Skypeで全国に現代数秘術のプロを育てます★あなたの中の「愛する」力が輝きだす★ミラクルスイッチ連打の現代数秘術レッスン開催中!

現代数秘術、タロット、数秘ダイス、開運名刺アドバイスで活動中の占い師&占い講師・珊瑚なな(357)です。Skypeを利用したマンツーマンレッスンで、全国に愛と信念をもったプロフェッショナル(数秘術師、タロット占い師)を次々育成中!


テーマ:
開運名刺として名刺を作るときに
「名前」の文字の色は、黒一択です。



神様関連の御札やおみくじは、
大抵「白」の紙に「黒」(墨)で書かれていますよね。


開運名刺を
神様のお力を借りる開運ツールと考えたときには
白い紙、黒い文字、という組合せが良いです。




神様関係なく、社会的なマナーで考えても黒が良いでしょう。
日本では公式書類に「黒」のペンしか使えないのと同じです。
(多少の例外はあるにせよ。)





白に一番映える、黒色で
しっかりはっきり、読みやすい大きさで配置するのが、
開運名刺としての決まりです。





名刺相の視点からですと
「個性」を伝えるためには
あえて黒以外の色を選択するのも…
アリといえば、アリです。


とは言え、やはり社会的なマナーや
色覚障がいを持つ方への配慮を思えば
視認しにくい色使いは避け、

濃い茶色、紺(ブルーブラック)など
視認しやすく、かつ名刺に使って
違和感のない色にするのが良いでしょう。



茶色にすると柔らかい優しい印象で
紺色だと、知的でクールな印象になりますよね。

それだけで、充分「個性」が見え隠れしてきます。







名前は名刺の中で「その人そのもの」
を表現するものです。



開運名刺のセオリーでは
白い清浄な用紙に
ストイックで潔い黒色のインクで
堂々と名前を載せることが
基本的なセオリーです。



ですが、よほど「自分はこの色」という
お決まりのイメージカラーがあるなら
「開運名刺のセオリーからは外れる」と
いうことを意識したうえで
自分の好きな色を使ってしまいましょう。



気に入る名刺を作っていくことが
一番の開運ですから、
そこはセオリーにとらわれすぎてもよくありません^^



ですが、
「なんとなく」だけの理由でしたら
名前に色を使うのは「凶相名刺」につながりますので、やめましょう。



覚悟のない名前への色付けは、
個性の押し付けにつながりますし、
「自己アピールしたくてたまらない」名刺相
ということになってしまいます。


※自己アピールしたい名刺
=自己アピールできる名刺ではない
というのが一番大切なことです。


覚悟なく文字の色を黒以外にすることは
「ただ自分のことをわかってほしいだけ」
「ただ自分を受け入れてほしいだけ」
の「かまってちゃん」名刺です。










というわけで、名刺の名前の色は、基本的に黒一択。
名刺相としての効果で色を変えるならば、濃い茶色か紺。



どうしても別の色を、という場合には
それは開運名刺の効果は薄まるけれども
「自分がこの名刺を好きになるためにはどうしても必要」
という気持ちで変えるならばアリ。ということです。




あなたの名刺のお名前は、何色ですか?
好きな色や使いたい色は、
ロゴやキャッチコピーなど別の場所で使っていきましょうね。


【画像著作:David Photo Studio】




NEXT→

名前のすぐ下には…★開運名刺のひみつ④





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

357♡珊瑚ななさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。