山本ユキHP エネルギーの学校

ブループリント協会

YEメソッド

 

 トウキョウ 死者の書10まではこちら👇

http://nefer.cocolog-nifty.com/isis/cat24024518/index.html

 

 

 

 

2016/7/8

 

帰ってきたときには、そこで家族を見守りながら、

 

「大丈夫だよ」

 

と言っていたけれど、

 

明け方、部屋を覗くと、

 

父のエネルギー体がさらに精妙なものに変わってきている。

 

昨日までの所を探しても見つからない。

 

その日の夕方、

 

「みんなにもパパがいることを教えてあげてよ」

 

と頼む。

 

「空を見上げてみろ」

 

というので、皆でベランダから空を見上げていると。

 

父の部屋の上から三日月までかかるピンク色の雲のアーチを作ってくれた。

 

疲れは出てきた母は、「重かった体がスーッと軽くなったわ」と涙する。

 

皆、一様に疲れが取れたと言っている。

 

父を探すたびに、亡くなった時のものではなく、

 

新たな周波数に入っているのがわかる。

 

 

 

 

2016/7/9

 

火葬の日。

 

火葬した自分のお骨を見て、

 

「見事だね」

 

と、何事にも興味を持っていた父らしい。

 

自分のお骨も見届けたいのだ。

 

やりきった感でいっぱいで満足のようだ。

 

  

 

 

 

2016/7/10

 

 

「パパおはよう、なにしているの?」 

 

と声をかけると、

 

「疲れたから休んでいるよ。ここは凄い所だよ」

 

との事。

 

父のNHK時代のお弟子さんと、お別れの会の打ち合わせをしていると、

 

ついてきて、

 

「まいったね」と照れながらも喜んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD