1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-20 15:40:39

『HOUSE VISION』開催中!

テーマ:展覧会・イベント情報
日本デザインセンター 原デザイン研究所主催の展覧会
『HOUSE VISION 2 2016 TOKYO EXHIBITION』が現在開催中です!


cover


無印良品、TOYOTA、Panasonicなど12の企業と
日本デザインセンターの原デザイン研究所が
コラボレーションした展示が一堂に集い、
「家」という生活の舞台を中心に
現代の暮らしのあり方を見つめ直します。



1



従来の家の形にとらわれない柔軟な発想と
大手企業の技術が組み合わさり、
新たな住まいの姿を提案する革新的な展示となっています。



2



この度は展示内容をまとめた公式図録を
サンエムカラーで印刷させていただき、
原デザイン研究所からアートディレクターの中村晋平さんと
デザイナーの北村友美さんが印刷立ち会いに来てくださいました。



立会



展覧会ではトークイベントも多く予定されており、
刺激的で充実した時間を過ごせること間違いありません!


興味を持たれた方は是非、会場に足を運びじっくりお楽しみください。




======================================================
『HOUSE VISION 2 2016 TOKYO EXHIBITION』

会場:   臨海副都心J地区
       〒135-0064
       東京都江東区青海2丁目1
       開催期間: 開催中~2016年8月28日(日) 
開催時間: 11:00~20:00(最終入場受付19:30)

======================================================
『HOUSE VISION 2 2016 TOKYO EXHIBITION』図録

発行:      株式会社美術出版社
編集デザイン: 原研哉+日本デザインセンター 原デザイン研究所
印刷:      株式会社サンエムカラー
仕様:      B5変型 192ページ
ISBN:      978-4-568-60046-9
定価:      2700円+税
======================================================


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-20 15:37:21

いかわあきこさんの個展開催予定!

テーマ:展覧会・イベント情報
注目の新鋭アーティスト、いかわあきこさんの個展
「孔雀・花・花火 みんなえがお そしてしあわせ」
の開催が迫ってまいりました!


いかわさんは、ダウン症の作家として
これまでに100点近くの作品を描かれ、
その鮮やかな色づかい、緻密な画法、
そして豊かな感性で見る者を魅了します。



cover



今回の展覧会に向けて作品集のほか、
ポストカード、缶バッチ、折り紙、
カレンダーなどのオリジナルグッズの
制作を企画段階からサポートさせていただきました。



postcard2



postcard3



当社から担当営業の横内とCDC事業部の山根が
いかわさんのアトリエを訪問し、作品集に掲載する写真の撮影や
作品の色合わせを行いました。



akiko1



akiko3



全てのデザインを当社制作室の山本が担当し、
印刷には1000線のスクリーンを使用して
作品の色彩の鮮やかさや細部の表現に努めました。


2017年1月には書家の金沢翔子さんとの二人展も予定されており、
こちらもオリジナルグッズの制作に向けて着々と準備を進めています。


是非とも展覧会場に立ち寄り、いかわあきこさんの
作品の世界観に触れてみてください。



postcard1



作品集には非売品プレミアムカード1枚(全4種)
がセットされていますので、どうぞお楽しみに!




===========================================
『孔雀・花・花火 みんなえがお そしてしあわせ』展

会場:   GALLERYフェーマス
       〒113-0021 
       東京都文京区本駒込3-20-3
       講談社フェーマススクールズ1F
開催期間: 2016年8月24日(水)~8月28(日)
開催時間: 10:00~17:00(最終日は14:00にて閉場)

===========================================
いかわあきこ作品集『あきこの四季』

著者:    いかわあきこ
発行:    株式会社サンエムカラー
デザイン: 山本麻樹(サンエムカラー)
印刷:    株式会社サンエムカラー
仕様:    A4変型 64ページ
価格:    2000円+税
===========================================

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-01 13:17:59

渋谷敦志 写真展 「回帰するブラジル」 開催中!

