少しずつ生活に慣れてきた

テーマ:

 本当に最近は少しずつ暑さに慣れてきました。最初の1週間は本当に暑くてたまらないと思っていました。少し動いただけで汗がダラダラ出ました。そして、夜は暑さで全く眠れず、中国語が読めないのでタイマーを使えずクーラーを付けっぱなしで寝て、翌日は腹を壊しているという感じの1週間でした。ちなみに、クーラーが良い感じの温度に出来ず凄く寒いか全く寒くないかの温度設定しか出来ないのが悲しいです。

 

 

ただ、現在は暑さにも少しずつ慣れてきました。動けば汗はかきますが、以前ほどではありません。そして、夜もクーラーなしで寝る事に慣れてきました。夜クーラーの寒さで起きる事も、クーラーがなくて暑くて起きる事も少なくなっています。

 

 

ただ、まだ日常生活はいつも通りという訳ではありません。私が日本にいた時には、毎晩10時に寝て、毎朝4時に起きて、朝ごはんと昼ごはんだけを食べて晩御飯を食べないという生活を4年近く続けていました。

 

 

台湾に来てからも晩御飯はあまり食べていません。時々、食べる事はあります。ちなみに、日本にいた時と同じように金・土曜日だけお酒を飲むのですが、先週は金・土曜日ともに酒を飲むつもりではなかったのですが、なぜか両日ともに飲んでいました。体が習慣づいているのか?なぜだろうか?

 

 

そして、睡眠は結構取っていると思います。仕事がある為に、夜10時に寝るのは絶対に不可能なのですが、なるべく11時に寝るようにしています。その癖に6時にタイマーを掛けていますので、7時間も寝ています。体が慣れるまでと思って少し長めに寝るようにしていました。

 

 

以前は朝の時間を凄く有効だと感じていましたが、今は一日が凄く短いように感じています。少しずつ起きる時間を早めにずらしていきたいと思います。

 

 

また、私の毎年のノルマのビジネス書をあまり読んでいません。ここにも何度も書いていますが、私は毎月10冊くらいのビジネス書を読んでいます。昨年は200冊以上のビジネス書を読みました。その前の年もその前の年も100冊以上読んでいました。今年は6月の時点で60冊は読んでいたと思います。ただ、7月に入ってからは殆ど読んでいません。今年も何とか100冊は読みたいと思っています。

 

 

日本を出る前には多くのビジネス書を持っていこうと用意をしていたのですが、結局は荷物が多くなり殆ど持ってくる事が出来ませんでした。ただ、Kindleには120冊のビジネス書が入っています。

 

 

ちなみに、以前にも書きましたが、私のKindleの中に入っている120冊の本の殆ど全てがビジネス書です。ただ、なぜか完全に酔っ払った時に買った「加藤鷹のエッチな人生学」という本が1冊入っています。朝起きてなぜ買ったんだと驚いた覚えがあります。

 

 

そして、半年くらい読む気になれずに放置していまして、半年後に47%まで読み進めましたが、1年以上経って未だに残りの部分は読んでいません。書いてある内容は普通に悪くなかった印象がありますが、特別読む気になれずに放置しています。

 

 

今年も少しずつですが、ビジネス書を読んでいきたいと思います。今年末までには100冊以上のビジネス書を読んでおきたいです。

 

 

AD

流れ流れてアフリカへ

テーマ:

流れ流れてアフリカへ5月2日の日記を書こう ブログネタ:5月2日の日記を書こう【GW特別企画!日記を1日書くごとに抽選会に1回参加できる】 参加中
本文はここから





前回の続きで、私がアフリカに行った時に書いたブログになります。


私は5年くらい前からオーストラリアで2年半過ごしました。その後に日本に一時的に帰国をして、次にタイに渡って働きながら1年半をタイで過ごしました。そのタイでの就業を終えて




今はアフリカのセイシェルで転職活動を行っています。オセアニアで2年半、アジアで2年、そして次にアフリカで生活となったら嬉しいです。そして、この5年間の間に15カ国くらいを渡っています。




本音を言えば、そろそろ安定した生活をしたいと思っています。ただ、プライベートな事ですが私は色々と複雑な状況に一方的に巻き込まれているようなので、特別に日本でという気持ちもありません。日本を嫌いで言っている訳ではないです。日本ではネイティブですから言葉の壁は全くありません。




