ハウスブレンドの日々のつれづれ

変形性股関節症と付き合いつつ、LCHPな生活を模索しております。
とっくに過ぎた、人生の折り返し地点。
一日一日を大事に暮らしていきたい、と思う今日この頃です。

2011年の変形性股関節症の手術後、長い長いリハビリ生活が始まりました。

その中で、巡り合った「糖質制限食」。

2015年2月からは、LCHP(Low Carbohydrate,High Protein)へ移行中です。
食生活をメインに、日々のあれやこれやを綴ります。


テーマ:

次男が大騒ぎの末、旅行に出かけ、当面は来るシニアライフのプレリュード。

 

階下の母、そしてダンナと私。

 

次男がいないのに、あ、ご飯は?、とか、お風呂入れたから、とか考えてしまう。

今まで、ずっとそうやって考えてきたから、思考の流れが無意識にそうなっているのよね。

そこで、ハッと気が付いて、ああ、いないんだ、と。

そのギャップに、ドキッとする。

 

だから、きっとそういう思考の流れ、クセが残っているうちは、不在を強く意識してしまって、空の巣症候群にもつながっていくんでしょうね。

 

思考のクセ、抜けるのも、やはり時間が必要かな~

・・・ん~、なんだかんだいっても、ちょっと今回、要注意だな。。。(^^;)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

次男も、この春、ようやく卒業、就職の見込み。

 

いや、本当にいろんなことがありました。

我が家の子育て・・・

もう、ありすぎて、何をどう書いていいのやら。。。(´・ω・`)

 

で、当の本人は、今日からお気楽、卒業旅行へ。

まあ、この経緯もあれやこれや、ありまして。

 

直前になっての、まさかの留年騒ぎ、資金不足に準備不足、あれこれ間に合わない、等々・・・

最後の最後まで、やらかしてくれて、こちらはもう、総白髪になりそうでした。

 

で、なんとか、本人、無事に出発して、私は、今は家に一人。

まあ、旦那は遅くには帰ってきますが。

 

いよいよ、その日がやってくるわけですね。

そのプレリュードという感じ。

 

次男がいると、イライラすることばかりで、早く出て行ってくれれば、と思ったり、口も利かない日々、夜型の行動パターンで、家族とすれ違う、家では食事をせずに、夜な夜なコンビニに走ったり・・・

 

どれだけ、ストレスなんじゃい!!、と思いつつも、その存在を当たり前として暮らしてきました。

 

そして、もうすぐ、自立。

家を出ていく。

ようやく、という思いと、ついに、という思い。

 

長男の独居に次いでの、第二章。

自立していってくれることを嚙み締めつつ、こちらもしっかり子離れしないといけません。

 

子育てのゴールは、自立させて、家を出すこと、そう思ってやってきましたが、いよいよ二人ともがそうなっていく、その時が具体的になってくると、やはり感慨深く、寂しい気持ちは拭えないですね。

 

長男の時もそうでしたが、またしばらくは変な感じでしょうけれども、慣れていくしかありません。

ここまで頑張った、自分も労ってあげて、これからの人生、前を向いて行けるようにしないと~!!

 

同じような思いの、お母さん達、きっと沢山おられることでしょう。

お近くなら、ご一緒にお茶でもしたいものだわ~~

(・・・我が家は、いろいろあって、学年がずれているので、いわゆるママ友は難しいのよね。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

義弟が、結局手術になり、先日無事に終わりました。

後は、予後の管理ですが、今のところは病院任せ。

いろいろ、思うところはあるものの、妹の心づもり如何なので、まあ、意見を求められたら、というスタンスで行こうと思っているのですが・・・

 

ここにきて、母が急に食餌療法に好奇心。

まあ、良いことではあるのですが。

でも、目先のこと、脈絡なくあれこれ聞いてくるので、正直、面倒。

 

今までに何度も糖質制限を進め、本を貸し、クリニックも紹介し・・・、こちらも手立てを尽くしたものの、拒絶されて。

挙句には、親族一同の面前で面罵されるという事態にもなり、完全に私としては手を引いた気持ちでおりました。

 

それが、何を思ったか、急にあれこれ聞いてくる。

妹が食餌療法に懐疑的で、受け入れないので、ならば自分が、と思ったみたい。

その辺の心理状況は、よくわからないのだけど。

 

でも、自分がやる、というのではないみたい。

あくまでも、妹の旦那の養生食のサポートをしないと、というつもりらしい。。。

 

いずれにしても、もはや面倒な話。

仏の顔も三度まで、というわけでもないけれど、今までの経緯を考えると、なんだか釈然としない。

 

とりあえず、いくつか本を渡して読んでもらっているけど。

 

「普通の人は、どうすればいいの?」

みたいに、聞いてくる。

あたかも我々ローカーボニストが、「普通の人」でないみたいなものの言い方。

まあ、確かに普通の一般的な人ではないかもね。

でも、あくまでも、自分の立ち位置が「普通」だと言うわけ。

 

パソコンの使い方の時も同じく。

「普通の人は、どうするの?」

はいはい、そりゃ、カスタマーに電話ですよ。

上に都合よく答えてくれる人が住んでいるわけではないですからね。

 

なんにしても、折り合いが悪いから、疲れることこの上ない。

人のものを羨ましがったり、欲しがったりする割に、努力をしない。

だから、うんざりするのよね。

努力をしたうえで、じゃあどうしたら、というならともかく。

年のせい、といえばそうなのかもしれないけど。

 

まあ、結局義弟の問題は、妹次第。

彼女が一生懸命やるのなら、サポートは惜しまないけど。

当面は、母の気まぐれに振り回されるしかないか~(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。