テーマ:展覧会・イベント情報
写真家 渋谷敦志さんの初めての写真集「回帰するブラジル」
の出版を記念して大阪西心斎橋の digmeout ART & DINER にて
写真展が現在開催されています!


cover


1999年に国境なき医師団主催のMSFフォトジャーナリスト賞を受賞され、
現在ではアフリカや中東、南米など多くの国々の情景を写される渋谷敦志さん。


学生時代に1年間滞在したブラジルで本格的に写真を始められた渋谷さんにとって、
ブラジルは今でも写真家の道を歩み続ける原動力となっている場所です。


tracks


世界各国を飛び回り、紛争や貧困に苦しむ地域で撮影を続ける中、
ブラジルに対する強い郷愁(ポルトガル語では「サウダージ(Saudade)」)
に時折見舞われるそうです。


horse


今回の写真集は学生時代に撮られた写真から
写真家としてブラジルを訪れて撮られた写真までを収録し、
渋谷さんのブラジルの旅をたどります。


kids


是非とも展覧会にお立ち寄りいただき、
渋谷敦志さんがブラジルに見るみずみずしい生を感じてください!


circus



=====================================
渋谷敦志 写真展 『回帰するブラジル』
会  場: digmeout ART & DINER
       〒542-0086
       大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目
       9-32 アローホテル B1
       http://digmeoutcafe.com/
開催期間: 開催中~8月7日(日)
開催時間: 日〜木曜日  11:30 ~ 24:00
        金曜日     11:30 ~ 翌1:00
        土曜日     12:00 ~ 翌1:00
定 休 日: 無休
=====================================
『回帰するブラジル』渋谷敦志 写真集
著者: 渋谷敦志
発行: 株式会社 瀬戸内人
装丁: 納谷衣美
印刷: 株式会社 サンエムカラー
製本: 新日本製本株式会社
仕様: B5変型 160ページ
ISBN: 978-4-908875-00-7
定価: 3,700円+税
=====================================

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-27 09:32:27

石内都写真展『Frida is』資生堂ギャラリーにて開催中!

テーマ:展覧会・イベント情報
人がこの世に残す痕跡、時間とともに変化する衣類や皮膚などを
コンセプトに活動される写真家 石内都さんは、
広島原爆で被爆した衣類を写したコレクション「ひろしま」などが
国際的に評価されている著名な写真家です。


そんな石内さんは2012年にフリーダ・カーロ博物館から依頼を受け
メキシコを代表する女性画家 フリーダ・カーロの没後50年を経て
初めて公開された遺品を撮影。


このときの写真の中から31点が展示される石内都写真展 『Frida is』が
資生堂ギャラリーにて現在開催中です。



corset & skirt



鮮やかで生命力あふれる絵画の背後で送っていた、
苦悩や悲しみの多い人生を終えてフリーダが残した数々の遺品は
石内さんのレンズを通して大きな存在感をもって見る者に語りかけます。


フリーダが身につけていたドレスやコルセット、
使用していた薬品、幼少期に患ったポリオで
長さの異なる足を揃えようと左右のヒールの高さを変えた靴。



corsets



medicine



heels



自然光の中で静かに配置された遺品からは
最後まで力強く生きようとした一人の女性の姿が浮かび上がります。


また、今回の展覧会でも一部作品が展示される
石内さんのコレクションによる写真集『フリーダ 愛と痛み』を
当社で印刷させていただきました。



front cover



一面に美しく広がる写真はフリーダが残した形あるもの、
そして手で触れることのできない彼女の愛や情熱を
鮮明に伝えてくれる写真集です。


是非とも展覧会と写真集、共にご高覧ください。




==================================================================
石内都写真展 『Frida is』

会  場: 資生堂ギャラリー
       〒104-0061
       東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
       https://www.shiseidogroup.jp/gallery/index.html
会  期:  開催中 ~2016年8月21日(日)
会館時間: 平日 11:00~19:00 / 日曜・祝祭日 11:00~18:00
休 館 日:  月曜日 ※月曜日が祝祭日にあたる場合も休館

==================================================================
石内都写真集 『フリーダ 愛と痛み』

著者: 石内都
発行: 株式会社 岩波書店
印刷: 株式会社 サンエムカラー
     プリンティング・ディレクター 谷口倍夫(サンエムカラー)
仕様: A4変型 112ページ
ISBN: 978-4-00-061132-9
定価: 3,800円+税

==================================================================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-21 11:49:36

三菱一号館美術館『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』開催中!

