サンデー日記

自然にそった衣食住の提案


テーマ:

 

地元の農家さんから、大根の間引きが入荷始まりました。

いよいよこれから冬に向かっていく。大根の小さな根っこが

私たちの身体を一緒に導いてくれる。 

 

一足先に、北海道から届く大根。

 

北海道は冬の始まりが早い。そして、冬が長い。

農家さんはその前に大根をここまで大きくしてくれている。

そのおすそ分けが今、サンデールームに届いています。

 

 

大根待ってました!というお客様、どうぞ〜。

そして、地元農家さんの大根が冬にたくさん届きますから、

それまでに間は大根の間引き菜、カブの間引きな等々・・・も

ご支援よろしくお願いします!いっぱい食べてくださいね。

 

今日は03 wearからのお知らせです。

食材店の奥にある小さなスペースが03wearと言いまして、

食べることだけでなく、着るものや生活用品、暮らし周りも

作り手や環境にも、そして使い手にも心地よいものを販売しています。

 

 

洗剤、石鹸、シャンンプー、肌着といった先ずは身体に近いところから

自然なものに変えていくことは先進国といわれる日本の現代社会において、

必須条件だと確信しています。そうでなければ、全然先進なんて言えないとも

思います。人間都合で、安いとか買いやすいとか、便利とか

そんなこんなんで作り手とか売り手とか、環境に負担をかけ、そして

実際に使う自分自身をも苦しめているような、そんなきがするのです。

先ずは気づいて、できるかも!やってみようかな?と思われた方から。

 

 

 

値段が高いかな? 使い勝手が不便かな? 本当にいいものなのかな?

疑問はいろいろおありだろうと思います。そのあたりの不安や疑問には

私たちスタッフが今まで試したり、学んできたこと(学び続けていること)

をベースに実際に経験したことでお答えします。ぜひ、お店にいらして

いただいて色々お尋ねくださいね。

 

 

この秋から冬にかけて、2階のスペースでは3つの展示会があります。

先ずは、うさとの服展 10月18.19.20.21日

手つむぎ、手織り、草木染めの洋服の心地よさ、あたたかさを

皆様にご紹介いたします。

 

 

お時間、詳細はまた後ほど。

 

プリスティン展示会  11月1日〜11日 

  肌着と衣類、サニタリー、タオルなどリネン類。メンズ肌着もあります。

  オーガニックコットンを糸から輸入している会社だからこその

  布の種類の豊富さ。年々、進化している織り布には毎年驚くほどで、

  オーガニックコットンの可能性を感じ、わくわくする展示会に

  なることと思います。

  

  11月3日は「オーガニックコットンを通しての社会貢献」をテーマに

  渡邊社長にお越し頂きお話会を予定しています。

 

冬の暮らし 布と衣とアルパカと・・・ 12月11日〜23日 

  暮しまわりの布、身につける布

  あたたかなアルパカの製品をご紹介します。3人の女性による

  3つのブランドをそのストーリーと製品とを合わせてご紹介します。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【食材店KURA】

 

山形県佐久間さんの自然栽培ぶどう。

樹で自然のままに熟していくタイミングで丁寧に収穫してくださっています。

枝は枯れ、皮は紅葉するように順々に美しいグラデーションで色付いています。

一粒食べると広がるのは味覚を超えた自然の風景。

 

 

実のつきを良くし、一斉に熟させるための成長促進剤。
効率的で生産性の高い、葡萄栽培に便利な技術ですが
佐久間さんは使われていません。一切の肥料も農薬も使いません。

虫も、病気になった木も駆除せず自然淘汰を待つそうです。
ぶどうにあった環境が長い年月をかけて出来ればいいとの思いから。

 


ぶどうはこんなふうに生きてるんだよって見せてくれる佐久間さん。

とても嬉しくてありがたいです。
自然の美しさを食卓へ。

自然の力で熟した果物の美味しさ、どうぞお試しくださいませ!

 

 

秋の入荷が続きます。

 

橋本農園 自家採種 黒田五寸/カラー人参ミックス。

橋本さんの野菜はどれもすっきりとして、それでいて野菜本来の風味もしっかりあります。 

この葉人参、根も美味しいけど葉が柔らかく穏やかな味わいでとっても美味しい!

 

 

葉も根もザクザク切って、にんにくちょっと加えて炒めて食べると元気が湧いてくる。

橋本さんのこちらもすっきりきれいな味わいのにんにくも入荷中。 

 

炊き上がる寸前に素揚げしたジャガイモと人参、乾煎りした人参葉を乗せて蒸らして

野菜パエリアも美味! 

 

 

定番のかき揚げはやっぱり最高!

