砂場

本の感想と日記。些細なことを忘れないように記す。


テーマ:

伊坂 幸太郎
砂漠

発行が12月じゃなかったら本屋大賞の一次選考に投票したかった作品。


大学生活を描いた青春小説。主人公を含めて5人の仲間たちがいるのだが、注目はサンボマスターを彷彿とさせる西嶋のキャラだろう。主人公の北村は世の中を遠くから見下ろす俯瞰型。友人の鳥井は目の前のことだけを楽しむ近視型。そして西嶋は近視の鳥だった。世界平和を願って、麻雀でピンフ(漢字で平和と書く)を上がりつづけようとしたりする。


「俺が言いたいのはね、どうして、あの雀荘のオヤジたちは、俺の仕送りをあんなに必死で奪っていったかってことなんですよ。平和をね、平和を作っている俺の金を。平和を願ったピンフをね、満貫、ハネ満でやっつけて、何が嬉しいってことですよ」


この3人と表情がほとんど変わらないクールな美女の東堂、おっとりした性格で超能力の持ち主の南の5人が登場する。あいかわらずの小気味いい会話文と、ちょっと仕掛けなど、伊坂ファンの僕としては読み終えるのがもったいなく思えたほどだ。


西嶋はサン・テグジュペリの『人間の土地』を愛読していて、よく引用する。おかげで僕も買って読んでしまった。本書でも引用されているが、サン・テグジュペリの言葉に「人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢のことである」というのがある。本書はまさに、そんな物語だった。爽やかで清々しい読後感。


関連書籍


サン=テグジュペリ, 堀口 大学
人間の土地


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
中村 航
100回泣くこと

読みやすく、やさしくて暖かみのある文章。世界が彼らを祝福しているように思えた。静かに幸せが二人を包み込む。同じ世界にいて、同じ時間を過ごし、同じ未来を見ていた。主人公というよりはこの二人の世界に感情移入をして読み進めた。そんな世界がゆるやかに描かれる。そして、婚約者は重い病気にかかる。実生活の僕も婚約期間中だったから、読んでいて厳しいものがあったのは確かだが、それでもこの本が素晴らしいことに変わりはない。幸せな記憶が多いから、その数だけ涙がこぼれる。


風が吹いて、愛が残った。

交際3年。求婚済み。年の差なし。
ここが世界の頂点だと思っていた。
こんな生活がずっと続くんだと思っていた――。


(単行本帯より)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
斎藤 美奈子
実録 男性誌探訪


「雑誌で読みとく日本男児の麗しき生態」と表紙にある。男性誌に詳しくない人はさっぱり分からないと思うが、見出しを一部列挙。


プレジデント……いまだ健在。二倍二倍の上昇志向
文藝春秋……保守でオトナな日本のセレブ
ダカーポ……チョコマカ生きる書生体質の次男坊

ナンバー……つるんでナンボの従軍取材
週刊ゴルフダイジェスト……時事からマンガまで全部ゴルフ
日経オトナのOFF……失楽園カップル二名様ご案内
ニュートン……宇宙に地球。懐かしい未来感。


メンズクラブ……できる男の服というコンセプト
ブリオ……マニュアル世代が大人になって
ナビ……クルマって、フフ、生き方さ


レオン……オヤジ、モテたい。以上終わり。

ターザン……カラダフェチが放つ危険な魅力
鉄道ジャーナル……鉄道と鉄道マニア、どっちがおもしろい?


山と渓谷……第二の青春は娘さんとともに

週刊プレイボーイ……なぜにあなたはそんなに熱い
週刊スパ……二十代サラリーマンの自虐と憂鬱


書店にいるので特に興味の無いジャンルの雑誌でも雰囲気は分かっている。この分析は見事だ。これだけで、笑いが止まらないが、詳しく解説・分析された内容は素晴らしい。ナンバーは好きな雑誌なので本文を読んでいて少し腹が立ったが、ちきしょう、確かに従軍取材なのでしかたない。ナビとレオンの見出しは特に秀逸だと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
浅草キッド
お笑い 男の星座2 私情最強編


故・鈴木その子の「美白」のウラに隠された真実とは? 芸能界最強の男を自認する寺門ジモンの恐るべき肉体改造術とは? 江頭2:50が、お笑い芸人のプライドをかけて挑んだ無呼吸潜水の死の淵で見たものとは? 博学にして男ぶりに秀でている百瀬博教の真の顔とは? 好評のルポ・エッセイ第2弾!(出版社ホームページより)


芸能界の裏話的な内容かと思ったら、熱い男たちの生き様に不覚にも感動してしまった。そして笑った。こういう本が書ける浅草キッドは芸能界になくてはならない存在だろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
西岡兄妹
心の悲しみ

古本屋で西岡兄妹の本は珍しいと相方に言われて、ついつい購入。少年文芸に兄の西岡智の小説が載っていたし(挿絵はもちろん妹)、ダヴィンチの穂村さんの連載に妹の西岡千晶が挿絵を描いているから以前から気になっていた。


本書は兄が原案、妹が絵を担当の漫画だ。あまり漫画は詳しくないので、つげ義春系だということにしておく。ガロ出身だから、そんなに間違ってないはず。小説でいうと幻想文学。僕の好きなジャンルだ。悪夢をそのままマンガにしたような不条理な世界は読んでいると頭のなかを掻き回されているようで落ち着かない。幻想的な絵もゾクゾクするほど薄気味悪い。夏目漱石の「夢十夜」の漫画を描いてくれないだろうか。


西岡兄妹ホームページ

http://www.ztv.ne.jp/bro-sis/index.html


西岡兄妹最新刊

西岡兄妹
死んでしまったぼくの見た夢

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。