サンデー日記

http://sundayroom2000.com/


テーマ:

 

うちわ、出来上がりました。

 

和紙、麻紙をつかっていますが、紙によって、

風の具合がふわっとした感じとか、涼しめとか、

ひんやり、とか。風の質が違うのが面白いです。

 

実際に自分で作ってみると、色々と気づくことがあります。

来年の夏は、ワークショップで米糊の魅力や自然な和紙について、

ご紹介していきたいと思っています。

 

 

私が今回うちわを作るきっかけになったのは、「米糊」です。

 

サンデールーム1階の店舗改装を依頼した磯崎工務店さんでは

一切の化学的な接着剤を使わず、自然栽培米で作る米糊を使用すると

お話では聞いていました。そして、毎年展示会をさせていただいている

うさとの服の生地は、織る時に米糊を使うと聞いていました。

 

そういえば子供の頃、祖父が破れた障子を手直しする時、

お米をつぶして紙を貼り付けていた記憶もあります。

 

 

作り方を教えてくれた照明作家さんによると、

無洗米として一般に売られているお米では糊としての機能が

弱かった。また、水道水をつかうと塩素やその他の薬が入っていて、

やっぱり張り付きが悪い、そうです。そして、お米も炊きたてが

いいのだそうです。昔の大工さんは、朝ご飯をたべて、米糊を

つくって、仕事へ出かけたそうです。

 

米糊について、知り合いの工務店さんや木工作家さんに質問を

したことがありますが、みんな口をそろえて、

「安全かもしれないけど、弱いよね。持ちが悪かったら意味ないよね」

と言われて、私自身も実際どうなのかな〜と思ってましたが、

今回のお話を聞いて、自然栽培のお米を炊きたてで、

湧き水で糊にしたら、たぶん違いがでるかも。実際に

食べて違うのだから、糊にしたってきっと・・・違うでしょうね。

 

うちわ作りと米糊。ほんの小さな出来事でしたが、私のなかで、

食、衣、住とがしっかり結びついた経験となりました。

 

この夏、関東は自然栽培の野菜が豊富でした。

例年になく、お客様に販売するだけでなく、私たちスタッフも

存分にきゅうりやトマトを口にすることができました。

これもひとえに、農家さんと、お買い上げ頂いた皆様方の

おかげです。心より感謝申し上げます。

 

今までにないような動きの台風がきているとのこと。

進路が気がかりではありますが、自然界の浄化作用は

ときに厳しいことをしっかり受け止め、これからも

自然栽培の農地が広がりますようにと、祈りをこめて。

 

名残の夏野菜を美味しく召し上がってくださいね。

今週も、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

星野充子

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

群馬県渋川市、就農して2年目になる自然栽培農家の

牧和弥さんの畑をたずねました。

 

畑は山間部にあるので、気温が平地よりも3度くらい低く、

野菜の育つスピードがややゆっくり。苗の段階の春先の気温差が

今になって、こうも違いがでてくるのかと、私もあらためて

びっくりしました。畑のようすから、これからが夏野菜本番!

という感じ。

 

ミニトマト、大豊作。

ハウスでないので味がやや薄いかな〜と牧さん。

 

たしかに味はうすめです。

ここで肥料を入れれば、味は簡単に濃くなります。

でも、自然栽培は肥料をつかいません。化学肥料だけでなく

有機肥料(動物性堆肥、米ぬか、油かすなど)も施しません。

 

自然栽培2年目、牧さんのトマト。来年はどんな味になるか?

 

自家採種をつづけ、土作りに取り組み、来年再来年の味の変化も

楽しみです。ただ、今年もだいぶ豊作ですので、トマトソースや

ケチャップ作らせていただこうかな〜。

 

 

群馬、埼玉では周辺では梅雨前にほぼ終わっていたズッキーニ!