ただ、海外でもそこまで大きな言葉の壁を感じる事もありませんし、生活や習慣や性格の壁もあまり感じる事もありません。自分の性格的にどこでも暮らす事が出来ますし、何でも食べる事が出来ます。そうであれば、自分が本当に住みたいと思える場所や環境で、何のしがらみもなく生きていきたいと本気で思います。




また、海外で生活をする事で学べる事が本当に多くあります。その地域、国によって全く違った価値観や人生観があります。そのような物に多く触れたいと思います。オセアニアにはオセアニアのアジアにはアジアのアフリカにはアフリカの価値観があるでしょう。今後そういう物に多く触れて生きていければと思います。


セイシェルの空港で、息子へのビデオレターです。


AD

アフリカにいます。

テーマ:

5月1日の日記を書こう ブログネタ:5月1日の日記を書こう【GW特別企画!日記を1日書くごとに抽選会に1回参加できる】 参加中
本文はここから



ややこしい題名ですいません。これは数年前に書いたブログです。以前にも紹介しましたが、私はタイで就業を終えた後にアフリカにあるオーストラリアの大学院時代の友達の家に2~3週間滞在させてもらいました。その時に書いたブログを今日から3回分紹介させてもらいたいと思います。ちなみに、その友達は世界で一番性格の良い奴です。




今はアフリカの国に来ています。正直、最高に良い場所です。この国では、最高に綺麗な景色を見る事が出来て、人も凄く親切です。少し前まではタイにいましたが、ここでの生活は全く違った生活です。





本当に全く違った国なので、この国とタイと日本とどこの国が良いという事が全く出来ないけど、この国にはこの国の魅力がたくさんあり、アジアの国にはアジアの国の魅力があるという感じです。





きっと、ステーキとチョコレートケーキはどちらが美味しいといわれても、全く違う食べ物だから比べようがないというのと同じで、この国とアジアでは比べようがないという事は思います。





ただ、私が住んでいたバンコクや出身地の東京では絶対に味あう事の出来ない生活がここにはあるという事だけは思っています。本当に良い所です。今は、職を見つけてここに住み続けたいなって思っています。




下は息子に宛てたビデオレターです。



これは私がメインの横にある2番目に大きな島に行って転職活動をした時に撮影したものです。

AD

 ここにも何度か書いていますが、私は現在までに凄く短期もあわせると色々な仕事を経験しています。現在までにした仕事は、博打台の調整、競馬予想屋のアシスタント、農家、焼芋屋、甘栗屋、冷凍庫内で荷物整理、飲み屋、新聞屋、そして、前職のFujitsuをはじめ3社の一部上場企業と1社の二部上場企業でも働いた事があります。そのうちに、上で紹介した仕事の内容について以前のブログをアップします。

 

 

以前にも書きましたが、私は大学を卒業してから脳出血の後遺症を抱えていましたので、大学卒業後はまともに働く事が出来ませんでした。体を治す事を目的に本当に色々なアルバイトや派遣を経験しました。

 

 

数年して少しずつ体が治ってきましたので、大学卒業後は営業で全く使い物になりませんでしたから、悔しさから再度営業の仕事に挑戦しまして4社でトップ営業になる事が出来ました。その当時は、まだ声を掛けてくれる人もいましたので、条件がよければそちらで働くという具合に働いていました。その後に自分で独立しても稼げる自信が出来ましたので、NTT販売代理店をさいたま市で始めました。

 

 

その経営していたNTT販売代理店もさいたま市で一番売上の高い販売代理店でした。そして、これだけは誇りに思っているのですが、私が代理店を経営している最中に自分の会社が原因でクレームを付けられる事は殆どありませんでした。本当に気を使って営業をやっていました。

 

 

ただ、営業をしていると必ず数字が付きまといます。私は負けず嫌いですので、人と比べられると負けたくないと思ってしまいます。もちろん、私がトップ営業になった時には、同じ会社に以前のトップ営業がいましたから、その人相手には一番気を使っていました。ただ、もう少し穏やかな気持ちで仕事をしたいと考えて、もう営業はしたくないと思いその当時から現在まで営業以外の仕事をしています。

