泣いて生まれてきたけれど

情報が命に直結する時代


テーマ:



@onodekita
「悪魔の飽食」731部隊の内容を刻銘に記した良著。
ところが、Amazonの書評には共産党だ、なんだかんだの
さげずむ書評ばかりずらりとならぶ。
原発に対する本とまったく同じ。
つまり真実と言うこと。現代の必読書

-------------------------------


森村誠一ノンフィクション
【新版】 悪魔の飽食 - 日本細菌戦部隊の恐怖の実像!  より抜粋

三千人以上におよぶ「丸太」
(=捕らえられた多くの中国人・朝鮮人・ロシア人ら)
を生きたまま生体実験材料として殺し、
非人道的な細菌戦の研究開発およびその実行をした第731部隊。

実験順番の回ってきた「丸太」にはペスト、コレラ、チフス、
赤痢、梅毒スピロヘータ、などの生菌が注射され、
あるいは飲み物、まんじゅうなどに混入して与えられ、
あるいは人為的に移植された。
凍傷実験や銃殺実験、ガス壊疽実験もあった。

「丸太」には、およそ人間の考えつくありとあらゆる物質が注入された。

・・・この中には医学的にすでに判明している無意味な実験も
含まれていた
という。

また、「丸太」を逆さ吊りにした場合、何時間何分で死に至り、
体の部分はどのように変化するのかがテストされた。
「丸太」を大きな遠心分離器に入れ、高速で回転させる実験は、
「丸太」が死ぬまで繰り返しおこなわれた。

強力な冷凍庫の中に、両手両足に手錠足枷をかけられたまま
パンツ一枚の裸体で放りこまれて・・・
全身の皮膚が青黒い凍傷におおわれ、組織を壊死(えし)されながら
悶絶していく「丸太」の一部始終を
16ミリ撮影機で撮影していくのである。

真空室に「丸太」を入れ、少しずつ真空にしていくのである。
・・・眼球はとび出し、顔面は異様に膨れ上がり
ビーチボールぐらいの大きさとなる。
全身の血管がみみずのように隆起し・・・

解剖室に一人の中国人少年が連れ込まれた。
隊員らの話によると少年は「丸太」ではなく、
どこからか誘拐してきたのではないか
ということであったが、正確なことはわからない。
「解剖したのは、健康な少年男子の臓器が欲しかったためと
あとでわかった。
少年はそれだけのために生きたまま腑分けされたんや・・・・・・」
眠っている少年の体内から・・・各種の臓器が取り出され・・・
計量器に載せられた各臓器は、まだ蠕動を続けているために
計量器の針がふれ、隊員は目盛りを読みとるのに苦労した。
「おい、まだ生きとるやないか」・・・人間の生き造りであった。
・・・頭皮が切り落とされたあと、鋸(のこぎり)がいれられ
頭蓋骨が三角形に剥ぎ取られた。
・・・豆腐でも取り出すように少年の脳を取り出した。

ホルマリン液を入れたガラス容器が棚にずらりと展示されていた。
ホルマリン液の中には人間の生首が浮いていた。
切断された首がカッと目を開いたまま、あるいは閉じて、
頭髪を藻のようにゆらめかせながらガラス容器の中にたゆとうていた。
顔面をザクロのように咲かれて割られた生首がある。
刀剣で頭頂部から耳の後ろまで断ち割られた生首がある。
あるいは鋸(のこぎり)で切断され、脳を露出させ・・・

・・・大腿部から切断された人間の足があった。
首、四肢を捥がれただるまの胴体だけのものもあった。
膵臓や腸が液体の中にとぐろを巻いている。
女性の子宮や胎児もあった。
およそ人間のありとあらゆる部分(パーツ)が
大小の容器の中に浮いていた。

標本の数は大小一千個を超えたという。

特別班員の多くは田舎からポッと出の若者たちで、
純朴な小心者もいた。
そのため『度胸をつけるための特別訓練』を受けた。
特別訓練とは「丸太」を六角棒でなぐり殺すことだ。

