夫のモラハラ・言葉の暴力(言葉のdv)から抜け出す方法

「誰に相談したらいいのかわからない」
モラハラ(モラルハラスメント)は言葉のDVです。
夫、彼の言葉の暴力で悩んでいる方に向けてカウンセリングを行っています。
また現役保育士、3児の母として、育児、子育てに関する相談、毒親に関する相談も受け付けています。

NEW !
テーマ:
・自分自身の魅力に「蓋」をしているもの


こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子(りこ)です。


先日の、こちらの記事。


私の友人で、似顔絵アーティスト兼、起業コンサルタントである
かとうさやかちゃんのブログでご紹介していただきました!


ちなみに、さやかちゃんが以前描いてくれた、私の似顔絵はこちら^^



かわいいでしょ?(^^)


さやかちゃんはブログの中で、こう綴っています。


「実は、実力も才能も、本当は自分でちゃんとわかってる。
でもそれが「ある物」で蓋をされているから、気がつかないだけ。


その、ふたをしている物が『言葉』


言葉の影響力は絶大なものがある。
だから、自分を肯定する「言葉」はとても大切。
どんな言葉を自分に投げかけているかが、鍵」って・・・。


本当にそうだと、私も思います。


こちらがさやかちゃんのブログ。


メンタルを学んでいる方だけあって、すごく参考になりますよ^^

=============================
クローバー【セミナー開催】クローバー
「夫のモラハラ・言葉の暴力から抜け出す方法」


10月19日(水)東京でのセミナー
詳細はこちらから

10月26日(水)大阪でのセミナー
詳細はこちらから


=============================
モラハラに特化した過去記事を、こちらから読むことができます。
hp

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

facebook
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
・自分に共感、してる?


こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの、長谷川理子(りこ)です。


正直申し上げて、50歳の声が近づいてきた私が一番「しんどい」のは・・・。
「気温の変化」


9月下旬になっての、いきなりのこの太陽と雲のあり方は、ないわ(ー ー;)




こういう時は、生活パターンのあり方を見直さねば!
ちょっと私の胃腸も、「休養」を求めているようだし・・・。


・・・ということで
しばらく「ちょっと一杯」はお休みにしようかな^^

=============================

いつもよく思うんですよ。
モラハラで悩む方って、ほんと、総じて「優しい」
私自身、結構おっちょこちょいですし、ポカすることも結構多くて・・・。


でも、そんな時でも笑って許していただいたり
フォローしていただいたりすることも多いんです。
(いつも本当にありがとう(^_^;))


そして、ご自身が被害に遭われているということもあってか
基本「受容力」が高いように感じているんです。


だから、モラハラで悩んで、そこから(何らかの形で)脱した方って
結構カウンセラーに向いている方が多いんじゃないかなって思うのですよね^^。


でも、まだまだその「渦中」にいると
その「受容力、共感力」が、「大事な相手」に向けられていないように感じるんです。



「大事な相手」って誰のことだと思いますか?


それが今日のブログのタイトル。


その相手は「自分」です。


人に対してはとても優しいし、受け入れることができるのに
「自分に対して」それがなかなかできていないようなんですね。


自分の本当の思い、感じることができますか?
それがわからないようなら、まずはそこから感じられるようになりましょう。



どうしたいかがわかっていても、その思いを「抑えている」のなら
自分自身を虐待しているのかもしれませんよ。



誰かから虐待されるのは、もう十分でしょう(^_^;)


確かに、自分のことって一番わからない部分も、多いのかもしれません。
でも、本当の意味で
「自分の本当の思いを一番わかってあげられるのは、あなた自身」なのではないでしょうか?

=============================
クローバー【セミナー開催】クローバー
「夫のモラハラ・言葉の暴力から抜け出す方法」


10月19日(水)東京でのセミナー
詳細はこちらから

10月26日(水)大阪でのセミナー
詳細はこちらから


=============================

モラハラに特化した過去記事を、こちらから読むことができます。
hp

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

facebook
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
・自分が持っている勘違いを、手放してみませんか?


こんにちは。モラハラ解決カウンセラーの長谷川理子(りこ)です。


先日、初めて「浜焼き」の店に行きました。
魚介類大好きな私は、始終目がハートマークに♡




特にこの、日本産の牡蠣は、絶品でございました!!*(^o^)/*





基本、濃い味のものは苦手なので
こうやって純粋に焼いたり、燻したり、お刺身で食べたりするほうが好きなんです。
なので、こういったお店は、ほんと、目がない^^
近いうちに、また行きたいな^^

=============================

「この状況から離れたい。
でも、どうしてもその決心ができないんです。離れられないんです」
というお話を伺うことがあります。


ご本人は、本当に辛い状況をなんとかしたいと思っているし
実際いろんな努力をされていたりもするんです。


でも、根本的な部分で、これを思い込んでいることも多いように感じます。


それは
「自分一人では生きていけない」
そんな思い込みです。


確かに、人は本当に孤独だったら、生きていけないのかもしれません。
でも、そうではなくて
「私なんかが、自分の足で歩んでいける訳がない」
そんな感じでしょうか。


実際に夫やパートナーから
「誰のおかげで生活できると思ってんだ!?」とか
「お前一人で何ができると思ってるんだ!?」などと言われ
それも、あたかもそれが事実だと言わんばかりに、「理詰め」で言われ続けれていれば
そう思うようになるのは当然ですね。


また、「お前が悪い、お前のせい」だと
いつもいつも責任転嫁されて、それに反論できない状況が続くことで
自分が相手の機嫌を損ねたと思いこんでいる状況が、
自然と出来上がっている状態になっている・・・。


だから、
こんな自分は一人では生きていけない。
そう思い込んでいます。


そして、その思い込みがあることで
相手に従う生活を「自分から」選んでいる部分があるのかもしれません。



たとえ、そういう意識がなくても
無意識に選んでしまっているのかもしれません。


また、これはよく言われるのですが。


相手は、いつもいつも恐怖を与えている訳ではないんですね。
優しい時は本当に優しい。
そんな面も持ち合わせているので、どうしてもそこに執着しちゃう。


普段、あまりに辛い過酷な環境にいるので
その優しさが余計に「大切な、貴重な瞬間」と捉えてしまう。
そしれ、それも確かに彼の一部だと思うほど、離れがたくなる・・・。


そんな側面があるようです。


しかし、それは
相手が「自分に対して被害を与えてる現実」を
被害者自身が認識する苦しさから
(被害者自身が)
あえて目をそらしているのかもしれません。



そして、ここまで怒らせたのはやはり私なんだから・・・
となり、そこに居続ける、ということになっているかもしれません。


一人では生きていけない、という勘違い。
私は何もできない、という勘違い。
手放してみませんか?


その勘違いを手放して、自分を取り戻せた時
相手との「本当の関係」が見えてくるのではないでしょうか。


こちらのセミナーで、そんな思い込みを手放すことができますよ^^
クローバー【セミナー開催】クローバー
「夫のモラハラ・言葉の暴力から抜け出す方法」


10月19日(水)東京でのセミナー
詳細はこちらから

10月26日(水)大阪でのセミナー
詳細はこちらから



=============================
モラハラに特化した過去記事を、こちらから読むことができます。
hp

カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

facebook
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)