パソコンを開いたら、興味深い記事が目に飛び込んできました。
アメリカってすごいですねぇ。この監督も、体張っての実験にビックリしました!!
やはり、日ごろの食生活って大事だなあと再確認したものでした…。
少し話はずれますが、私はなかなか、朝ごはんが食べられず、いつも牛乳を飲んで、会社に着いて、つまむ程度のパンを食べたりします。朝は昔から抜かないようにしていたのですが、社会人になってから朝胃が気持ち悪い事があり、ある程度動いてからでないと食べられないんですよねーΣ( ̄◇ ̄;) 何とかしたいものです…。

☆「スーパーサイズ・ミー」モーガン・スパーロック監督インタビュー 2004年12月15日☆

「1カ月30日間、1日3回の食事をすべてファーストフードで済ませると、人体にどのような影響を及ぼすのか?」


 02年11月、アメリカで「肥りすぎたのはハンバーガーのせい」と、大手ファーストフードのマクドナルドを2人の少女が訴えたというニュースを聞き、疑問を抱いた映画監督モーガン・スパーロックは、自らを被験者に1カ月間ファーストフードを食べ続ける実験を開始。その様子を追ったドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」は、2004年のサンダンス映画祭でドキュメンタリー部門の監督賞を受賞するなど全米で話題を巻き起こした。現代の肥満社会に鋭く切り込むこの映画が、ついに日本でも公開、来日したスパーロック監督に話を聞いた。



■まさに“体を張った”実験を行ったスパーロック監督は、映画の中で日を追うごとに体調が崩れていく。実験終了後は健康的な生活を送っているそうだが、後遺症はないのだろうか?

「血圧や肝機能、コレステロールの値といったものは正常に戻りましたが、以前よりも太りやすくなってしまいましたね。週末ちょっと食べ過ぎたかなと思うと、体重が1~2キロ簡単に増えてるんです。脂肪細胞というものは決してなくなるわけではなく、脂肪細胞自体が痩せるわけで、ちょっとでもカロリー過多になると、どんどんその脂肪を蓄え大きくなってしまうわけです。一度太ってからやせると、そうなってしまうようです。これからは食べ過ぎに気をつけなければいけないと思います。頻繁にダイエットを繰り返している人も、同じようになっていると思いますよ」



■実験を始める前、医師や栄養士の診断を受けて「健康体そのもの」と太鼓判を押されたスパーロック監督だが、実験が進むにつれて健康は蝕まれていき、ある時ドクターストップがかかる。しかし、それでも彼は実験をやめなかった。

「私は一度始めたことを途中であきらめるタイプではないんですよ。そうは言っても、やはり怖かったですけどね。家族や友人にも電話をして様子を話すと『もう証明したいことは証明できたのだから、今すぐに実験をやめろ』と言われました。ですが最後に兄に電話したところ『普通の人は一生そうした食べ物を食べ続けるけど、おまえはあと9日間食べればいいだけじゃないか。それで死ぬなんてことはないよ』と言われたんです。これが私にはとても理論的に思えて、実験を続ける後押しになりました。まあ、今思うと何事もなくてよかったですけど(笑)」

■そうした過酷な実験を乗り越えたスパーロック監督だが、実験前と後で意識に変化はあったのだろうか?

「とにかく子供たちの食生活を変えること。そして、学校での教育を変えるということが大切だと思うようになりました。私自身“食”というものに対する認識が変わりましたから、このことをぜひ子どもたちに伝えたい。アメリカではDVDも発売されましたので、子どもたちや両親、先生方に観てもらい、問題定義をしたいと考えて各地の学校を回ってます」



■映画の中でも描かれているが、アメリカでは病院にマクドナルドが併設され患者が食べることもあるという。

「私が取材したテキサスのある児童病院では、実際に医師が子どもたちに食べさせていました。なぜ食べさせるかと聞いたところ、『ここの子どもたちの中には末期ガンの子もいるが、そうした子たちはほとんど食べることができない。マクドナルドが好きで、それなら食べることができるなら、それでもいいから食べてほしいと思い、与えている』ということでした。しかし、それならばなおのこと、追い討ちをかけるようにああしたものを食べさせるべきではないと思いますけれどね」

■体調の悪い人間にとって“追い討ちをかける”ような食べ物だと監督が言うファーストフード。実験の“標的”となったマクドナルドや、その他のファーストフード店から圧力はかからなかったのだろうか?

