テーマ:
 

山本ユキHP エネルギーの学校

ブループリント協会

YEメソッド

 

 トウキョウ 死者の書10まではこちら👇

http://nefer.cocolog-nifty.com/isis/cat24024518/index.html

 

 

 

20116/7/19

 

パパおはよう。

今は何してるの?

 

「宇宙飛行士みたいに、エネルギーの状態を変化させる練習をしているよ」

 

どうして宇宙飛行士なの?

 

「エネルギーの粒子が変化するときに宇宙遊泳している心地になるんだよ」

 

そうなのね。

心地いいんだ。

 

「まぁ、少々変な感じだがね。お前の方はどうだ?」

 

うん、やっと眠れるようになった。

 

「ママはどうだろうな?」

 

まぁ、徐々にね。

エネルギー状態を変化させるのはどうして?

 

「そうしなければ、お前とも話ができないからだよ」

 

どんな状態があるの?

 

「お前たちがいるのは非常に閉鎖的な階層だよ。非常に閉鎖的である意味特別なところだな。他を知ることができないんだから。様々なエネルギーの階層を知ることによって視野が広がるんだよ」

 

階層っていくつあるの?

 

「パパが知っているだけでも、大きく4つ。細かく分かればきりがない」

 

「まず、お前たちが存在する世界。そこには身体を養うための滋養とも言えるエネルギーの領域や思いによって変化し創造されるエネルギーの領域も含まれている。まだ、自分がひとつの個だと感じるところだ。その上に、その個体を作り出す計画をなす領域がある。ここは全くすごいよ、設計図はひとつの狂いもなく綿密に描かれている。そして、その設計図に情報を与えている領域。今パパは大部分ここで過ごしている。そして、その上。それ以上のことはパパもまだわからない」

 

 

 

AD