テーマ:展覧会・イベント情報
世界6カ国を巡回中の写真展
『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』が
東京の三菱一号館美術館にて開催中です!


front cover


娘にプレゼントされ48歳で初めてカメラを手にした
ジュリア・マーガレット・キャメロンは
写真の芸術的可能性を追求した革新的な撮影法で知られる、
イギリスのヴィクトリア時代を生きた女性写真家です。

あえて焦点をぼかし、ネガに傷をつけるなどして
独自のやわらかく幻想的な世界観を演出しました。


no. 1


また、露光時間を長く取っていたため、
被写体の微細な動きがフィルムに反映され、
まるで呼吸しているかのような印象を与えます。

当時は斬新な彼女の手法に対する批判の声もあった一方、
その美しさに魅せられる人も多くいました。


no. 2


現代では写真界の新たな道を切り拓いた
重要な人物として広く認識されています。

今回は展覧会の公式図録の印刷を
サンエムカラーで担当させていただきました。

校正や印刷の微調整を念入りに重ね、
写真のディテールやニュアンスを忠実に
再現した作品に仕上がりました。


no. 3


150点を超えるキャメロンの作品の他、
彼女の作家活動や生き様に関する記載も豊富で、
展覧会後もじっくりお楽しみいただけます。

展覧会で写真を楽しまれた後、
図録もお手に取ってご覧ください!



=======================================================================
『From Life - 写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展』

会  場: 三菱一号館美術館
       〒100-0005
       東京都千代田区丸の内2-6-2
       http://mimt.jp
    
会  期: ~2016年9月19日(月)
       10:00~18:00(金曜日、第2水曜日、会期最終平日は20:00まで)
       入館は閉館の30分前まで
休 館 日: 月曜日(但し、祝日の場合と9月12日は開館)

入 場 料: 【当日券】 一般      1,600円
              高校・大学生 1,000円
              小・中学生    500円
       【前売券】 一般      1,400円

       ※【アフター5女子割】
         第2水曜日17時以降 当日券・一般(女性のみ)1,000円
         他の割引との併用不可
=======================================================================
『From Life - 写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展』 
図録

発  行: 三菱一号館美術館
デザイン: 平野昌太郎
印  刷: 株式会社 サンエムカラー
仕  様: A4、224ページ
=======================================================================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-20 16:05:56

【速報】『第2回文化財保存・復元技術展』にて出展中です!

テーマ:展覧会・イベント情報
一般社団法人日本能率協会主催の『文化材保存・復元技術展』に、
方丈堂出版様と共同でブースを現在出展させていただいております。


no. 1


期間中に近くにいらっしゃる方は是非お立ち寄り、
文化財の次世代への継承を支える現代の技術を体感してください!



no. 2



================================================================
『第2回文化財保存・復元技術展』

会 場: 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1~3ホール
      〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
会 期: 開催中~2016年7月22日(金)
時 間: 10:00~17:00
入場料: 3000円(事前登録者は無料)
      ※下記より事前登録いただけます。
      https://mentesst-bms-reg.smktg.jp/public/application/add/480?lang=ja
U R L: http://www.jma.or.jp/bunka/index.html
================================================================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 10:01:27

MIHO MUSEUMにて『極 大茶の湯釜展 -茶席の主-』開催中!