「マクドナルドは圧力をかけるというより、無視に近いかたちでしたね。ですが“映画の『スーパーサイズ・ミー』とは関係ない”とコメントを発表しながら“スーパーサイズ”(Lサイズよりも大きいサイズ)のキャンペーンをやめましたし、サラダを売り込んで健康志向をアピールしてますから、実は意識しているのではないかと思いますよ」

■そもそものきっかけとなった少女2人の訴訟について、今回の実験によってある程度ファーストフードの有害性が証明されたことになる。この結果をもって、ファーストフード業界に異議を唱えることもできると思うが……。


「私の目的はみなさんに問題を提議し、考えてもらうきっかけとなる映画を作ることです。決してどこかの企業を告訴したいがために、この実験を行ったわけではありません。また、自己責任ということも忘れてはいけないと思います。今回はある意味とても極端な実験でしたが、人が日々の生活の中で何を食べるかということは、各自が考えて決めることですので、そこには必ず自己責任があると思います。もちろん企業側の責任というのも忘れてはいけないと思いますが、どこで線引きするかというのはとても難しいことだと思います。企業と消費者が一緒になって何ができるかを考える、そのスタートラインとしてこの映画があればいいなと思っています」

■映画はユーモアにあふれ、笑えるシーンもたくさんあるが、取材した監督からは食文化に対する真摯な意見がたくさん出てきた。そんなスパーロック監督は、もちろんこれからもファーストフードは食べない?

「実験終わってからは、一度もマクドナルドで食事をしていませんね。ハンバーガーは好きですよ。ただ本当に美味しいハンバーガーというのは、街角にある夫婦が経営している小さなお店で手作りで出してくれるようなものだと思います。チーズバーガーだったら、蛍光塗料のような薬品がたくさん入ったチーズを使っているのではなく、本当に美味しいチーズをのせたハンバーガーですね。映画の中で100人の栄養士に質問したところ、ほとんどの人が『ファーストフードは1カ月に一度程度が望ましい』と答えました。そう考えると、私はこの1カ月間の実験でおよそ8年分を食べてしまったことになります。ですから、2012年になれば、もしかしたら(ファーストフードを)食べるかもしれませんね」



<モーガン・スパーロック>

ウェストヴァージニア州出身。脚本家、監督、プロデューサーとして活躍。ニューヨークを拠点とする製作会社The Conの設立者でもある。ニューヨーク大学で映画製作をスタートさせ、コマーシャル制作、ミュージックビデオ監督を経てテレビ制作で頭角を現した。戯曲“The Phoenix”(99)や、ソニーの企業イメージ映像作品“Do You Dream in Sony?”(00)で複数の賞を受け。The Conは2000年にウェブサイト上の番組「I BET YOU WILL」を製作して話題となり、MTVがテレビ放送用として番組の権利を購入。インターネット番組がテレビで放送されるのは初の快挙。The Conは、MTVでこのシリーズを53本制作した後、そこから得た利益を映画製作費として投入し、初監督作品となる「スーパーサイズ・ミー」を作りあげた。

「スーパーサイズ・ミー」
肥満症に悩む2人のティーンエイジャーが「こうなったのはファーストフードのせい」と、マクドナルドを訴えたという報道を目にしたモーガン・スパーロックが、30日間ファーストフードで食事を済ませると人体にどのような影響があるかを実験。その様子を追った異色のドキュメンタリー。実験の間は、「ファーストフード店内に存在するものしかオーダーしてはならない(水を含む)」「“スーパーサイズ”を勧められたら、断らない」「全てのメニューを必ず一度は食べる」「朝・昼・夜の3食全てを残さず食べる」という4つのルールを厳守し、医師や栄養士の定期診断を受けて体の変化を記録していく。

2004年アメリカ映画/1時間36分
配給:クロックワークス、ファントム・フィルム

12月25日より、シネマライズにてロードショー

オフィシャルサイト
スーパーサイズ・ミー
AD
■豚の角煮■
《材料》
豚バラかたまり肉…500g
しょうが薄切り…3~4枚
葱の青い部分…1本分
水溶き片栗粉…適量
《煮汁》
水…カップ4
老酒(ラオチュウ)…カップ1 *私は用意してなかったので日本酒で代用してしまいました。
顆粒中華スープの素…小さじ1
砂糖…大さじ3
醤油…大さじ4
八角…1個
丁子(ちょうじ。グローブとも言います)…2本

<1>豚バラ肉はかたまりのまま鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて強火にかけて沸騰させる。沸騰したら中火に変え、浮いて来たアクを除く。
<2>20分ほど下ゆでし、冷水にとってさっと脂を落とす。キッチンペーパーで水気をふき、厚さ3cmの角切りにする。
<3>鍋に煮汁のうちの水、老酒、顆粒中華スープの素、下茹でした豚肉、薄切りしょうが、葱の青い部分を入れ、強火で10分煮る。砂糖、醤油、八角、丁子を加え、弱火でさらに1~2時間じっくり煮る。
<4>煮汁をカップ1/2ほどとって水溶き片栗粉を加えてとろみをつけてかける。

こんな感じです☆会社の人にも気に入ってもらえたのできっと美味しくできるではないでしょうか???(笑)感想聞かせて貰えたら嬉しいです☆
それと、八角と丁子は独特の香りがするので、苦手な人は、様子見で減らしても大丈夫ですよ☆
AD

豚の角煮(= ̄∇ ̄=)

テーマ:
夜な夜な、ぐつぐつ煮てました(笑)
最近、角煮にはまってるんです~\(〃⌒▽⌒〃)/
今日はみりんとかで和風にしたのですが、いつもは中華スープの元とか八角&丁子を入れて中華風に作ってます☆
初和風でしたが、やはり中華風が好きだな♪⌒ヽ(*'-^*)
大根もついでに入れちゃいました☆
AD

コントレックス、その後★

テーマ:
今日朝、かなり自然な排便があり、かなり快適でした(*^0^*)ノ
コントレックスの味もすぐ慣れ、今ではぐいぐい飲んじゃいます☆

andyさんからのコメントで、普通のお水との違いの疑問があったようなので、調べてみましたので、ご紹介いたします(((((( 8-【* ̄∇ ̄】ノ”

☆コントレックスの栄養成分(100ml当たり。<1.5L取った時>)☆
硬度約1551mg/L(硬水) pH値7.3
■熱量、蛋白質、脂質、炭水化物…0
■ナトリウム…0.91mg<13.65mg>
■カルシウム…48.6mg<729mg>
■マグネシウム…8.4mg<126mg>
■カリウム…0.32mg<4.8mg>
■サルフェート…118.7mg<1780.5mg>


☆主な成分の働き☆
■ナトリウム
神経、筋肉の興奮を鎮める。胃酸の分泌を促して消化を促進する。
望ましい必要量は380mg以下
■カルシウム
骨や歯を形成、神経の興奮を抑制。
一日の所要量は、成人男性600~700mg、成人女性600mg、小児500~700mg、妊婦900mg、授乳婦1100mg。上限は成人で2500mg。
■マグネシウム
約300種の酵素反応を活性化。カルシウムとマグネシウムとのバランスが大事で、2対1~3対1が理想。カルシウムが過剰になりマグネシウムの摂取不足があると、マグネシウムの吸収を阻害します。また、ストレスはマグネシウムの必要量を増加させます。
一日の所要量は、成人男性280~320mg、成人女性240~260mg。上限は成人で650~700mg。
■カリウム
心臓や筋肉の機能を調節する。腸、筋肉の動きを正常に保つ。腎臓の老廃物の排泄を助ける。
一日の所要量は、成人2000mg。
■サルフェート
ヨーロッパの地層には比較的多く含まれているミネラルだそうです。高い利尿効果があるほか、細胞中の代謝物を体外に排出しやすくする働きを持っているので、新陳代謝を促進する効能があると言われています。またサルフェートを多く含んだカルシウムの多いミネラルウォーターは、体外にカルシウムが取り込むのを助けることが、研究によってわかっているそうです。 ミネラルの一つであるサルフェート(硫酸塩)は、日本の水にはほとんど含まれない成分ですが、フランスでは、余分な水分や老廃物を体外に排出し、新陳代謝を高める作用があると言われています。
Contrexコントレックス 500ml 1ケース(24本入り)

コントレックス、会社の人の勧めで飲み始めました★
その人は、便秘解消のために飲んでますp( ̄o ̄)q

私は、血液サラサラになるために、一日2リットルの水を飲めるように心がけてますo(≧▽≦)o

あわせて、少し前に書きましたりんご酢も飲んでます(= ̄∇ ̄=)♪

飲んだ感想は、前に飲んでたことのある「海洋深層水」よりはサラサラしていて、思ったよりは飲めるかなと思いました。人から聞くと、皆「飲みにくい」と言っているのでかなり身構えて飲みましたが、海洋深層水で慣れていたため、私にとっては、慣れれば飲める!って思ったので飲んでみてます☆
私の会社の友達の一人のみが、コントレックス大好きで、会社で1リットルは飲んでるんです(*'‐'*)
その友達が言うに、

便秘解消
肌の乾燥が解消した
体が軽くなった
と言ってます\( ̄∀ ̄*)/
カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富で~すヽ( ´∀`)ノ

私も、最近飲み始めたので、また後日に、私の感想も書いていこうと思います\( ̄∀ ̄*)
ROSEさん、コメント有難う御座います(*´▽`*)

