夫のモラハラ(言葉のdv、言葉の暴力)で悩む方のための離婚せずやり直す方法

「誰に相談したらいいのかわからない」
モラハラ(モラルハラスメント)は言葉のDVです。
夫、彼の言葉の暴力で悩んでいる方に向けてカウンセリングを行っています。
また現役保育士、3児の母として、育児、子育てに関する相談、毒親に関する相談も受け付けています。

    手紙モラハラ解決の「鍵」はここにあった!手紙       モラハラに苦しむ日々から、V字解決に至るまでの軌跡

  

         ↑画像clickでご登録↑


テーマ:
・「自分ってダメだなあ・・・」マインドが、モラハラを助長する。


こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子です。


3つの台風が一気にやってきていますね。





昔、まだ幼かった頃(小学校低学年くらいでしょうか)
実家の前に古い車庫があり
台風のときの暴風で
目の前で、車庫が丸ごと吹っ飛んでいった光景を
目の当たりにしたことがありました(^^;;


あの時初めて「自然の脅威」を体感したかもしれません。
なので、台風には人一倍恐怖心がある私。
出かける用事もあったけれど
今日はおとなしく、自宅待機していましょうか・・・。

=============================
日頃、あなたはこの感覚を頻繁に感じることはありませんか?


(私ってダメだなあ・・・)って。


この台詞が、頻繁に頭の中で鳴っている方。
夫から責められた時はともかく
それ以外の時でも
この言葉がかなりの割合で
ご自身の頭の中で鳴っているなと感じていたとしたら・・・。


はい、それ。
相当「自分を責めているんだ」っていう認識を持ってくださいね(^^;;


実は、私ってダメだなあっていう思いってね・・・。
「だから、あなたの言うことが正しいんです」に直結する傾向にあるんです。


ダメだって思ってる私が、正しいなんて思えないもんね。
・・・って、「無意識で思ってる」から。


そして、あなたの中にこの
「あなたの言うことが正しいんです」マインドが前提としてあると
心のどこかで「私の中に正解はない」を信じているので


たとえ夫の暴言が理不尽なものだとわかっていても
心から拒否、否定できない自分がいるんです。



だから、結果、モラハラ行為をされても
「私が我慢するしかない、私が耐えることで場が丸くおさまるなら・・・」
って、自分を犠牲にする方法しか、思いつかず・・・。


これがモラハラを助長させていく現実を体験し続けるんです。


・・・以上が、「過去の長谷川」でございました(笑)


私は決して悪くなかったし
間違ってもいなかった。


でも「自分に原因はあったのだ」
こう捉えてみることで、こう捉えられるようになったことで
見方が変わっていき、現状が変わっていったのは確かでした。



「私はダメだなあ」と思いやすい=「あなたのおっしゃる通りです」
これがモラハラを余計に招いていたのは、間違いなかったと思っています。

=============================


【無料メールセミナー】「夫のモラハラで悩む方のための離婚せずやり直す方法」


        ↑画像clickでご登録↑




モラハラに特化した過去記事を、こちらから読むことができます。
hp

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

facebook
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
・彼がモラハラかどうか、知りたい?


こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子です。


今年の秋には、一番下の息子が就職予定。
これからは、なかなかそろって出かけることも少なくなるだろう・・・
ということで!


息子の希望で、ここに行ってきました。





季節は夏真っ盛り!ですので
併設されている「ジャンボ海水プール」のほうに大勢の人が流れていったため
「遊園地側」は思ったより人が少なく・・・。
「乗り放題」を希望していた息子は大喜び!!


これ、とか・・・。




これ、とか・・・。



それはもう、大はしゃぎでした^^


実は私も絶叫系は大好きで
行く前は喜んで全て制覇する「つもり」でした。
が・・・。
最初の絶叫系コースターに乗り終わった時点で、感じたのです。


(確実に、時間は経っているのだな・・・_| ̄|○)と・・・。


体がついていかないのです。
若い時は全然平気だったのに、三半規管が弱くなっているのか
「酔う」んですよ・・・。


ということで、それ以降の「超絶叫系コースター」は
辞退した私でございました。


でも「うおー!楽しかったー!」と
少なめの待ち時間で、十分乗り物を満喫した子どもたち。


ま、楽しんだから、よしとしましょう^^

=============================

「モラハラとは?」という記事が、ネット上でたくさん書かれています。
それらの記事を読んで、そのパターンが彼にも思いっきりあてはまる・・・。


「そうか!彼はモラハラだったんだ・・・!」


今までは、それが彼の「性格」だと思ってた。
だから仕方がないと思ってた。
彼からことごとく責められたことで
やはり私が悪いんだって、ずっと思ってたけど・・・。


「これはdvだとしたら、私が悪い訳じゃないんだ」


ここが、モラハラから抜ける第一歩です。


でも、実際、この人がモラハラかどうかの判断って
難しいと思いませんか?