テーマ:展覧会・イベント情報
『極 大茶の湯釜展 -茶席の主-』が
MIHO MUSEUMにて現在開催中です。

茶の湯釜研究家であり東京藝術大学大学美術館教授の
原田一敏先生監修のもと、室町時代から江戸時代を中心に
幅広い年代を代表する茶の湯釜の他、
梵鐘や鰐口などの関連品も展示されています。

また本展は重要文化財指定の茶の湯釜、全9点が
初めて一堂に揃う大変見ごたえのある展覧会です。


front cover


今回の展示に伴い淡交社様発行、
当社印刷の図録が完成いたしました。

実は今回の図録は、製版の段階から
印刷に大変力を入れた作品です。

原田先生の長年の研究を通して集められ、
撮影状況や年代の異なる画像の統一を図った画像修正を通して、
ひとつの書籍としてお楽しみいただけるように仕上がりました。


tea kettle


茶の湯釜のディテールをあらゆる角度から
ご覧いただける美しい画像とその背後にある
奥深い歴史や文化の解説で充実した内容となっています。


painting


時代とともに変化しながら守られてきた日本の美意識と伝統、
そして遊び心のある茶の湯釜を是非とも実物でお楽しみください!


=================================================================
『極 茶の湯釜 -茶席の主-』

企画・編集: MIHO MUSEUM
監   修: 原田一敏
発   行: 株式会社 淡交社
仕   様: B5変型・ソフトカバー・338頁
定   価: 2,315円+税

=================================================================
『極 大茶の湯釜展 -茶席の主-』

会  場: MIHO MUSEUM
      滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
       http://www.miho.or.jp/index.htm
会  期: 開催中 ~ 2016年7月31日(日)
開館時間: 10:00~17:00(入館は16:00まで)
休 館 日: 月曜日 ※ただし7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)は閉館
入 館 料: 一般 1100円(900円)
       高・大生 800円(600円)
       小・中生 300円(100円)
       ※( )内は20名以上の団体料金です。
=================================================================
2016-07-07 11:05:10

大原治雄写真展『ブラジルの光、家族の風景』開催中!

テーマ:展覧会・イベント情報
ブラジルではすでに重要なアマチュア写真家として
広く認識されている大原治雄さん(1909-1999年)は、
1927年に高知からブラジルに移住し、パラナ州ロンドリーナで
開拓した農園を経営しながら家族や身の周りの風景を
写しながら日々の記録を残していきました。

日本での展覧会に伴い写真集の印刷を
当社で担当させていただきました。


front cover


やわらかい光のなか撮られたモノクローム写真は
懐かしい時代の風景や生活を写しながらも
古さを感じさせないみずみずしさと豊かな表情で
不思議な魅力を持ち合わせています。


Pedro


ブラジルの太陽の下で、時にはユーモアを交えて写された
場面は大原さんの妻や子供たちへの愛情に満ちており、
日常の中のささやかな喜びや美しい瞬間を見出しながら
丁寧に生きる姿が窺えます。


farmwork



NHK Eテレの「日曜美術館」にてご紹介されてから、
日本でも徐々に知られるようになってきた大原治雄の世界を見に
是非とも展覧会まで足を運び、図録もお手に取ってご覧ください!


sunrise




============================================
大原治雄写真展『ブラジルの光、家族の風景』

会場: 伊丹市立美術館
    〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
    http://artmuseum-itami.jp/
会期: 開催中 ~2016年7月18日(月・祝)
開館時間: 10:00~18:00(入館は17:30まで)
休 館 日: 月曜日(7月18日は開館)
入 場 料: 一般 700(600)円
      大高生 350(250)円
      中小生 150(100)円
      *( )内は20名以上の団体料金
============================================
大原治雄写真展『ブラジルの光、家族の風景』

会場: 清里フォトアートミュージアム
    〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545-1222
    http://www.kmopa.com/
会期: 2016年10月22日(土)~2016年12月4日(日)
開館時間: 10:00~18:00(入館は17:30まで)
休 館 日: 火曜日(祝日の場合は開館)
入 場 料: 一般 800(600)円
      学生 600(400)円
      中高生 400(200)円
      *( )内は20名以上の団体料金
============================================
大原治雄写真集『ブラジルの光、家族の風景』

発行: サウダージ・ブックス
印刷: 株式会社 サンエムカラー
仕様: B5・ソフトカバー・176頁
ISBN: 978-4-907473-07-5
定価: 2,900円+税
============================================
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-01 10:36:56

『二十一世紀版 薔薇刑』がADC賞にて受賞しました!