基本的に、私も栄養素は食事から取る事を重要視しています☆サプリや保健用食品などは、食事だけでは栄養のバランスを取ることが困難な場合、不足した成分を補うために用いるものと考えています(*^o^*)

あと、ビタミンCをとるには、生野菜の方が良いというのは、栄養成分が壊されず取る事が出来るという考えからでしょうか?私もこの件について、再度調べて考えてみました( ̄▽ ̄)ノ
栄養成分は、消化吸収され最終的に体に取り込まれることが大事です。調理などによる損失、体に取り込まれず排出されてしまうなど、分析値100%吸収されるとは限りません。生野菜だと、一食分で考えるとたくさんの量をとることとなると思いますし、吸収も温野菜と比較すると、吸収されにくいのかと考えますヽ(´▽`*)
そして、こう取らなきゃダメということも無いですし、私としては、温野菜には温野菜の、生野菜は生野菜の良さがありますので、美味しく偏ることなく幅広く、取っていく必要があるものと思ってます ヽ('ー'*)ノ

大変、勉強になりますので、少しでも気になった事がありましたら、どなたでもコメント下さいね♪⌒ヽ(*'-^*)調べて見たいと思います♪( ̄▽ ̄)ノ"

ビタミンC

テーマ:
私の飲んでいるサプリメントの中に、ビタミンCがあります(*'ー'*)ノ~
仕事上、ストレスを感じることがあるため、、ビタミンCを取るようにしました。今日は、、ビタミンCについてお話します~(((((( 8-【* ̄∇ ̄】ノ”


★ストレスが生じると、抗ストレスホルモンが分泌して、血圧を上げ、血中の糖分を増やし、エネルギー供給体制を整えてストレスに対抗します。このストレス反応の主役であるホルモンの生成に、ビタミンCが欠かせないのです。
ストレスは、皆あるもので、不安や緊張など精神面からのものや、疲労や睡眠不足、暑さや寒さなどもからだにとってストレスであり、私たちが思っている異常にビタミンCの消耗は大きいと言えます[ ゜皿 ゜]” ストレス社会に生きる私たちはストレスに負けないように、たっぷりとビタミンCを補給していきましょう\( ̄∀ ̄*)/

<主な作用>
細胞の結合組織であるコラーゲンの合成の働き、血管、皮膚、粘膜、骨を強くする。抗酸化作用、抗ガン作用、抗ウイルス作用、解毒作用。血中コレステロールを下げる。しみの元のメラニン色素の生成を抑える。鉄や銅の吸収を助ける、ヘモグロビンの合成を助ける。
<過剰症>
一日に10グラム以上取ると下痢、頻尿、発疹が出ることがある。一過性のもので過剰症ではないですが、気をつけましょう(。・_・)ノ
<欠乏すると…>
壊血病(出血が起こる病気)になる。ビタミンCがコラーゲン生成に不可欠だからということによる。コラーゲンは、細胞の接着剤として血管、各種器官、筋肉を作ります。コラーゲンが細胞をしっかり固めれば、風邪のウイルスも容易に侵入出来ません。また壊血病にまでならなくとも、肌のはりが失われ、風邪をひきやすく様々な病気に侵され易いからだになってしまいますΣ( ̄□ ̄ノ)ノ
<効果的なとり方>
水溶性なので2~3時間で排泄されるので、3食できちんと取りましょう。生野菜ではビタミンCはたくさん取れないので、温野菜にすればたっぷり取れます。熱、空気、アルカリ、酸素に弱い性質も持つため、調理方法にも気をつける必要があります。野菜の調理による損失は平均50~60%であり、煮るよりも炒めたほうが損失は少なく、また、サツマイモのビタミンCは加熱で失われる率が少ないそうですヽ('ー'*)ノアセロラジュースはコップ1杯で252mg、手軽にしっかり取れます☆苺、みかん、赤ピーマン、菜の花など多く含まれています。ちなみに、ホウレンソウは、冬の物ですが、夏取りの物は冬取りの物と比べて1/3と含有量がとても少ないのです( ;゜ロ゜) 季節物、強し!!
。.:*:・'°☆付け足し。.:*:・'°☆
喫煙者の血液中のビタミンC濃度が低い事は明らかです。しかし、タバコをすわなくても煙にさらされている人も血液中のビタミンC濃度が低くなってしまうそうなので、しっかり取って行きましょう☆ 一日の所要量は成人で100mgです。一過性の過剰症に注意し、ビタミンCを健康のために多く取る場合は、徐々に取る量を増やすようにしましょう♪⌒ヽ(*'-^*)