「石井部隊長は徹底したエリート意識の持ち主だった・・・・・・
唯我独尊の選民意識と、当時の日本人が持っていた
『アジア諸民族の中では日本人が一番えらいんだ、優秀なんだ』という
排外的な民族意識が結びついた・・・・・
731部隊の残虐行為の根っ子には度はずれた選民意識がある」と
元隊員の一人はいう。


(隊員とその家族に対し)
「日本は負けた。お前たちは今から内地へかえす・・・・・
だが731の秘密をもらした者がいれば、この石井はどこまでも
しゃべった人間を追いかけていくぞ、いいな」。

(帰還船の到着した港で)
「全隊員に告ぐ・・・・・郷里へ帰ったのちも、
731に在籍していた事実を隠匿し、軍歴を隠すこと。
隊員相互の連絡は厳禁する」


この実録は小説「死の器」の副産物という形で誕生した。
「死の器」において731部隊について触れたところから、
同部隊の生存者と接触できた。
以来、次々に接触の環が広がり、
写真を含む膨大な資料が集まってきたのである。

真に恐ろしいことは、この残酷を犯した人たちと、われわれが
別種の人間ではないという事実である。・・・
ふたたび戦争が起きて同一状況下におかれれば、
われわれも同じ残酷外道の所業を何度でも
かさねることができるのである。

この実録の目的は個人の責任を問うことではなく、
歴史の空白を埋め、戦争体験の真実を記録して、
戦争の愚を決して反復しないための一臂の抑止力とするためである。

-------------------------------
-------------------------------

@4x4x41000
今から二十年くらい前、私が世田谷区の三軒茶屋に住んでいた時、
731部隊の元兵士から話を聞いたことがあります。
その人曰く、森村誠一のあの本(悪魔の飽食)が出なかったら、
秘密は全部、墓の中に持っていこうと思っていた、と言っていたのを思い出します。


@onodekita
生の証言は本当に迫力がある。731部隊の生存者の貴重な証言だ。
身の毛もよだつとはこのことか。
安倍はこのような軍隊を再びつくろうとしているのか。
http://www.jcfa-net.gr.jp/tokyo/sensouten/syougen.html


731部隊の人体実験のレポート見つかる(NHKニュース)
http://www.youtube.com/watch?v=R9aaf5jZhLw&feature=youtu.be


@maruco2271
A級戦犯がよく問題になるが、本当のA級戦犯である731部隊は、
膨大な人体実験データを米国に渡すことで、追求を免れ、
日本の医学会のそれぞれの頂点に収まった。
汚染輸入血液や輸入ワクチンを拒否できるはずもない。
その医療は、治療か、実験か、事実の隠蔽か。

@natsu_yuki_blog
なるほど、GHQと731部隊の取引ってこういう事なのね。
研究結果はすべてアメリカにつつぬけ、
さらに部隊OBを使って日本の医学会を牛耳る。
スピーディに人体実験研究員と被験者(日本人)両方
を手に入れられるわけか。
もともと人を殺すとか慣れちゃってる人たちだから、
お金で何でもするよね。

@_KnZ
悪魔の731部隊は実験データをGHQに引き渡すことで
東京裁判を逃れた。
そして、その精神は今尚、
医学界や厚生省や日本赤十字などに受け継がれている。
御用学者山下は、人体実験で有名な731部隊 出身者 重松逸造
の直弟子である。
長崎大学にも多くの731部隊出身者が潜んでいる。


@nzkysnb
山下俊一が731部隊の関係者の弟子筋に当たるというのは、
すごく根深い問題だと思う。
日本の医学犯罪、人体実験の倫理に関しては、
土屋貴志さんが詳しい。
/第4回 日本軍による人体実験
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/user/tsuchiya/class/vuniv99/exp-lec4.html