例えば、彼から
「お前なんて生きてる価値ないよ」と言われたとしても
それに対する反応って、全ての人が同じとは限りませんね。


何も感じない人はそうそういないかもしれないけれど
(あなたにそんなこと言われる筋合いないよね)って
流せる人もいますし


逆に、傷ついて自分を責めて言葉を返せない人もいれば
相手に反論する人だっていますよね。


流せる人にとっては、その言葉を言われたこと自体
問題になりませんし
そもそも、そういう人はお断り!って
縁を切ることだってできるかもしれません。


ですがそれによってどんどん追い込まれ、精神を蝕まれていく人もいます。


問題になるのは
「何を言われているか、その言葉そのもの」よりも
「それを言われているあなたが、そのことをどう感じているか」なんです。



だから、あなたがそのことを
『辛い、苦しい、自分らしくいられない」などと感じるのなら
言葉そのものが問題なのではなく
あなたがそう感じていることで、それが「問題となる」ということです。


相手の態度がモラハラかどうかを知りたいのなら
相手がこう言うから、ではなく
「あなたは、それによってどう感じているのか」



そこを自分に問いただしてみてくださいね。

=============================


【無料メールセミナー】「夫のモラハラで悩む方のための離婚せずやり直す方法」


        ↑画像clickでご登録↑




モラハラに特化した過去記事を、こちらから読むことができます。
hp

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

facebook
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
・「夫に代わってほしい」と思っている方へ。


こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子です。


毎日、本当に暑いですよね。
38度、とかありえないし・・・(´Д` )


暑いせいか、最近はまっているものは、これ!





もともとそんなに好きじゃなかったのに、味覚が変わったのだろうか・・・??
引き立てコーヒーの味は、格別!!


ずっと粉にしたコーヒーを買っていたけれど
これから豆で買って、毎回挽いてみようかなーと思ってます。


ん!!
珈琲豆専門店を、探してみようかしら・・・^^

=============================


「この暴言がなかったら、私、きっとやっていけると思うんです。」
「夫の態度がもっと優しくなったら、もっと毎日が楽に生活できるし、夫にも優しくなれると思っているんです」
「どうしたら夫の言葉の暴力をなくすことができるんですか?」


これらはみんな、かつて私がカウンセラーに聞いた質問でした。
ええ、それもなんども何度も、ね(^^;;


でも、帰ってきた言葉は、いつも同じでした。


「夫を変えることはできないんです。あなたが変わるしかないんですよ」と・・・。


そして、そのたびに「腹を立てていた私」だったんですよ(滝汗)


「なんでよ!?なんで私が変わらなくちゃいけないの?
だって、あんなことやこんなこと、平気で言う方が悪いんじゃないの?」


だからこそ、「相手が変わってくれたら・・・」
そう思うのも、無理もないことなんです。


だって、実際はそうですものね。
相手の態度が柔らかくなってくれたら、楽に生活できる「事実」は
あるかもしれませんもの・・・。


でも、私が
「だって、あんなことやこんなこと、平気で言う方が悪いんじゃないの?」と
思っているのと同じように


相手も
「俺にこんなことを言わせるお前が悪いんじゃないか!」と思っている訳です。


だから
「ごめん、傷つけることを言った、俺が悪かった・・・」


・・・って
相手が誤ってくることは、ほんとーに稀なこと(^^;;


まずない、と思った方がいいですね。


でもね・・・。


「夫が変わったら、やっていける」は「夫次第」
「私がどうしたいか」は「私次第」



どちらが、より楽に生きていけると思いますか?


私はずっと、「夫(相手)次第」の人生を生きてきました。
相手の中に正解を見出し、自分で選ぶことを放棄してきた人間でした。


「そのほうが楽」だと信じていたし
「そのほうが楽」と感じるマインドを持った人間だったから。


でも、そのほうがずっと苦しいんだということに気が付いたのは
「私目線」で生きてもいいと思えるようになり
「自分軸」が持てるようになったから。


夫を変えることはできません。
でも、自分の内側が変われば
「夫に対する見方」が変わってくるかもしれません。


夫が変わるのは、その先なんです。


その結果、夫が変わったんです!の事例を
こちらのメールセミナーで読むことができます^^



【無料メールセミナー】「夫のモラハラで悩む方のための離婚せずやり直す方法」


        ↑画像clickでご登録↑


=============================

モラハラに特化した過去記事を、こちらから読むことができます。
hp

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

facebook
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)