 

 

少し前には英語を教えていた事もあります。とても優秀な高校生と中学生の姉弟が生徒にいて、お姉ちゃんは英語で平均点を採った事がありませんでしたが、うちに通った半年後には100点を取り、そこからほぼ90点以上の点数を取り続けていました。弟もテストで一桁を採ったからとうちにやってきたのですが、1年後には偏差値60を超えていました。ちゃんと真面目に単語などを覚えてくれる生徒達でした。

 

 

現在、日本語教師の職についています。教えている内容が全く違いますから、今までの仕事の経験が活かせるかは分かりませんが、少しでも活きれば良いと思っています。正直、数学と英語くらいの違いがあります。英語教師と日本語教師の共通点は人に何かを教えるという事くらいのレベルです。ちなみに、英語を教えていた時には、私はメチャクチャ優しいしニコニコしていますが、英語に関しては凄くスパルタなようです。ただ、単語さえ覚えてくれれば点数を伸ばしてあげられると言い続けていました。

 

 

現在の仕事は必ず日本語を大至急で身に付けなければならない人ばかりではありませんので、もっと他に気を使うべき部分があるのを強く感じています。教師が半分でサービス業が半分のようにも感じます。明るくにこやかに楽しく人の役に立つ仕事をするという私が本来したかった形の仕事に就けているのではないかと少し思っています。少しずつ頑張りたいと思います。

 

クソ気持ちが悪い

テーマ:

今回のブログは完全な愚痴です。私の周りには当然に加害者が多くいます。私は現在、寮に入っていますが、寮に一緒に住んでいるオッサンも当然に加害者です。そして、会社にいる謝とかいう事務員の男はきっと、この加害の中心になっている男です。

 

 

こいつらだけは本当に心の底から鬱陶しいとしか思えません。今日は。、私の寮に住んでいるオッサンの講義を見学していました。私は、現在見習い期間中ですから他の講師の講義を見学させてもらっています。今日はそいつの講義でした。ただ、そいつの講義は最初から最後までずっと頭を電磁波で攻撃され、全く頭が動かない状態にさせられていました。

 

 

私は英語を教えるという事も契約に含まれているのですが、そいつらは私に英語力がないという事にしたい為に、わざと私の頭を電磁波で止めながら色々な英語の質問をしてきます。きっと、事前に何を質問しようかも検討して、英語の練習でもしていたのでしょう。

 

 

そして、色々とわけの分からない事を電磁波の傘の下で守られながら聞いてきます。本当にむかつきます。また、最後に私が受付から帰ろうとした時に、少し前には凄く機嫌がいい顔をしていた奴らが、(謝の加害者の知人を含めて3人いました。)私が帰る間際だけ私を睨みつけてきました。

 

 

私はもう帰る所で、そいつらが睨んでいる事に気が付きました。本当にやり方が薄気味悪い奴らです。帰り道で本当にむかついたので、もう一度事務所に帰りました。やはり加害者の中心の謝だけは私に睨み返してきていました。私が大人でなければそいつらだけは本当に殴り殺してやりたいという気持ちです。本当に薄気味悪い奴らだと思います。そいつらとそいつらの仲間だけには関わって欲しくないと本気で思っています。また、そいつと謝ではないですが、中には私に対して発砲されるよと脅迫してきた奴もいました。お前が俺にその内容で脅迫しているって事は、今までに何百回と撃たれるよとか、刺されるよとか、ボウガンで狙われるよとか同じ内容の脅迫をされているって分かって欲しいとしか思えない。

 

 

私と同じ寮に住んでいる奴は嫌がらせ要員として、急遽ここに滞在延長したようです。そして、謝は加害者として急遽雇われた度加害者なのだと思います。謝のクズはマジでウザイと思いました。私が事務所に引き返した時には、その少し前から異常なくらいの電磁波とテクノロジーで攻撃をされながら事務所に入らなければなりませんでした。一々、テクノロジーで自分達を守りやがって、やり方がいつも陰気で気持ちが悪いんだよな。本気で関わるなよクズが。

 

 

右も左も誰であっても俺にテクノロジーを使うのを本当にやめてくれ。心の底から嫌がってるんだよ。本当に関わってくるなよ。