メロメロパーク
2005-06-13

死ぬかと思ったin銭湯

テーマ:日常

学生の頃、ぼくは「風呂なし」「共同トイレ」「共同炊事場」「6畳一間」で、家賃月7,000円のところに住んでいた。



そこは凄まじい環境で、昭和9年に建築された途轍もない寮で、1Fから2Fまでの階段は人が歩きすぎて中央が凹んでおり、見たことも無い虫を見たり、心霊写真が撮れたりなど、あの寮についての伝説は本当に数知れず有った。


その寮での生活は基本的には自炊をしており、ご飯は部屋でカセットコンロで作るなりして何とかしていたが、風呂には近所の銭湯に逝っていた。

銭湯のばあちゃんはとても親切で、良く店のアイスやコーヒー牛乳、たまにたこ焼きをくれたり、昔話をしてくれたりなど、とても良くしてくれていた。



しかしながら、そこはどうも893屋さんの事務所近くだったらしく、いつも脱いだ方が派手な人たちの横で風呂に入ることもよくあった。



正直アロハシャツ着て風呂に入っているかと思った。



ある時など、ぼく以外全員綺麗な背中をしている時もあった。



サウナで、「いや~あの彫師の先生にお願いすると鯉がまるで生きてますわ!」などと熱弁を振るう場面にはよく遭遇し、自分の知らない世界の事情を見聞きし、見聞を広げることができた。




怖いけど。


でもまあ、普段は普通に礼儀正しいいい人たちで、ちょっかい出したり、粗相さえしなければ普通のお客さんと一緒なんだなあと思っていた。




ある時、ぼくは何の気なしに風呂を上がり、ロッカーを開け、中から服を入れていた籠を取り出した。


そしていい気分のまま、横で服を脱いでこれからお風呂に入ろうかという、背中に立派なものを背負っておられる方のとなりで頭を拭いていた。



帰ってご飯何作ろうかな?あ、でも素麺しかないしな、今日は炒めてみるか?とアホみたいな顔しながら考えていた瞬間、「ガン!!」という鈍い音が聞こえた。


いやな予感がしながら下を見ると、先ほど横で服を脱いでいた人がうずくまっている。



うん。間違いない。



ぼくがロッカーを半開きにしていたところに、頭をぶつけてしまったらしい。



ありえないほど血の気が引いた。


風呂上りなのに寒気がした。



僕の人生はここまでだ・・・

ありがとうみんな・・・

ぼくは河にコンクリ詰めで流されるかもしれないけどお元気で・・・


あ、あのエロ本棄ててないや・・・

見られたら死ぬに死ねないな・・・

死ぬ前にあれだけ処分させてくれないかな・・・



一瞬のうちにそんなことが走馬灯のように駆け巡り、口からエクトプラズムが放出しているぼくは、死にそうな顔で、


「だ・だ・だ・大丈夫ですか?」と弱々しく聞くぼくを無視して、その人は「いてー」と言いながら風呂に入って逝った。


彼こそは漢の中の漢だと思った。


っていうか命拾いした。

うん。

本当に死ぬかと思った。




銭湯を出た時の外の風は心地よく頬を撫で、ぼくは生きている今を感謝した。

生きているって素晴らしい。
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

sunechamaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

12 ■日額10万在宅ホスト

在宅でできるホストサービス

11 ■ワンランク上の稼ぎ

高級車を買ってもらえる愛を飾りませんか

10 ■幼女レイプの記憶

1●歳の真白なココロに刻まれたレイプの記憶

9 ■営みをください

色恋がお好きな彼女達

8 ■奇跡的にカワイイ美少女

ガチです!奇跡的少女と生SEX

7 ■1日だけでも10万円

男らしい姿には凄く惹かれております

6 ■bouzuさん

そうですよねー。
本当にこの銭湯に来ている人らは見た目怖いけど紳士でしたよ。
その辺の人らはあの仁義がないから怖いんでしょうねえ・・・

5 ■無題

不注意で起きたことに対して、

一般の人に手をださないってのは

この人かっこいいですね(^。^)


その辺の人のほうが怖い世の中ですからね・・・

4 ■そらねえ

湯船に沈んだ方が、平和でした(笑)
生きて帰れたことに感謝です!

3 ■どきどき

しました・・・
てっきり湯船で寝込んだのかと(笑)タイトルだけ読んで。
よく温泉とかスーパー銭湯とか行くけど、見かけませんね女風呂では・・・
生還バンザイ!

2 ■みなみたん

本当の本当の話です!
うそと思いたいです(笑)
いやあ、リアルで怖かったですよ~。マジで背中がアロハシャツですから!

1 ■これって

本当の話ですよね!

脱いだほうが派手な人たち・・・・・。
ちびりそうです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。