テーマ:印刷作品アーカイブ
写真家 細江英公さんの名作『薔薇刑』を現代に復刻した
写真集『二十一世紀版 薔薇刑』の美しい装幀・デザインが評価され、
Tokyo ADC賞2016にて見事「原弘賞」を受賞しました!


front cover


作家の三島由紀夫をモデルとし、独創的な世界観をもつ『薔薇刑』は
1963年に刊行された初版から日本国内に限らず、
海外からも高く評価されてきました。

三島由紀夫の生誕90年、没後45年を記念して刊行され、
浅葉克己さんのデザインで一新した今回の二十一世紀版には
原作未発表の写真が5点も収録されており、
大変見ごたえのある内容に仕上がっています。

また外装の箱には、新版のために浅葉さんが特別に制作された
「薔薇刑」の文字が大きく飾られています。


box


印刷では、作品の深みと奥行きを表現すべく
何重にも墨やグレーのインキを重ね、
オフセット印刷でグラビア印刷の質感を再現した
当社独自の印刷技法〈グラセット・エフエム〉を使用しました。


Yukio Mishima


これまでの刊行版とまたひと味違う魅力ある
『二十一世紀版 薔薇刑』を、是非とも皆様にもお手に取り
お楽しみいただきたいと思います!



==================================================
『二十一世紀版 薔薇刑』

著者:    細江英公
被写体:   三島由紀夫
序文:    三島由紀夫
発行:    丸善株式会社
造本構成: 浅葉克己
印刷:    株式会社サンエムカラー
        グラセット・エフエム摺師 松井勝美
仕様:    A3変型 104頁
ISBN:     978-4-908578-00-7
定価:    60,000円 + 税
==================================================
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-17 10:40:27

福本潮子作品集『藍の青』第50回造本装幀コンクールにて受賞!

テーマ:受賞関連ニュース!
藍染め作家 福本潮子さんの40年にもわたる作家活動の集大成『藍の青』が
第50回造本装幀コンクールにて「出版文化国際交流会賞」を受賞しました!


front cover


コデックス製本の背表紙には福本さんご自身の作品「青の儀式」を
裏打ち・断裁して使用しており、作品集そのものがひとつの作品として
存在感を放ちます。


spine


一貫した作品づくりのテーマであり、福本さんが美しい発色を常に追求されている「藍色」。

今回の作品集にもやはり「藍色」の美しい印刷表現が求められ、
念入りな校正や印刷立会を重ねて皆さまのお手元に届けられていています。


stars


更に、デザインを手掛けられたデュウェル八木智紗さんは
この「藍色」を見る人の潜在意識に忍びこませる工夫をされており、
一見墨に見える文字にも実はほんのり青がかったグレーが使用されています。

他にもここでは紹介しきれないほど、印刷から製本まで、
多くの関係者の方々の思いやこだわりが詰まった作品集に仕上がりました。

過去のブログでも作品集をご紹介していますので、
より詳しく知りたい方は是非とも下記リンクよりご覧ください!

福本潮子作品集「藍の青」



========================================================

『藍の青』

著  者:   福本潮子
発  行:   株式会社赤々舎
デザイン:  デュウェル八木智紗
印  刷:   株式会社サンエムカラー
仕  様:   A4変型 コデックス製本 224頁
I S B N:    978-4-86541-027-3
定  価:   8,000円 + 税

========================================================

造本装幀コンクールについて詳しくは下記のURLをご参照ください。

http://www.jbpa.or.jp/zohon/zohon-index.html

========================================================
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。