ARTS&WORDS

本(主に小説)の感想、展覧会レビューが中心のブログ。
その他、料理のこと、おやつのこと、映画のことも書いています(^_^)


作品集を発売しています!!
『ARTS&WORDS #1』
1冊300えん。(試し読みもできます!!)

ブックカバーを配信しています!!
ブックカバー『えん』について。
(パソコンからのご利用をお願いします!!)

ズボラシアンもやってます!!
ズボラシアンのこと。
ズボラシアン(@zuborashian)をフォロー!!
ズボラシアンTシャツ

☆自作小説公開してます!!
『箱の中から羽ばたくトリ』
ブックス(縦書き)で読む。
パブ-(横書き)で読む。
朗読動画(ダイジェスト版)もあります。

自作動画『あさひ』を公開してます!!
動画『あさひ』について。

どうぞよろしくお願いします。


テーマ:
こんばんわ。
今日も1日お疲れ様でした。
台風の影響が大きい1日でしたね。


さて、私は『コンビニ人間』を読みました。
コンビニ人間 村田沙耶香
村田沙耶香さんの小説で第155回芥川賞受賞作です。

以前に読んだ『殺人出産』は冒頭ですでにぶっ飛んでました。
対して、この作品では最初のうちは普通の世界が描かれています。
主人公は古倉さんというコンビニ店員の女性です。
もうこの人はある意味ですごく仕事できる人で、
私なんかはこの人といっしょだったら楽だろうな、と思ってしまうくらい。
けれど、この古倉さんは店員ではない時間はちょっと変わった人で、
だんだんとおかしな方向へと話が展開していきます。

最初からおかしな人と認識されている白羽さん。
彼との関わりで物語は進んでいきます。
この白羽さん。
ものすごく変なことを言ってるんですよね。
縄文時代がどうのこうの、と。
けれど、極端なだけで、根本のところは当たっているような気がします。
太古の昔から、人間の集団の性質はほとんど変わりがない。
それと同じで、古倉さんが周りの人の喋り方を冷静に分析してるのも的を得ていると思うんですよね。
その喋り方は誰かの影響を受けている。

いったい、私たちはどれくらいの割合で自分自身でいられてるのでしょう。
誰にも影響を受けていない、純粋な私だけの感情、意志、感性。
ほとんどないのかもしれないですね。
普通ではないこと。
そのことに悩んでいる人は結構いるんじゃないかと思います。
そういう人が読んだら楽しめそうな本だと思いました。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

詳細はこちら。
コンビニ人間

関連記事。
『殺人出産』(村田沙耶香著)を読みました。

1週間頑張っていきましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。