 

 

 

今年の秋は例年以上に豊かな入荷で店内賑やかです。

季節の変わり目の野菜が食べられる幸せ。農家のみなさんありがとうございます!

たくさんの方にお召し上がりいただけますように。

ご来店お待ちしております。

 

⭐︎前橋まつり開催につき、

今週土曜日はサンデールーム前の通りはお車での進入ができません。

交通規制については以下ご参考ください。

少しご不便をおかけしますが、お祭り散策がてらのんびりお出かけいただけたら嬉しいです。

http://www.maebashi-cci.or.jp/assets/files/sightseeing/h29maturi/h29maturi_traffic.pdf

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

サンデールームでは初めて開催させていただいた、
「ボタニックグリーンの服」展示会、
本当にたくさんのみなさんのご来場ありがとうございました!

プレオープンイベント第一弾が無事終了、

ご協力くださった皆様ありがとうございます。

 

 

主宰の福元ご夫妻の魅力もまるごと、この服たちの魅力。

お二人を囲んでのパーティーもご参加くださった皆様ありがとうございました。

 

 

プレオープンのまだ改装中のキッチンですが、自然栽培のお野菜をふんだんに使って

お料理させていただきました。

 

 

福元さんと一緒に山のつるで編んだ籠に

早速お料理を盛って・・・素敵!

 

 

長年のボタニックグリーンのファンの方々も遠方から駆けつけてくださって、
むかーしの服を見せていただき、
わたしたちも勉強することがあったり!

 

そして、
同じ植物でも、毎回、唯一無二の色、風合いになること、
常に新しいものを生み出す挑戦をし続けるアーティストさんの意識、

というものにあらためて感動しました。

 

 

展示会終了後も、
人気商品だった草木染め靴下を
03wearで取り扱っております。
とっても気持ちいいですよ!
お試しくださいね。

 

 

さて、
リニューアルの改装継続中のサンデールーム2階スペースですが、
秋冬は、
毎月、衣の展示会を予定しております。
またこちらで告知しますので、
みなさんお楽しみに!

 

 

エントランスがこんな風に変わりました。

是非お出かけくださいね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ボタニックグリーン秋季的発表会@サンデールーム 9/30までの開催です。

 

 

 

秋色のパンツが人気です。スタッフもお気に入り、

こちらのリネンコットンパンツも男女サイズともにあります◎

 

 

明日最終日はボタニックグリーン主催福元ご夫妻いらっしゃいます。

楽しくて魅力的な方達!ぜひ会っていただきたいです♡

どうぞお出かけくださいませ。

 写真は山に一緒につるを取りに行ってカゴの編み方を教えてくださる福元さん。

 

 

メンズのお洋服も追加で届きました。秋らしい気持ちのいい週末になりそうです。

 皆様揃ってお出かけくださいませ。 

 

 

 

ボタニックグリーン 展示会 9月22日〜30日 

 11:00~18:00(日曜定休)

 サンデールーム 2階 前橋市千代田町5−4−2  

027−231−5600

 

 

 

1階食材店KURAには

自然栽培の大根、かぶ、たけのこ白菜の間引き菜。

柔らかくてみずみずしい間引き菜の季節到来です。

生でもさっと炒めても本当に美味しい!移り変わる自然の恵みをどうぞ食卓へ。

たくさんのお野菜とともに皆様のご来店お待ちしております!

 

 

たくさんの美味しさを分けてくれていた
茄子やピーマンたちもいよいよ最終段階。
夏からの味わいの変化に自然の美しさを感じます。
名残おいしい気持ちとともに大事に食べたいです。

 

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

台風が通り過ぎて、いっきに秋の空。

 

 

22日からのプレオープンイベント第一弾

「ボタニックグリーンの展示会」に向けて、

2階の改装も秒読み段階。

 

キッチンもだいぶ形が見えてきたものの、

床のタイルに貼り直しするところが数カ所あり、

ただいま修繕中です。

 

 

 

今回の改装では接着剤を使わないことにしているので

タイルは漆喰に米糊を混ぜたもので貼り付けてみたところ、

床が平らでない箇所に不備が出てきてしまいました。

 

どう修正したらよいのか?左官屋さんに相談してみたところ、

「パサにはノロをして、セメントでタイル貼ればいいよ」と

教えてくれました。

 

パサというのは、砂が多く入ったモルタルのこと。下地としては

丈夫だけれど砂がザラザラとしてくる。その上にノロと言って、

セメントを飲むヨーグルトくらいな状態にしたものを刷毛で塗って

パサに吸わせていく。そこにセメントを今度はヨーグルトくらいに

溶いて、米糊をミックスさせてタイルを貼ることに。

このやり方で明日から、修繕してみるつもりです。

いろいろ勉強になったタイル貼り、まだまだ続きます。

 

 

こちらはボタニックグリーンさんの夏の展示会のようす。

ヘンプのTシャツ、ワンピースは群馬県桐生市で編まれた布で

つくられているとのこと。 嬉しいですね!

