山本ユキHP エネルギーの学校

ブループリント協会

YEメソッド

 

 トウキョウ 死者の書10まではこちら👇

http://nefer.cocolog-nifty.com/isis/cat24024518/index.html

 

 

 

2016/7/12

 

「パパおはよう。そこはどう?」

 

毎朝の挨拶。

 

今日は、

 

「ここは、知っている場所だったよ。ここから来たんだったよ」

 

「仏様とか憤怒神とか見えなかった?」

 

と聞いてみる。

 

「それは、生きているときに見たな。でもな、お前が触ってくれると見えなくなるんだよ。死んでからはとにかく光だ。努力しないと西沢祥平に戻れないよ」

 

「そうか、休みたい?」

 

「ああ、少し休むよ」

 

「もっとその世界のことを知りたいから、教えて」

 

「ああ、すごいところだよ」

 

私は、父の生前ヒーリングチャクラ7を使って度々ヒーリングしていた。

 

これは1チャクラから7チャクラまで周波数を整えていくヒーリングだが、

 

死の間際には、

 

下の方のチャクラ(1〜3チャクラ)あたりのエネルギーは、

 

「それはもうやめてくれ」

 

と言っていた。

 

1〜3チャクラまでのスプレーは肉体の強化です。

 

周波数を整えることによって、

 

チャクラに流れ込むエネルギーが増幅されます。

 

すでに肉体から離れるプロセスに入っている場合には

 

それが苦痛となることもあるのでしょう。

 

そして7チャクラのスプレーはとても気に入っていて、

 

そのスプレーをするようにと指示されていました。

 

スプレーすると至福の表情になります。

 

父の病室は常に7チャクラの香りに満ちていました。

 

おそらく、周波数によって見えてくるものが違ったのでしょう。

 

死の間際の人にヒーリングチャクラ7を使う場合は、

 

7チャクラから使うことをお勧めします。

 

あちらへの移行の助けになるように思いました。

 

 

 

 

 

 

AD