マーケット・ips細胞

テーマ:
バイオベンチャーのメガカリオンは2017年度から日本と米国でips細胞を使った血液製剤の臨床試験を始める。
献血からしか作れづ、慢性的に不足している血小板製剤を20年度から量産し、販売する考えだ。
メガカリオンは京都市内の施設で治療用の薬を作り、17年度から健康な人を対象とする安全性を確かめる治験を始める。
がんや重度の貧血で、骨髄機能が低下し血小板製剤による輸血が必要な患者向けに人工血液製剤として日米で20年度の販売を目指す。



-657921127.jpg
-405699047.jpg
-352370202.jpg



rinku22.jpg
rinku13.jpg
IMG_20160923_090001075.jpg
AD