 

 

左の写真

草木染めの毛糸による手編みセーターは石巻のお母さんたちの

手仕事によるものだと聞いています。

 

右の写真

草木染め パーカー

アシンメトリーの襟と開き具合がおしゃれです。

コートにもなる厚手の生地のパーカー、これはとても

あたたかい布地でした。

 

 

うちのスタッフが相当気に入っているのは

オーバーオール、リネンジーンズです。

肩紐をかけずにこうやって裏側を見せるのが

ポイント!ロゴも可愛い。

 

ボタニックグリーン 展示会

9月22日〜30日 11:00~18:00(日曜定休)

サンデールーム 2階

前橋市千代田町5−4−2 027−231−5600

 

パーティーwithボタニックグリーン

23日(土)19:00〜 自然栽培野菜料理ビュッフェ

4000(+税) ワンドリンク付き 予約優先

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

サンデールームは今までいろいろなことを紹介させて
いただいてきましたが、今一番、何よりも何よりも
みなさんに一番、伝えたいことを、今年の春から、
4回連続の料理レッスン「大人のための ごはんの教室」
としてリリースいたいました。

暮らしを営む中では、ずっと続くであろう、
「ごはんを作って食べる」という
テーマ。

 

 


この秋からも、変わらずお伝えしていきます。

お米を美味しく食べることを見直すと
食卓は簡素でありながらも、とても豊かになります。
ブームや情報に惑わされることなく、誰もが
健全な美味しい食事を自分の手をつかって、
仕度することができるようになります。

 

 

1999 年にカフェからオープンしたサンデールームも
いつもこのことがベースにあったから、続けてくることが
できました。そして、いろいろなことがあっても
乗り越えられたし、挑戦もしてこれたかなあと思います。
この秋からはあたらしくなったサンデールームのキッチンで、
(間に合うのか?いや、必ず間に合うはず!)
みなさんと秋から冬への美味しい食卓を囲みましょう。

 

***********************


「大人のためのごはんの教室」
毎回、お鍋でごはんを炊くことを基本において、
お出汁をとってお味噌汁をつくること
毎日の食卓や常備菜に役立つ簡単な惣菜作りなど、
即実践!できる内容になっています。

 

 火曜コース 10月10日 11月14日 12月12日 1月16日
 土曜コース 10月14日 11月11日 12月9日 1月13日
 各回とも10:30〜13:30 講師 出仙美秋

1回目 鍋でごはんを炊きましょう
    おむすび 蒸し野菜 お茶
  ※初回につき、自然栽培のお米をプレゼント

2回目 出汁をとって味噌汁作り
    ごはん 味噌汁 浅漬け 海苔の佃煮

3回目 残りごはんのおいしい食べ方、油の使い方
    洋風のごはん スープ サラダ

4回目 和定食 献立プランの立て方
    ごはん 味噌汁 炒める惣菜 煮る惣菜

費用 20.000円(+税1.600)
   全4回の講習、材料、食事代込み
定員 各回5名
持ち物 エプロンなど料理しやすい服装でお越しください。
***********************

 

そして、この秋からは、
お料理がまったくできない、
お料理が苦痛、難しい、
人様につくるなんてわたしにはできない!と、思っている方などなどを対象にした
超初心者さん(と、思っている)向けの教室も始めます。

 

「大人のためのごはんの教室 初心者さん編」 
毎回お鍋でごはんを炊き、汁をつくり、
おかずを一品つくります。
ふだんのわたしの家での食事にとても近い献立で、
毎日これでじゅうぶんだし、美味しいなと思っています。

4回のレッスンで、煮る、炒める、揚げるという技術、
サラダのように生で食べる時の素材の扱いかたを
ていねいにお伝えし、実践していただく、
各回、一品入魂のレッスンです。

各回金曜日
10月13日 11月10日 12月8日 1月12日
各回とも10:30〜13:30 講師 出仙美秋

費用 20.000円(+税1.600)
   全4回の講習、材料、食事代込み
定員 3名
持ち物 普段使っている包丁
    エプロンなど料理しやすい服装でお越しください。
************************

 

 

いずれのレッスンも、
お申し込みはサンデールームまでお電話または店頭にてお受けいたします。
027- 231-5600

お支払いは申し込み時に店頭にて、または初回に全額をお支払いください。
少人数制のためキャンセルは遠慮願います。やむをえない場合はスタッフまでご相談ください。
みなさまのご参加おまちしております。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

サンデールームの2階店内の解体工事が始まったのが5月中旬、

早くも4ヶ月が過ぎようとしています。

 

 

お買い物に来てくださる方々に

「そろそろ出来上がりそうですか?」

「頑張ってくださいね!」と励ましの声をいただきながら、

ひと夏を超えて、だいぶ目処が立ってきました。

 

かねてから、いつかと願っていた自然素材での改装です。

 

スペースが広いだけに、費用もかさむ。どうやって実現できるか?

