2016/12/3&4 活動報告

テーマ:

12月最初の活動日は、1か月に1回でも参加したいと来てくださる遠方の方も久々にいらしてくださったり、初参加の方もいらしてくださったりで、両日とも参加者は5名でした。作業は多岐に渡り、スキャン前の土・汚れ落とし、洗い、スキャン、記念アルバム(冊子)の再製本などを行いました。

 

アルバムの再製本は、脆くなって破れていた本の中側(のど)に裏から補紙をあて、全ページを統合して背固めをしました。当初はいずれの冊子も全ページくっついて開けない状態でしたが、無事開いて読めるようになりました。このアルバムは、ある会社の表彰記念のアルバムなのですが、「昔表彰されてトロフィーをたくさん貰ったけど全部流されたの」と仰る方に参加者が出会ったことがあるそうで、もしかしたらその方のアルバムかな?と思いながら取り組んでいます。冊子の縁がカビで真っ黒になっているので、若干三辺裁断をし、さらに綺麗な状態で現地に戻す予定です。

 

また、先駆けて一冊、現地の返却場にアルバムを戻しました。参加者のひとりが作業中に偶然知り合いが写っているのを発見し、持ち主に繋がったアルバムです。5年以上経過しても、まだまだ持ち主さんに帰る写真があります。持ち主の方は週末アルバムを取りに伺い、現地のパソコンで他の拾得物のデータを閲覧されるそうです。他にも思い出の品が見つかるといいなと思います。

 

流山の活動は次回は10日と11日、土日ともです。細かい作業が増えていますが、周りと確認しあいながら進めたく思います。またよろしくお願い致します。

 


写真1. 会議室の窓からの風景(フィルター使ってみました)

AD

2016年12月 活動予定日

テーマ:

12月の活動予定日です。よろしくお願い致します。来年も引き続き作業予定です。申込フォームはこちら:http://goo.gl/LkMIox

 

・12月3日(土)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月4日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
・12月10日(土)10:00-17:00 @第4会議室(3階)
・12月14日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
・12月18日(日)10:00-17:00 @第2会議室(3階)
・12月23日(祝金)10:00-17:00 @第1会議室(3階)
・12月24日(土)10:00-17:00 @第2会議室(3階)

会場:流山市生涯学習センター3F
住所:千葉県流山市中110 (最寄り駅:流山セントラルパーク駅)
会場URL:http://nagareyama-shougaigakushucenter.jp/

 

被災写真洗浄活動@流山
(ブログ)http://ameblo.jp/sunnyblog/
(FBページ)https://www.facebook.com/guma.nagareyama
 

AD

2016/11/26 活動報告

テーマ:

26日の活動日は、いつも社内で参加者を募って来てくださる栃木の会社の方もいらっしゃって、二手に分かれて補修と、洗い・拭きを行いました。ボランティア活動が盛んな会社で、仕事でも東北にも頻繁に出張されているそうで、休憩時間には現地の話もいろいろ出来ました。補修はひとつのアルバムが終わり、次のアルバムへ。洗い・拭きのアルバムはもう一息。後日続きを行い、写真にこびりついた泥や汚れを溶かし落とします。

 

27日はお休みでしたが、「相馬野馬追」の甲冑競馬が、東京・大井競馬場で披露されるとのことで見に行きました。流山と所縁があり、1千余年伝わる行事で、威風堂々と騎馬武者たちが疾駆。現地でお世話になっている方や、参加者のお知り合いも出走しました。現地では、津波で馬も道具も甲冑も流されてしまった方もいらっしゃいます。洗浄する写真の中にはお祭りや行事などを写した貴重な写真を扱うこともあります。写真洗浄活動が、現地のことを知るきっかけにもなっています。

 


写真1. 気持ちのよい晴天で、写真も乾きやすかったです。

 


写真2. 甲冑競馬@大井競馬場

AD

2016/11/23 活動報告

テーマ:

23日は、スキャン前の拭きと、スキャン前の写真の並べ替えを行いました。
並べ替えの目的は、綺麗な写真を前の方に持っていくこと。持ち主さんが写真を眺める際に、損傷の大きな写真ばかり続くと気が滅入り、見るのをやめてしまうこともあります。アルバムに収納していた順番も考慮し、似たようなシーンごとに綺麗な順に並べ替えています。

 

この日扱ったのは、子供の成長記録のアルバム。作業しながら微笑ましく眺めました。この活動をしていると、素敵な写真に多く出会います。すべて白黒写真からなり、ほぼ全部表面同士くっついていましたが剥がし終え、クリーニング作業を行い、次回スキャンの工程に移ります。写真の裏面には名前なども書き込まれており、裏面もスキャンします。

 

その他、今回お預かりしたアルバムの中に持ち主の判明したものが幾つかあり、無事作業を終えました。先行して現地に発送し、持ち主の手元に戻る予定です。

 

次回の活動は11月26日となっています。12月の予定に、23日と24日を追加しました。久しぶりの方もぜひ。よろしくお願い致します。

2016/11/19&20 活動報告

テーマ:

19日、20日の主な作業は、アルバム詰め、補修、くっつき剥がしでした。

最終的に綺麗になった写真は、新しいポケットアルバムに詰めて現地にお戻ししますが、損傷が大きい写真や、カラーでベタつきやすい写真などは、画像保護を目的としてOPP袋に写真を入れてから詰めることがあります。

 

ポケットアルバムの表紙には、ご自身の写真を探しやすくするために代表的な写真を貼ったり、持ち主に繋がりそうな手がかり情報を抽出して記したり、長期間の保管にも耐えうるような製本にしたり、完成品の工夫も様々です。

 

今作業している大判アルバムは、当時地元の方やボランティアの方が大まかに土を払い、手がかり情報や、代表的な写真を表紙に貼り、返却会場で展示されていました。その後、現地で見開きで写真撮影をし、パソコン上で探せるようになり、返却活動が続いています。捨てられずに今も残っているのは、これまで頑張っていた多くの方々のおかげでもあります。

 

今でも多くの思い出の品が保管されていており、震災発生の年に散々探したのに見つからなかったのに、5年以上経って見つかって喜ばれる方もいらっしゃいます。ひとつでも持ち主の元に届くといいなと思います。