1も節約できる
計算になる。

約6分の1の節約といっても、照明を完全に無くすわけには
いかないが、不要な照明はできるだけ消したほうがよいだ
ろう。

不要な照明の典型的な例が、廊下や階段の照明である。これら
は人が通るときだけ明かりが点いていれば良いのであって、
人が通らないときには不要である。

とは言っても、人が通るたびに自分で点けたり消したりするのも
面倒だし、消し忘れて昼間まで点灯したままになっているという
ことも起こってしまう。

そこで最近普及し始めているのが、人感センサー付きの照明で
ある。
人感センサー付きの照明であれば、人が通るときだけ点灯し、
人がいなくなると自動的に消灯する。また、昼間などの明るい
ときは人が通っても点灯しないので無駄がない。

とは言ってもこの照明のために電源ケーブルを新たに配線する
のは面倒であるが、電池式の人感センサー付きLEDランプなら
配線も不要である。
しかも、eneloopとソーラー充電器の組み合わせで利用すれば
電気代はタダになる。

というわけで、電池式の人感センサー付きLEDランプを探して
みたところ、以前もお世話になった三菱電機オスラムの、
SpyluxというLEDランプが目に入った。
三菱オスラムのSpylux

早速、Spyluxを5つほど注文して設置してみた。

Spyluxは下記の点で、他の同種のランプよりもお勧めである。

・(良質の)LEDを使用しているため電気消費量が小さい。
単4型乾電池3本だけで、通路の通行には十分な明るさになる。
単4型アルカリ乾電池3本で約100時間持つとされているが、
これは連続使用時間であり、断続的に使用する場合はもっと
電池の寿命が長くなる。
・固定具から本体をスライド式で簡単に取り外せるので、
災害時などのいざというときには取り外して懐中電灯代わり
に使用することができる。
(スイッチがOFF/ON/AUTOの切り替え式になっており、AUTOだ
と人感センサーが働くが、ONに切り替えると懐中電灯のよう
に点灯させることができる。ただし、ポケットに入るような
サイズではないので、携帯には適しない。)

しかし、実際に使ってみて、大きな欠点があることがわかった。

すなわち、Spyluxの点灯角度は上下に25度、左右に70度曲げる
ことができるが、左右はともかく、上下に25度までしか曲げら
れないのでは、階段や廊下を直接照らすことは難しい。
横方向ばかり照らし、下を照らせない、いわゆる「灯台下暗し」
の状態になってしまうのである。

$サニードルフィンのブログ

というわけで、廊下や階段の照明に適しているとは言えない。

(ただし、屋外に設置した物置など、電源ケーブルが通ってい
ない場所に設置しておいて、物置に入室すると自動的に点灯し、
あとはスイッチをONに切り替えて点灯しっ放しにして、用が済ん
だ後AUTOに戻すといった使い方をするには適していると思う。)


そこでさらに他の製品を探してみたところ、ECOPA(エコパ SL-601)
という製品が見つかった。

ECOPA エコパ SL-601

エコパ SL-601 は自由に下のほうまで向きを変えられるので廊下や
階段を照らすのに適している。

$サニードルフィンのブログ

$サニードルフィンのブログ

なお、エコパ SL-601 は単3乾電池4本を使用するが、実際に使って
Spyluxと比較してみた限りでは、Spyluxのほうが圧倒的に明るい。
Spyluxは単4乾電池3本しか使用しないのにずっと明るいので不思議で
ある。ただし、さっき言ったように灯台下暗し状態になるので、肝心
の階段や廊下はあまり明るくなく、無駄が多い。

その点、エコパ SL-601 は直接、階段や廊下を照らしてくれるので、
充分に役に立つ。


ちなみに、Spyluxもエコパも、もう何ヶ月も使い続けているが、最初
にセットしたeneloopがいまだに持ち続けている。
電池の持ちは、どちらも抜群にいいようだ。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サニードルフィンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。