山本ユキHP エネルギーの学校

ブループリント協会

YEメソッド

 

 トウキョウ 死者の書10まではこちら👇

http://nefer.cocolog-nifty.com/isis/cat24024518/index.html

 

 

2016/7/18

  

「この世のシステムは、この世でしか有効じゃないんだ。この世のものは朽ちてなくなる。でも、こっちの様々なシステムは、それぞれそのあり方が違うんだ。生まれては消えるものもあれば、永遠になくならないものもある。統合していくものもある。自由自在だよ。だから、一番儚いこの世にこだわるのはバカバカしいな。小さな鳥かごの中に入って、「これが全ての世界だ」と思い込んでいる籠の鳥だよ」

 

「変幻自在の中でも、この物質の世界がいちば儚いということなの?」

 

「俺は死ぬまえにいろんな幻想を見ながら、自分の人生の総ざらえをした。あれは、恐ろしかったけど、現実じゃない。でも、こっちに持ってきたら現実さ。長い間向き合っていかなければならないんだよ。だから、生前に総ざらえするのは大切だよ。俺はニュースをしている時の恐怖心と向き合うのは大変だったよ。恐れを押さえつけてきたからなぁ」

 

「そっちに行くために何か練習はできる?」

 

「遠くを、無限遠くを見定めてその中に入っていく練習をすると移行するのが楽だよ。限界を設けずに察知する力も必要だ。そうすれば俺の声は多重に聞こえるはずだ。この話は、多重に聞く必要がある。お前の世界だけの理解では成り立たない話だ。常に多重に物事を見聞きする必要がある。そうすれば、こちらではやりやすい。自分の罠に入り込まずに済む。無限に開けば開くほど、世界の常識が非常識だということがわかるよ」

 

 

 

 

 

AD