@tokaiama
731部隊帰還者、重松逸造は戦後医学の重鎮として君臨、
水俣病とチッソの因果関係なしと断定、救済を十年遅らせた。
チェルノブイリにICRP責任者として出向き被曝死者皆無と断定、
死亡総数数十名にした。今でも米軍ABCC後継機関の放影研理事
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/116.html
2011年8月23日


2012年2月6日、重松逸造 永眠。


@tokaiama
医学界が、どうしてこれほど
産業、政府寄りの姿勢ばかり続けているのか? 
その秘密は人脈にある。
中国で子供たちを人体実験で数千名殺害した関東軍731部隊が
資料を米国に渡して罪を免れ帰国、厚生省や国立大医学部に帰還。
医学部教授や各県医師会長は731部隊出身者でなければなれないと言われた


@mariscontact
731と薬害と原発の関係!
1952年日本に原子力導入の提言をした元東大学長・茅誠司は
エイズ研究班長・安部英設立の
「血友病総合治療普及会」理事だった。
茅は戦後、731部隊の追及をやめるように発言。
山下俊一は福島事故当時、
HIV・HCV血友病患者の長期療養に関する患者参加型研究班長!

@tokaiama
被曝正当化は関東軍731部隊の免責復員から始まった。
彼らは米軍に人体実験資料を引き渡し罪を免れ
戦後医学界の重鎮に。
北野指令官は日本ブラッドバンクを設立、売血事業を行った。
これが肝炎を蔓延させて禁止されると次にレントゲン集団検診事業。
当時1枚10mSV、これを浴びた女児が今乳ガンに


@mariscontact
731部隊の生体解剖の様子は、フィルムを回していたカメラマンも
嘔吐しながら、撮影したと聞きます。
731部隊→エイズ→福島エートス、つながっています。


@tokaiama
731部隊 → 日本ブラッドバンク → 放射線検診協会
→ ミドリ十字社 → 三菱ウェルファーマ
→ 厚生省予防医学研究班 → 血友病治療会→ 原子力産業 
は一本のロープでつながり、たぐればゾロゾロ出てきます。
悪魔の系譜 すべては731部隊の免罪から始まった


@onodekita
731部隊のとんでもない命令に、簡単に従っていた日本人
だから、ガレキ焼却命令なんて朝飯前。


@onodekita
311を経て、この国が戦時中とまったく変わっていなかったことに
愕然としてしまっている。
どんな理不尽な命令にも嬉々として受け入れる役人、企業人。
731部隊の素地が今でも我々に残っている、
と書いた森村誠一氏の論評は完璧に正しかった。


@itoshunya
米軍占領下の原爆調査 笹本征男を読むと
広島市民の原発犠牲を調査に当った731部隊や東大医学者が
如何に己と米軍のために隠蔽改ざんしたかが良くわかる。
そんな奴らの調査を信用して
国際的コンセンサスだと宣う奴らは共犯者に等しい


731部隊に関与した医師・医学関係者 http://t.co/2nLYRqFp


@mariscontact
731部隊関係者その後の職業一覧
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/iryou/731butai/kitikunoshokugyou.htm

---------------------------------------

広瀬隆さんの「腐食の連鎖」
http://ameblo.jp/dembo531/entry-11426285171.html
この本の内容をざっくりと...
原発人脈と薬害人脈が重なっていること
その大元がA級戦犯の関東軍七三一部隊の人脈であり さらに
その人脈が 住専処理や公安警察・右翼・法曹界にも繋がっている

七三一部隊は アメリカに人体実験の研究成果を引き渡す代わりに
免罪符を得る取引をしており この時に逃れたA級戦犯が
何の反省もなく日本の権力の中枢部を握っているため
数々の社会問題を起こし
その責任をカネとコネの力で踏み倒し続けている....