終盤ですがまだありました。

 

 

ゴーヤも美しく、健やか。

 

 

ただいま、牧和弥さんの自然栽培野菜、お試し価格で販売中。

今後もわけていただくことになりそうです。みなさん、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

また、吉岡町にある産直へも出荷しているそうですので

お近くの方はもしも、見つけたらお買い求めくださいね。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆毎日のごはんレッスン 

農家さんから届く自然栽培(無農薬・無肥料)の野菜を見て、
参加者のみなさんと相談しながら献立を考え、
シンプルな料理法を学び、食を楽しむ、
身体を喜ばすためのレッスンです。


image

「今日わたしは何が食べたいかな?」
と素材と対話しながら料理をすることは、
食べることに丁寧に取り組むこと、
それはきっと毎日の暮らしを豊かにしてくれることだと思います。


  

 

image 

 


自然栽培や本来の調味料、命溢れる食材についてのレクチャーもあり、

食べて感じて学べるレッスンです。
毎日忙しいけれどごはんはちゃんと食べたいなあという方
ぜひご一緒しましょう!

自然や身体の声に沿ったごはんづくりは、実はとってもシンンプルで、

難しいことではないということ、感じていただけると思います。

 

 

日時 9月22日(木・祝)
   10:30~13:00
参加費 3500円(税別・食事代込み)*デモンストレーション形式のレッスンです。 
講師  サンデールーム代表・星野充子

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆お惣菜レッスン
こちらのレッスンはサンデールームの
毎日のまかない、お惣菜を担当している、出仙美秋が毎回1つの献立に絞って
レッスンさせていただきます。作ったお惣菜はお持ち帰りいただけます。
自然栽培のお野菜やお米が大好きな方、ご興味ある方、
油や基本調味料を見直したい方、お料理初心者です!という方もぜひどうぞ。

 

 

*天ぷら

一番搾りの油、衣には地粉をつかって季節の野菜の天ぷらを作ります。

おいしい揚げ物のコツを身につけましょう。

8月25日(木)10:30〜12:00満席になりました。

 

*ポタージュスープ


旬真っ盛りの自然栽培のかぼちゃを使って作るポタージュスープです。
乳製品もコンソメなしで、とびっきり美味しいポタージュができますよ♡
9月12日(月)・9月15日(木)

10:30~12:00

 

参加費 1500円(税別) 
講師 出仙美秋
持ち物 エプロン・持ち帰り容器

 

 

皆様の健やかで美味しい食卓のお役に立てますように!

ご参加心よりお待ちしております。

 

ご予約はお電話またはKURA店頭にてお願い致します。
027-231-5600 (月〜金 10:00-18:00 土 10:00-14:00)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

8月のお惣菜レッスンは全2回、

朝倉玲子さんのオリーブオイル講習会に参加できなかった方々への

復習レッスンでした。どの回も満席、オリーブオイルへの関心の高さを感じました。

キュウリのサラダ、茄子のトマト煮、ズッキーニのパスタソース、

シンプルな素材で美味しさをぐーんと引き出すコツ、

毎日の台所で活かしたいただけたらと思います!

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

9月はこちらもご要望の多いポタージュレッスン、アンコールで開催する予定です。

おいしいかぼちゃがとれる季節なので、かぼちゃのポタージュ作りましょう!

どうぞお楽しみに〜 

松島自然菜園さんの長かぼちゃも入荷が始まりました。

ほくほくなめらかで、蒸しただけでまるで和菓子のような絶品かぼちゃ。

毎年女子の皆様に絶大な人気です☆

 

 

 

橋本農園さんのブラジルミニトマト。今年も届きました。
肉厚で旨味の強いあっさりとした甘さのミニトマト。加熱調理にも美味、

生食では柔らかな風味で食べやすく、なんとも印象的な食べ心地。

夏後半に美味しくなる、野生的で生命力、お試し下さいね。

 

午前中は毎日野菜の入荷ラッシュですが、 こんな美しさに、

ついつい手が止まってしまいます。
長〜い三尺ささげ、平いんげんはさやの食感や風味がよく、
柔らかめに茹でたり、食ったり煮込むと味わい深くおすすめです。

 

 

新しいお塩が仲間入りです。 「土佐の塩丸」 高知の海をまるごと味わえる

完全天日塩。手間や時間、愛や夢、この海と、暮らす人々のそんなまるごとで

できたお塩。ひと粒舐めると、塩辛さよりも先に、旨味がじんわり広がります。

今回届いたのは8月の海から生まれた出来立てのお塩、夏のエネルギーを感じてみて。

 

子どもたちに大人気の満月文庫の古本絵本コーナー拡大です☆
夏休み後半のお楽しみ!

