築地市場移転問題

テーマ:

今日は豊洲市場移転問題について考えてみたいと思います。本当言いますとあまり関心がないので詳しくは知りませんが、少しだけ移転問題の解決方法について考えてみたいと思います。下に問題点をまとめてみました。 

移転問題

 まず、本来の問題は市場の所在をどこにするかという事です。これには3つの選択肢があると思います。築地に残すか、豊洲に移転するか、他の候補地を探すかです。まず、築地の選択肢を見るとここでは東京オリンピックの開催の為に、道路建設の為に必ず場所の移転が必要だと思います。ですので、築地で継続する事は厳しそうです。次に他の候補地を探すにも場所、時間的、流通の制約である程度は厳しいのが分かります。では、豊洲を考えてみますと土壌汚染の問題が完全に払拭出来るまでは安心して利用する事が出来ません。

 

 

この3つの選択肢の中で必ず移転しなければならない築地だけはオリンピックの選手村など全て検討し直さなければならない事と元々老朽化が進んでいましたので、可能性が最も低い事が分かります。では、少し問題を掘り下げて考えてみたいと思います。最近少し耳にしましたが、豊洲よりも築地の方が汚染されている為に豊洲の方が良いという意見を聞きますが、その論理はおかしいと思います。もし、そうであればどちらも安全でないというだけです。

 

 

では、豊洲の土壌汚染は本当に安全なのでしょうか。もし、豊洲の地下水でなく、豊洲の場所から3メートル離れた場所に同じように汚染された場所があるとしたら、豊洲を完全に安全で安心だと思えるでしょうか。私だったら怖いと思います。まして地下であったらなおさら怖いです。現時点で全く問題がないように思えたとしても、今後何かの影響があるのではないかと思うのが普通の感覚だと思います。

 

 

ただ、もし完全にそこの水が豊洲市場に問題がないという事を証明出来ればある程度譲歩出来る(せざる得ない)と思います。それには、今後豊洲の汚染された地下水を浄化する為の施策が施されていき、現在の地下水が市場に影響が今後も一切ない事を専門家が証明する事が出来れば良いのではないでしょうか。または、一切影響がないような施策を、現在の状況と今後の改善状況を専門的な知識から専門家が証明をして、それを国民が判断出来る公の場で発表すれば良いのではないでしょうか。また、現時点だけでなく今後定期的に安全度の測定値を発表するようなルールが設定する必要もあるように思います。

 

 

次に他の候補地を探すという案ですが、時間的には相当に厳しいと思います。ただ、豊洲で今後の安全を確実に証明できない場合には他の候補地を早急に探すという案しか残っていないと思います。どちらにしろ、全ての可能性について時間の目標を持って仕事を進めなければ、このままでは何も問題の解決に至らないと思います。

 

 

AD

今日は散歩にゴーの日

テーマ:

散歩するの好き?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
 
3月25日が散歩にゴーの日は無理やり過ぎじゃないかな。サンリオにゴーでも、サンシャインにゴーでも、サンマルクにゴーでも良いじゃん。
AD
As I introduce before, I would like to introduce some pictures of Cambodia today. When I live in Thailand, I went to Cambodia four times. As you might know, the most famous place in Cambodia is Anchor-Wat.



以前、紹介しましたように、今日はカンボジアのいくつかの写真を紹介したいと思います。私がタイに住んでいた時に、カンボジアには四回いきました。皆さんもきっとご存知のように、カンボジアでもっとも有名なスポットはアンコールワットです。



Most tourists must visit the Anchor-wat. I also visited there when I went there for the first time. But I did not go next three times. This is because tourists need to get up early morning.



殆どの旅行者はアンコールワットに訪問すると思います。また、私も最初にカンボジアに行った時にはアンコールワットにいきました。ただ、朝早くおきなければならないので次の3回は行ってないです。



One of famous sightseeing is to see the Anchor Wat in the early morning. Most tourists visit there by Tukutuku which is a kind of the bike taxi. There are a lot of driver of Tukutuku in Cambodia.



アンコールワットをみる一つの醍醐味に早朝の景色を見るというものがあります。殆どの旅行者はトゥクトゥクと呼ばれるバイクタクシーに乗って朝早くにそこへ行きます。カンボジアには多くのトゥクトゥクの運転者がいます。



They ask and suggest us to go there. If we accept their offer, they tell us that they will come to our hotel at the 5a.m. next day then they bring us to the Anchor Wat. Actually it was so beautiful but I didn’t want to go again. This is because I have to get up early and walk for a long distance for sightseeing.