---------------------------------------

(管理人)
「731部隊の人体実験 自体」を捏造である
ということにするための隠蔽工作をしているブログがたくさんあります。
そういうブログの他の記事は「日本の核武装を実現させよう!」
とかばっかりで要するにネトウヨです。
「日本の良い行動はすべて事実で、
日本の悪い行動はすべて嘘、デタラメ」
としたいのでしょう。

↓ここで答えているのもそういう者のひとりです。

-------------------

Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1330524333 より

Q:悪魔の飽食が捏造であることを作者本人が認めた?
誰がこんなウソをついたのですか?

このような主張がありますが,誰が言い出したデマなのですか。
731部隊の犯罪自体は紛れもない史実なのに。


A:アメリカが押収した公文書を公開しましたが、
731部隊の『悪行』は出てきていません。

だから、ウソなんです。

あの『悪魔の飽食』に出ていた写真も、
別件のものと判明しましたねえ。

ところで、『731部隊』の犯罪というのなら、
どこの公文書に記載されているのかを回答してくださいね。

---------------------------------------

↑人体実験データを渡す代わりに免罪にしたわけで、
公文書には書かれなかったと考えるほうが自然。

作者本人も捏造だなんて認めていません。
写真に関しては↓

-------------------

森村誠一公式サイト

悪魔の飽食

【著者解説 2002/8/1】http://morimuraseiichi.com/?p=9111 より

全作品約300点中、これほど物議を醸した作品はない。
関東軍第731部隊の戦争犯罪を告発したこの作品は、
元隊員から提供された写真の中にインチキ写真が混入されていた。
これを見分けることができず、グラビア写真に誤用したことから、
マスコミに袋叩きにされ、右筋からも攻撃を受けた。

抗議電話は鳴りつづけ、夜中、窓に投石された。
仕事場のドアに赤ペンキをぶちまけられ、
連日、抗議の手紙や脅迫状が配達された。
右翼の街宣車が押しかけて来た。
私は外出時、防弾チョッキを着た。
神奈川県警が常に護衛してくれて、
県外にはなるべく出ないようにと警告された。

一時、絶版されたが、後に角川書店から復刊された。
このとき、角川書店では、まず
角川社長の身辺警護対策を講じたという。

---------------------------------------

731部隊元隊員が証言 「子持ちの慰安婦を生体解剖したこともあった」
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20070409/1176115827 より

    731部隊元隊員証言

 戦時中に中国大陸で、捕虜などに人体実験を重ねた
旧日本陸軍731部隊の衛生兵だった三重県尾鷲市の
大川福松さん(88)が8日、
大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席、
「毎日2~3体、生きた人を解剖した」と証言した。
当時の体験を人前で明かしたのは初めてで、
「不正なことは、社会に、はっきり示さなあかんと思うようになったから」と語った。

 大川さんは早稲田大で細菌学を学び、1941年に召集。
44年8月から旧満州(現中国東北部)にあった
関東軍防疫給水部本部(通称731部隊)の「ロ号棟」で、
衛生伍長をしていたという。
所属した班は、ペストやコレラ、梅毒などの病原体を人体に注射して
感染の状態を調べたり、人為的に凍傷を作ったりしていた。
最初は「大変な所に来た」と思ったが、次第に感覚がまひし、
「そのうち、毎日2~3体解剖しないと仕事が終わらん気になっていった。
多い時は1日5体を解剖した。実験の対象は名前ではなく、
番号で呼ばれていた」
と証言した。

 子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。
「子どもが泣いている前で母親が死んでいった。
子どもはどうするのかと思っていると、凍傷(の実験台になった)。
それをざんごうに放り込んで埋める。
本当に悲惨なことがたくさんあった」
 戦後は「国から口止めされていたから」と沈黙を続けていた。
シンポの開催を新聞で知り、
「当時の仲間に会えるかも」という思いもあって出席したという。

    (2007年4月9日 読売新聞)

---------------------------------------



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この情報を拡散すべきだと思う方は
↓ このボタンをクリックしてください。
ランキングが上がって多くの人に読んでもらえるようになります。

にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

スナメリオ さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。