大人も夢中になるすてきな絵本たちが、溢れんばかりに集まってくれましたよ。

立ち読みも座り込み読みも大歓迎!お気に入りを見つけてね。
本はともだち😊

 

こちらの写真、お米を炊いて水を足しながらすり鉢でなめらかにのばして・・
何をしているかというと、「米糊」を作っています。
昔は大工さんも手作りの米糊を接着剤にしていたとか。なかなか根気のいる作業ですが、出来上がった糊のよーーーく貼りつくこと!

先日参加してきたワークショップのおさらいで、うちわを作っています😀

紙は高知県の伝統和紙職人ロギールさんhttp://kamikoya-washi.comのもの!

自然の恵みで作るこんな夏休みの工作、いいですよね!

皆さんと一緒にできたらいいな〜と楽しい想像膨らませています。

 

だんだんと秋らしくなってきたけれど、まだまだ8月。

夏の勢いがぎゅーっとつまったKURAへどうぞお出かけ下さいませ!

 

 

 

サンデールーム
前橋市千代田町5-4-2 
TEL 027-231-5600 



1階 食材店KURA
   生活用品店03wear
営業日 
月〜金 10:00-18:00
土     10:00-14:00


2階 セミナー、イベント、展示会スペース 
   

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お盆のおはぎづくり、今年も無事に終えられて、ほっ。
いつも楽しみにしてくださる皆様、初めて食べてくださった皆様
ありがとうございます!





お盆も最終日。朝晩の涼しさに虫の鳴き声。
夏野菜たちの味わいがぐーんと濃くなってくる頃です。

帰省の手土産や大切な方への宅配など、
KURAのお野菜を贈り物にされるお客様も!

秋へ向かって力がみなぎる自然栽培のお野菜たち、
どうぞお召し上がりくださいね。



BIO-HOTELS JAPAN
http://biohotels.jp オリジナルPRODUCT 
オーガニックコットン使用のシンプルな機能美、
そしてMADE IN JAPAN。
ものづくりに対する正義を追求したスニーカーが届きました。



 
商品名は、"LIFE IS A JOURNEY"

[ 旅せよ、自分。歩け、自分。] 

スタッフも愛用中☆美しくてタフな、一年を通じ日々の相棒です!


オーガニックコットンのアンダーウェアでおなじみの
「プリスティン」の今年の新作。
涼しさを追求した「風通るブラ&ショーツのセット」
すみずみまでに風を通す工夫、そしてホールド感抜群!
真夏でも心地いいんです。




食材店KURAに併設の03wearでは使い心地のよさと作り手の思いが魅力の
衣類や生活用品をご紹介しています。皆様の毎日に少しずつ取り入れていただけたらと思います。



今週も皆様のご来店、心よりお待ちしております。
どうぞお出かけくださいね。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:





地元の農家さんたちから自然栽培の西瓜が届きました〜祝!
橋本農園さんの昔ながらの『旭大和』
タンポポ農園さんのとっても大きな黄色い『大和クリーム』




皮が薄くてみずみずしく、
自然栽培西瓜ならではの透き通るような甘み、ぜひご体験ください。
子供たちのおやつにぜひ。もちろん大人の皆さまにも♩




高山村・平形さんの有機栽培とうもろこし入荷再開です☆
今週、来週が最盛期とのこと、たくさん届けていただきました。
蒸したり焼いたり炒めたり、ポタージュ、とうもろこしごはん、
かき揚げに。 夏の食卓にぜひ!

北海道・伊達さんから自然栽培のズッキーニがたくさん届きました。
12年以上自家採種、連作を続けられているとのことです。
環境と作物の調和。どうぞお召し上がりくださいね!
地元ではシーズン終了のズッキー二も
北海道では旬真っ盛り、日本の豊かな風土に感謝です。


完熟トマトとを加えて…オリーブオイルと塩でソテーだけで・・
超絶美味!!!
食材からの旨味がすごいのでパスタソースにもぴったりです。


夏野菜た〜っぷり、日替わりのお惣菜も毎日ご用意しています。

今日のメニューは・・・
・茄子とトマトの煮込み
・夏野菜カレー(自然養鶏の鶏でスープをとって、新入荷☆エヌハーベストさんの甘口カレースパイスでつくりました)
・かぼちゃのサラダ
・ぬか漬&ピクルス
などなど!



今年もやります☆
サンデールームモーニング!

夏の元気な食材をたっぷり使った元気で楽しい朝の献立。
夏のご褒美にどうぞゆっくりとお出かけくださいませ🌞

食材店KURAはお盆期間も、通常通りに営業いたします。
夏野菜も勢いいっぱいに入荷します!
帰省、ヴァカンス、バリバリお仕事、
みなさまそれぞれの素敵な夏のシーンに自然栽培のお野菜たちを
お届けしたいと思います☆ぜひご利用くださいませ。



元気いっぱいの美味しい8月。
皆様のご来店お待ちしております。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



7月30日、朝倉玲子さんをお招きしオリーブオイル講習会でした。

講習内容は・・・
オリーブオイルをつかって、食材の味を引き出す料理法。
イタリアの家庭料理から学ぶ、オイルやにんにくの効かせ方とコツ
実践に役立つ、デモンストレーションからはじまりました。


朝倉さんがお料理する手元をじっと見つめる参加者のみなさん。

またの名を、「五感を呼び覚ます料理教室」ともいう、
オリーブオイル講習会。朝倉さんがお料理するのをみてたら、
なんだかこみあげてくるもの、涙がでそうになったという方も
いらっしゃいました。

五感は人それぞれ、感じ方も、みなさんそれぞれ。
今回の講習で、何かを持ち帰っていただけたら、そして
それを生活にいかしていただけたら、とてもうれしい!

料理のデモンストレーション後、試食の時間も講習がつづきます。
「わら一本」という名のあらたに、朝倉さんが取り扱うことになった
オリーブオイルについてのお話。生産者さんと食べる人をつなぐ、
とても大切な時間です。



質問タイムでは、古代小麦のパスタを扱う朝倉玲子さんに
今話題のグルテンフリーについての質問がむけられました。

「小麦アレルギーでグルテンフリーを実践しているが、
 古代小麦パスタを食べると症状がでません。なぜでしょうか?」

という質問に、朝倉さんは質問者に逆に質問をしました。
 「なぜだと思う? 小麦アレルギーの要因はなんだと思う?」

質問した方は「遺伝子組み換え、残留農薬、消化がしずらい」と
答えました。その答えに対し、朝倉さんひとつひとつを丁寧にひもとき、
説明をはじめ、それは答えを教えるというよりかは、みなさん自らの
答えを導く、案内をしてくだるような雰囲気でした。

この質問タイムも、みなさんいろいろと感じることが多かったのでは
ないでしょうか?ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

さて、美味しかったお料理の写真もすこしご紹介しまーす。


茄子とトマトのスフォルマータ

 



インゲンのサラダ



古代小麦ファッロ粒のサラダ



ズッキーニのパスタソース


今回の講習会、定員に達してしまい参加をお断りした方、
また都合がつかなかった方を対象に8月のお惣菜レッスンをいたします。
オリーブオイルをつかって、食材の味を引き出すイタリア料理を
朝倉さんに代わり、お伝えします。復習にもおつかいください!



☆お惣菜レッスン☆
サンデールームの毎日のまかない、
お惣菜のような一品を
みなさんと作り、
お持ち帰りいただけるレッスンです。

自然栽培のお野菜が大好きな方、ご興味ある方、
油や調味料のことを見直したい方、ぜひどうぞ。


*オリーブオイルのつかいかた
旬の夏野菜を美味しく食べる料理方法、
夏野菜の煮込み、サラダ、パスタソースなど
2品をご紹介します。

8月10日(水)10:30〜12:00
  15日(月)10:30~12:00定員に達しました。

参加費 1500円(税別) 
講師  出仙美秋
持ち物 エプロン・持ち帰り容器2つ

ご予約はお電話またはサンデールームまで
027-231-5600



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


毎年、心待ちにしている方も多いブルーベリーの
入荷がはじまりました。埼玉県美里町より、
ブルーベリー農家の槙田さん(写真右側)です。

旬はあっという間、よろしくお願いいたします。

この夏、こんなメニュー!

image

こんなお菓子!