今回の改装工事の大きな課題でもありました。デザインをお願いした、

Bau の飯島さんと打ち合わせを繰り返し、一部の専門業者さん以外の

作業を自分たちでやることし、どうにかここまでやってきました。

 

ほんの一部の作業をご紹介しますと・・・まずは床張り。

 

 

フローティングフロアーといって、ビスを使わず、床板の溝に

はめ込んでいく方法です。リサイクルしやすいので北欧では実際に

されている方法なのだとか。ビスやボンドを使わない代わりに、

お米で作った米糊で仕上げました。

 

床の上を歩くとところどころ軋む音がします。そして、なんだか

ゆらゆら揺れているような。まさに、フローティング。

浮いているような感覚を心地よく、思わず素足になってしまいます。

 

コンクリートの建物に、この床があるだけでだいぶ空気感が

変わりました。石鹸水を作って塗る、ソープ仕上げをしました。

これが、塗料とワックスの役割をしています。

 

こうやって、一つ一つをデザイナーの飯島さんと相談をしながら

自然素材の店舗を作る中でほとほと痛感した、素材選びの難しさ。

化学物質を使っていないものはものすごく少ないし、それらを

試行錯誤しながら、失敗もしましたし、やり直しもしました!

素人の私たちが作り上げるので時間もかかるわけです。

 

大きな作業には目処が立ったので、これから少しずつお店を

開けながら、細かい部分を仕上げていく予定でいます。

 

 

いつ出来上がりますか?

 

とのご質問にまだまだはっきりお答えできないような状況では

ありますがプレオープン企画第一弾としまして、9月22日から

ボタニックグリーン展示会を開催します。

 

 

9月23日はボタニックグリーンの福元夫妻と一緒に草木染めや

お洋服談義に花を咲かせながら、パーティーごはんを食べに

いらしてください! (ご予約優先です)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月から始まった連続講座「大人のためのごはんの教室」、
全日程を終了いたしました。
 

ご参加のみなさん大変お疲れさまでした!

 

この講座はまずお鍋でごはんを炊くことを基本とし、
おにぎり作り→
出汁をとってお味噌汁→
洋風の献立→
和食の献立。と、学んでいきます。

 

学ぶといっても、
特別な調理をするわけでななく、
メニューを決めておかずを作るのではなく、
今ある野菜をおいしくしてあげることを大切に、
ただただ野菜に従って料理をする、
そんなサンデールームで大事にしていることをみなさんと実践しながら

ご紹介させていただきました。

 

今届く、夏野菜達の揚げ浸し。その時々の野菜で味の違いも楽しんで。

 

「自然栽培の野菜って本当に美味しい!」
「毎日のごはん作りが楽になった」と、とても嬉しい感想をたくさんいただき、

少しはお役に立てたのかなと、
ホッとしております。

 

10月から、第2期を開講いたします!
自然栽培の美味しい秋冬野菜を一緒に食べ尽くしましょう。
そして、とっても初心者さん向けのレッスンもはじめます。
日程はまた改めてお知らせいたします。

 

 

サンデールーム1F食材店KURAには夏野菜達が元気いっぱいに入荷中。

自然栽培の野菜がこれだけ豊富に揃うのは、夏!

 

 

毎日の食卓に自然のリズムで生きている野菜やお米を取り入れて、

体の中から夏に調和していきたいですね。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

サンデールーム1階、食材店KURAには自然栽培の夏野菜達が

賑やかに入荷を迎えています。

 

 

 

 

肥料を施さず栽培する自然栽培では、野菜の成長を促進しないため

野菜がその時その時の自然に沿って自ら育ちます。

気候の変動にも調和しながら、こんなにも美しく美味しく育っている。

たくましくて、しなやかで、こんな生き方を見習いたい。

 

暑い日が続きますが健やかな野菜達を食べて、

体の中から夏に調和していきましょう〜。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

 

 