そして、彼らは旅行者にそこへ行くように尋ねてきます。彼らの提案を受け入れると、次の日の早朝の5時にホテル前に迎えにきて、アンコールワットに連れて行くといってきます。正直、朝のアンコールワットの景色は最高に綺麗です。ただ、朝が早すぎるのと凄く歩かないとならないので二度は行かなくて良いとは思ってしまいます。



But if you go to the Cambodia, you should visit and see them in the early morning. Also I have to say one thing that when you go to the Anchor Wat or Anchor Tom, some persons ask you to guide there. But you should refuse their offer. After the guide, they must request you to give a lot of money.



ただ、もしカンボジアに行くのならば絶対に早朝にアンコールワットは訪問した方が良いと思います。また、一つ言っておきたいのは、アンコールワットやアンコールトムなどにいくと少年などがガイドをしてやると寄ってきます。後から滅茶苦茶な金額を請求してきますので、こういうのは断った方がいいです。





アンコールワットの登頂付近




あまり見えないけどアンコールワットと自分




早朝のアンコールワット





首都シュムリアップへ

AD

私の大親友

テーマ:
私は約3年前にタイで就業を終えた後に、アフリカに行って来ました。私はオーストラリアに住んでいた時代にアフリカ人の夫婦とシェアメイトをしていました。ちなみに旦那は大学院の同級生でもありました。その彼らがタイで就業を終えた後に、遊びに来ないかと誘ってくれたので、言葉に甘えて彼らの家に滞在させてもらいました。今日は、その時の事ではないのですがオーストラリアにいた時に書いた少し以前のブログを紹介します。




今日は私のベストフレンド(親友)を紹介します。以前にも紹介しましたが、彼は私のオーストラリア時代のルームメイトでもありクラスメイトでもありました。



彼は奥さんと同じ部屋に住み、私は一人で自分の部屋に住んでいたのですが、その家自体がそんなに大きいという訳でもありません。私の部屋が6畳くらいで彼らの部屋が8畳くらい。それに10畳くらいのリビングダイニングといった感じです。



日本ならそれなりの大きさかもしれませんが、あちらでは小さい方です。私たちは食事前に殆ど毎日のようにワインを飲んで談笑をしていました。この時間は私にとっては本当に大切な時間でした。ちなみに、彼は私の通っていた大学院で最も優秀な生徒で、彼は私の英語の先生でもありました



私と彼らカップルは一日おきに食事を順番に作っていたのですが、彼らはまた美味しい料理を作ってくれました。それらのビデオは下で紹介します。彼らはインド料理、中国料理にフランス料理など様々な料理を作ります



彼らは私の英語の先生というだけでなく料理の先生でもありました。そんな彼らのお陰で私のレシピも増えました。今でも彼らに教えてもらった料理はよく作りますし、こちらに帰ってから本場のレストランに食べに行った事もあります



最後に一つだけ言い訳をさせていただきますと、この時は完全にプライベートですので親族意外に見せるという感じで作っていません。その辺りの可笑しさを感じていただければ嬉しいです。





追記
彼らとは殆ど毎晩のようにホワイトワインを飲んで談笑をしていたと書きましたが、3.11の津波が起こった時にも私は彼らと部屋をシェアしていたのですが、その後は黙祷の意味をこめて私は1月近く禁酒をしました。彼らも同じ期間禁酒に付き合ってくれた良い奴らです。


こじんまり、一人ザッポス

テーマ:

 伝説の靴屋さんザッポスをご存知でしょうか。靴を売っているネット通販会社なのですが、企業文化を評価され830億円という破格でAmazonに買収されました。私もザッポスの企業文化は好きです。ただ、ルール重視の日本で真似するのは難しい部分があると思います。ザッポスの詳細はここでは紹介しませんが、ザッポスの仕事場の写真を少し紹介します。

 

 

 

 

 

仕事場とは思えませんよね。どう見ても子供の遊び場に見えてしまいます。ワクワクしそうな職場です。現在、私が一日の多くの時間を過ごしている仕事場がありますが、私は全くザッポスを真似ようとか、考える事も殆どなかったのですが、さっきふと自分の仕事場を見て心のどこかで近づきたいと思っているのではないかというという考えが沸きました。もちろん、ザッポスのような盛大では全くないです。私が毎日多くの時間を過ごしている仕事部屋がこんな感じです。

 

PCモニターの下にバリの猫人形と象のティッシュケースが見えませんよね。

 

棚の上には友達からもらった海外のお土産やお守りなど

 

本は全てビジネス書です。300冊以上あります。

 

本棚の上のものの解説

 

ザッポスというよりも、息子がいつか遊びに来てくれるのを望んでいるのかもしれません。こんな部屋に中年オジサンが一人で働いているのって怖いですかね^^;