image 

みなさまにお召し上がりいただきたいね〜と
準備しています。お楽しみしていてくださいね。


昨日はあいにくの雨のなか、
埼玉県の須賀農場をたずねました。

50年以上も前から自然栽培で野菜を育てていると
お噂はかねがね聞いていましたので、念願かなっての
訪問です。


「今年のピーマンは連作のせいか、豊作だね。
 自家採取した種、近隣の農家が採取した種を
 もらってやってみてるけど、まだまだうちは購入種が多い。
 これからは種のことにも取り組んでいきたい」と話されていました。

須賀農場では年間に50種類以上の野菜を育てている他、
原料としての大豆、小麦、米も広い面積でされています。
お話をうかがい、種取りと作物の栽培を両方やっていくには
相当にたいへんなことと理解しました。

それから、自然栽培50年以上という須賀さんにはどうしても
聞いてみたかった「自然栽培とは何のことをいいますか?」という質問。

ここからお話がだいぶながーく、土の話になりました。
先祖代々がこの土をつくってきてくれた、それは血のつながりではなく
何万年とか前からつづく話。だいぶだいぶ長い話なのですので、
それはいつかの機会に。

つまりは、須賀さんの答えは栽培方法の話ではありませんでした。
「よくさー、見学に来た農家に虫や病気をどうやって防ぐの?と
 聞かれるけど、今までの日記を見るんだよって答えるんだよ。
 相手はびっくりする、方法を教えてもらおうとするからさ。
 それはね、畑によって違うんだよ。ここと前橋では全然違うよ。
 昨年の日記をみて、その後の経過をみて、今年は一日種まきの日を
 遅らせてみる、とか。そういうことが答えになるかな〜」と
おっしゃっていました。

自然栽培は自然をお手本にすると言われます。
私はこのフレーズをきくと、自分が畑を目の前にして農作物を
見たり、そのまわり、背景の景色をうかがうシーンが毎回目にうかぶ。

でも今回須賀さんの話をうかがって、そっか!と思ったのは
実は自分も自然の一部であって、自分の行い、やってきたことを
振り返ることも、自然をお手本にすることにつながるのだな〜と。

「先祖代々が育んできた土、表土は20〜30センチくらいかも
 しれない。その土をこわすのはあっという間の話だよ。今も
 そこら中でこわし続けているよね。でもつくるのは何万年も
 かけてつくってきたんだよ。」

須賀さんは何度も何度もこの話をされていました。
たぶん須賀さんにとっての自然栽培は『土』をさらによくしていくこと。
きれいで、力のある土にするために作物を育てているようです。

種のはなし、土のはなし。
私は食いしん坊なので、味ばかりに目を向けてしまいがち。
これも大切なことには違いませんが、もっと大きなスケールで
これからは野菜たちにふれていこう。

雨のなか、今わけていただいているピーマンの畑を
案内していただきました。通路に敷き詰めているのは
草よけの麦わら。草を防ぐ黒いシートを敷き詰めたことも
あるけど、暑くて作業がしずらい。やっぱり、
麦わらを敷くほうが、作業していてもいい感じ。

暴風よけもしっかりされています。11月初旬まで
ピーマンが収穫できるように、準備も丁寧にされている。
忙しいけれど、計画的。これも過去の日記があるからだ
そう。自然栽培って、ただただ自然にのんびり〜とか
放ったらかし〜ではないのです。しっかり経営のことも
考えていらっしゃいます。

日本の農業が経済優先であった時代はもうおしまい。
これからは、人間も自然の一部、人間も含めた自然を優先に。

7月は自然栽培ってなあに?と自分やみなさんに問いながら
初心にかえる日々が続いています。

星野充子













いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
7月も残すところあとわずかになりました。

夏本番を迎える前に、ごはんレッスン 特別編を
お届けします。みなさま、ふるってご参加くださいませ!


〜朝倉玲子さんのオリーブオイル講習会〜
日時 7月30日(土)10:30〜14:00
場所 サンデールーム 2階スペース
費用 3500円(税別)

良質なオリーブオイルをお求めの方に、
大人気のEVO、オルチョサンニータをはじめ
数種類の自然栽培のオリーブオイルを輸入されています、
朝倉玲子さんを招き、夏野菜をふんだんにつかった、
イタリア家庭料理をレッスンします。

上質なオリーブオイルを上手につかいこなすにはコツがあります。
そのコツを生かして、料理をしますと、おうちでのイタリア料理が
劇的に変わります。オイルの使い方は家庭での和食にも生かせますので
ぜひこの機会に一度、体験していただきたいと思います。

image

美味しいですよ〜。

かくいう私も5年前の夏、朝倉玲子さんの講習を受け、
オリーブオイルの使い方を知って、衝撃をうけたひとりです。

そのときにレッスンした、カポナータはわが家の夏の
定番料理となりました。日ごとに味がよくなるのは
自然栽培のお野菜のひとつの特徴でもありますが、
オリーブオイルの使い方、先ほど申しました「コツ」に
あります。これは絶対に知っておくべし!