先日、アトリエDEFさんの素敵なお家「えんの家」でのお料理教室、第二回目がありました。

「えんの家」でのお料理教室は、
隔月ごとにテーマが入れ替わります。

デモンストレーションを見ていただき、じっくりしっかり一品をつくる「基本を学ぶ会」と、
参加者のみなさんと野菜を見ながら、
今日は何を食べたいか、どんなふうに野菜を生かそうかを考え、一緒に献立をつくる「質素で上品な会」。

7月は「質素で上品な会」でした。
質素はまあ問題なしとして、
じょ、じょ、じょ、じょうひん⁈はハードル高め!なんですが、
サンデールームの自然栽培の野菜の魅力を
思いっきり引き出してあげれば、
ほんとうに上品に素敵なお味のお料理になってくれる。
自然栽培の野菜の懐の深さに
いつも助けられています。

さて、
8月の「基本を学ぶ会」では、
夏野菜をふんだんに使ったカポナータを作ります。
自然栽培の底力、美味しいオリーブオイルの魅力を
たくさんのみなさんに、
楽しくお伝えできたらと思います。

お申し込み、詳細は
アトリエDEFさんのホームページをご覧ください。
http://a-def.com/event/37032

 

 

本町蔵ではアトリエマニスの洋服展開催中です。

もともとはこの蔵で食材店KURAを始めました。

石と木でできた空間に、食材達が心地よさそうでした。

もちろん、人にとっても、とても気持ちのいい場所。

のんびりとお洋服を選んでいただけたら嬉しいです。

 

 

アトリエマニス展は7月29日まで

月〜土11:00−17:00までオープンしています。

日曜日はお休みです。

 

 

夏の服に出会いに、どうぞお出かけくださいませ。

 

サンデールーム別館 本町蔵

前橋市本町2丁目6−15

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アトリエマニスの洋服展
日時
7月19日(水)〜29日(土)
11:00ー17:00 日曜日休館

会場 

サンデールーム別館 本町蔵 前橋市本町2−6−15

手織りの布を中心に、布の個性と対話をしながら10年は着続けられる洋服を、

インドネシアのバリにある工房で仕立てています。

布と対話をするというのは、布をしっかり見極めて、
布の個性を生かすこと。
一人の人が一着の服を縫い上げること。
そして、工業用のミシンを使わないこと、などなど。


バリのスタジオで。スタッフの皆さんや家族友人たちとの集合写真前列左が主宰のたかはしみきさん


正確な答えや方法があるのではなく、布の持つ力、
(私はそれを時に魔法のようなものと捉えていますが・・・)
その力を存分に発揮できるように服を作りられている
デザイナーたかはしみきさんのブランド、アトリエマニス

(みきさんよりコメント)

インドから、日本から。これまで使ってきたプリントの半端生地がタンスにたくさんあります。見返しにポイントに使ったり、クルミボタンを作ったり。いろいろ捨てずに活用していますが、今回は1着分には満たないけれど片袖だけを別柄にすることでできたドレスのシリーズを夏の締めくくりにつくりました。お楽しみに!

 

マニスのお洋服はカラフルなものもとても魅力的ですが、
今展示会には自然染やオーガニック素材など、サンデールームらしいセレクトもあり、

展示会の準備を進めてくださっています。

 

一部お洋服をたかはしみきさんのコメント共に紹介いたします。

 

ミドルリネンプレーンクロスのシュミゼ・ストリング

袖だけが細くてボリュームの割に動きやすいこの形は、

ペインターローブ=画家さんの作業着がもとになっています。

夏らしいさわやかなリネンで、ブラウスのようなコートのようなアイテムをつくってみました。白もあって、おすすめです。

インドネシア産コットンプリミシマのジプシーシャツ

何年も作り続けているこの素材のこの服は、何も施さない白地のコットンに

細かい額縁状の見返しやボタンのかけ方などに

ちょっと工芸的な仕立てをしています。

バリハンドバティック・フラワーモティーフのBigパンツ

チャップと呼ばれる木彫りの版のろうけつ染め。

インドとバリに共通するヒンドゥーのお寺の外壁などにつかわれるモティーフです。

お洗濯にも強く着心地のよいインドネシアの「コットンプリミシマ」をつかっています。

ナチュラルウォッシュリネンクロスのロングカシュクール

国産で上質な薄手リネンの生成。着るほどに布が育つような長年の定番素材です。

フリーサイズで大人っぽいシルエットが人気のカシュクールは

夏向けのコートとして、その他の季節は丈長のブラウスのように活用できる人気のデザインです。

 

暑い夏の日差しにも映えるアトリエマニスの服たち。

ワクワク楽しみに、どうぞお出かけくださいね。

皆様のご来場心よりお待ちしております!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)