ROSEさん、コメント有難う御座います(*´▽`*)

基本的に、私も栄養素は食事から取る事を重要視しています☆サプリや保健用食品などは、食事だけでは栄養のバランスを取ることが困難な場合、不足した成分を補うために用いるものと考えています(*^o^*)

あと、ビタミンCをとるには、生野菜の方が良いというのは、栄養成分が壊されず取る事が出来るという考えからでしょうか?私もこの件について、再度調べて考えてみました( ̄▽ ̄)ノ
栄養成分は、消化吸収され最終的に体に取り込まれることが大事です。調理などによる損失、体に取り込まれず排出されてしまうなど、分析値100%吸収されるとは限りません。生野菜だと、一食分で考えるとたくさんの量をとることとなると思いますし、吸収も温野菜と比較すると、吸収されにくいのかと考えますヽ(´▽`*)
そして、こう取らなきゃダメということも無いですし、私としては、温野菜には温野菜の、生野菜は生野菜の良さがありますので、美味しく偏ることなく幅広く、取っていく必要があるものと思ってます ヽ('ー'*)ノ

大変、勉強になりますので、少しでも気になった事がありましたら、どなたでもコメント下さいね♪⌒ヽ(*'-^*)調べて見たいと思います♪( ̄▽ ̄)ノ"
AD

ビタミンC

テーマ:
私の飲んでいるサプリメントの中に、ビタミンCがあります(*'ー'*)ノ~
仕事上、ストレスを感じることがあるため、、ビタミンCを取るようにしました。今日は、、ビタミンCについてお話します~(((((( 8-【* ̄∇ ̄】ノ”


★ストレスが生じると、抗ストレスホルモンが分泌して、血圧を上げ、血中の糖分を増やし、エネルギー供給体制を整えてストレスに対抗します。このストレス反応の主役であるホルモンの生成に、ビタミンCが欠かせないのです。
ストレスは、皆あるもので、不安や緊張など精神面からのものや、疲労や睡眠不足、暑さや寒さなどもからだにとってストレスであり、私たちが思っている異常にビタミンCの消耗は大きいと言えます[ ゜皿 ゜]” ストレス社会に生きる私たちはストレスに負けないように、たっぷりとビタミンCを補給していきましょう\( ̄∀ ̄*)/

<主な作用>
細胞の結合組織であるコラーゲンの合成の働き、血管、皮膚、粘膜、骨を強くする。抗酸化作用、抗ガン作用、抗ウイルス作用、解毒作用。血中コレステロールを下げる。しみの元のメラニン色素の生成を抑える。鉄や銅の吸収を助ける、ヘモグロビンの合成を助ける。
<過剰症>
一日に10グラム以上取ると下痢、頻尿、発疹が出ることがある。一過性のもので過剰症ではないですが、気をつけましょう(。・_・)ノ
<欠乏すると…>
壊血病(出血が起こる病気)になる。ビタミンCがコラーゲン生成に不可欠だからということによる。コラーゲンは、細胞の接着剤として血管、各種器官、筋肉を作ります。コラーゲンが細胞をしっかり固めれば、風邪のウイルスも容易に侵入出来ません。また壊血病にまでならなくとも、肌のはりが失われ、風邪をひきやすく様々な病気に侵され易いからだになってしまいますΣ( ̄□ ̄ノ)ノ
<効果的なとり方>
水溶性なので2~3時間で排泄されるので、3食できちんと取りましょう。生野菜ではビタミンCはたくさん取れないので、温野菜にすればたっぷり取れます。熱、空気、アルカリ、酸素に弱い性質も持つため、調理方法にも気をつける必要があります。野菜の調理による損失は平均50~60%であり、煮るよりも炒めたほうが損失は少なく、また、サツマイモのビタミンCは加熱で失われる率が少ないそうですヽ('ー'*)ノアセロラジュースはコップ1杯で252mg、手軽にしっかり取れます☆苺、みかん、赤ピーマン、菜の花など多く含まれています。ちなみに、ホウレンソウは、冬の物ですが、夏取りの物は冬取りの物と比べて1/3と含有量がとても少ないのです( ;゜ロ゜) 季節物、強し!!
。.:*:・'°☆付け足し。.:*:・'°☆
喫煙者の血液中のビタミンC濃度が低い事は明らかです。しかし、タバコをすわなくても煙にさらされている人も血液中のビタミンC濃度が低くなってしまうそうなので、しっかり取って行きましょう☆ 一日の所要量は成人で100mgです。一過性の過剰症に注意し、ビタミンCを健康のために多く取る場合は、徐々に取る量を増やすようにしましょう♪⌒ヽ(*'-^*)
AD