レッスンお申し込みは、サンデールームまでお願いいたします。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


自然栽培のトマト。
この夏は安定して入荷するようになりました。

昨年まではなかなか、私たちスタッフの口にまで
入らなかったので今年はとってもうれしい!美味しい!

一般の流通では、通年出回るトマト、もしかしたら
トマトの旬てみなさんご存知ないかもしれません。

私も食材店をするようになるまでは知りませんでした。
トマトの旬は日本では春ともいえる、というお話をきいたとき、
驚きました。それまで私はトマトの旬は夏だと思い込んで
いましたから。その方のお話によると、トマトの原産、
南米アンデスは雨量が少なく、乾燥している。そのため、
高温多湿の日本の夏がトマトたちにとっては
とても苦手なシーズンということになります。

ふーむ、なるほど!
だから、夏にトマトがなかなかうまく育てられない、
雨が降ると、皮がやぶける。割れてしまう、水っぽくなる、
などいろいろと困られていたんだー。雨よけのハウスや
ビニールの屋根をつくりたい、でもお金がとてもかかってしまう、
など、農家さんのお悩みはつきません。

だから、一般に出回るトマトは農薬もつかうし、
もちろん肥料もつかいますし、そうでないと出来ないと
思われてきたのですね。

それがですね、なんとまあ今年はお世話になっている農家さん
みなさんが大豊作です。作物をたくさん、早く育てることよりも、
土作り、剪定の仕方など、トマトがここちよく育つことを大切に
してきた取り組みが、しっかりと野菜にあらわれてきています。

地元の農家さんの超フレッシュなトマトをはじめ、
茨城県で自然栽培に長いこと携われている農家さんのトマト
(抜群の美味しさ、食べての安心感に癒やされます)
そして、来週からは安曇野森ノ菜ノ会のミニトマト、
(こちらも毎年楽しみにされている方が多いトマトです)


8月前半もまだまだ入荷がつづく予定です。

自然栽培のトマト、手のひらにのせてみてください。
カットして断面図をご覧になってください。
細胞が緻密で、なかに空洞がないのを、確かめてみてください。

肥料を投入して
スピーディーに育ったのと、
投入せずにゆっくりと育ったのと違いをは
野菜を
手に持った感覚、見た目、舌で、そして喉越しで・・・
そして、食後の身体、翌日の身体など・・・みなさんそれぞれ、
感じ方は違うことと思います。

私の場合は料理がはかどる、
食べた家族の反応、残った料理の翌日の味、などでわかりやすい、
かな〜。お子さんなどは特に反応が違うようですね。

収穫時期は本当に短い、夏のトマト。
見つけた時は、ソースにして保存するのもおすすめです。
ある時にたくさん、たくさん、たーくさん食べておけば、
冬にトマトが食べたい!とか思わなくなりますから。

image

毎週水曜日は工房チャツネさん(8月は一ヶ月お休みです)
第2、第4土曜日は薪窯パンワンネスの入荷日です。
トーストしたパンにトマトをスライスしてのせて、
オリーブオイルたら〜り、お塩をぱらぱらっと、
バジルをのせて、シンプルで美味しいオープンサンド、
これ最高の食べ方です。贅沢〜

そしてそして!
今年もやってきました!マキヤさんの自然栽培ブルーベリー!
 栽培のみならず、丁寧な選抜。さすがです。 これから一カ月程入荷します。 このまま食べても、冷蔵庫でつい熟させても(甘く味が濃くなります!)冷凍させても(一口シャーベットみたいで美味しい!)、ジャムやお菓子づくりに。旬をどうぞたっぷりお楽しみくださいね。

今週もどうぞ美味しい食卓を。
皆様のご来店心よりお待ちしております。



星野充子

いいね!した人  |  リブログ(0)