さん☆おとぴ presents いのちのしくみ ~いのちを生きる~

~宝はいまここにある 感じるカラダ この想い われいのち~元精神科ナース 主婦 兼 いのちの革命家 さん☆おとぴのブログです

虹キラキラ天使ブログのシェア・リンクはご自由にどうぞ虹キラキラ天使

NEW !
テーマ:

先週の土曜日におうちお茶会があったんですが

そこで、自分の口から出た言葉に自分で

とても感動したのでシェアしますね

 

 

いつも来てくれるお友達が仕事のはなしをしている時に

はじめて来て下さった方が「どうしたらいいですかね」って

わたしに話しをふってくださったんです

 

 

そうしたら

「大丈夫ですよ。彼女は自分で答えを見つけることができるから

 

自分を違えているうちは、自分じゃ分からないので

あれこれ助言がいるんですが

彼女は繰り返しそれをして来ているからコツが分かっているし

例え間違っても、なんでもすべては現実が教えてくれるから

きっと彼女なりの答えを見つけてくれる

 

答えはひとつではないし

答えの導きかたにも、それぞれ個性があるんです

 

 

わたしがいつも教えているのではなくて

それぞれの人がそれぞれの解き方で答えを探すことで

わたしは、そのはなしを聞く楽しみがあるし

そんな答えもあるんだって、わたしも物事の選択肢が増えるし

そうやって、互いの体験をシェアすることで

互いのキャパを無限に広げることができる

 

 

そうやってそれぞれの人の個性が花開いて行って

この世がどんどん豊かになっていく

 

 

それがこの世界のすばらしい所なんです」

 

 

たぶん、こんな感じのことが口からスラスラとでてきて

自分で感動したんです。

 

 

なんだか、自分を信じることができるようになったら

人のことも信じることができるようになってきました。

 

 

そうはいっても、疑うこともありますが

それはわたしにとって、違うと想うだけなので

それすらもその人に必要で起こっていると

その人の人生や生きるチカラを信じられる感じです

 

 

そういえば、妖怪ウォッチの新OPでも

 

「大切なのは信じることで、与えることではない」って言ってて

深いなーって思ってた所でした。

 

 

あーいった子供向けのアニメは意外とすごく深いことを

歌っているので、あなどれないです

 

他にも幸せは自分のサイズがちょうど良いって、なにげにすごく深いことを歌ってます

 

 

それでね、この自分を信じるチカラを思い出させてくれたのは

たまのをのお二人なんです

 

 

今回、たまのをを離れることを選択できたのも

これからお話しする出来事と同じで、

最後に強い決意を促すためのものだったのかも知れないなと思います

 

 

わたしが自分を信じるきっかけになった出来事は

大きく二つあるんですが

 

 

ひとつに、イリアさんのリーディングってものすごいんですが

例えば同じ人をリーディングしたとしても

わたしが聞くのと、他の人が聞くのとで返事が全く違ったりします

 

 

結局、その人にとって必要な情報をリーディングしているので

それぞれの人の見方によって違うんだって印象でした。

 

 

しかも、同じ人が同じ人のことを聞いても返事が

その時々で違ったりします。

 

 

以前、ゼロ世代の記事で書いたAさんという方についてなんですが

この方はわたしにとって典型的なゼロの方で

ものすごいエピソードがたくさんあるので

こんなことがあったって、たびたび話題に出したことがあるんですね

 

☆ゼロの世代~舞台の上の女優たち~☆

 

すごいエピソードなので、興味深かったのか

何度か、その人がどんな人かリーディングしてくださったんです

 

 

憶えているのが3つあるんですが

 

最初は、

この人は、おとぴちゃんとすごく縁が深い人で

この人を見ただけで「きぃー」って思うでしょ

過去生で何度も一緒だったから、過去生からの

色んな想いがある

 

 

次は、

この人すごく良い人よ

優しいし、思いやりがあるし、仕事もすごくやっている

おとぴちゃんにとって、お姉ちゃんタイプの人だから

ひっかかるのよ。

 

 

最後は、

この人は人の世に欲を張って行くタイプの人っていうか

自己顕示欲で動く人だし、人をすごく顎で使う人

こういう人に協力するってことは、

この人に餌をあげるようなことだから

強力しちゃいけないの

 

 

*************************

 

こんな感じのことを言われました

 

 

わたし、人から言わせると素直すぎるらしいんです。

 

 

だからイリアさんとかビワさんがいうと

そうなんだっていつも真に受けていたんです

 

 

例えば、相手が良い人だって言われたら

「そうか。わたしが悪かったのか」って素直に反省して

その想いを解いたりしていたんです

 

 

でも、最終的には当時、関わっていた時に

わたしが感じていた通りのリーディングが出て来て

「やっぱり、そうですよね!!」って感じでした

 

 

でも、最初のふたつのリーディングも無駄じゃないって言うか

それによって、解けたものもあるだろうし

人の個性にも多面性があるので、良い人って情報も

ある意味、合っていて

その時期で、必要な情報があるんだなって思いました。

 

 

それでね、もうひとつ自分を信じる大きなきっかけになったのが

この自叙伝にも書いてある出来事なんです

 

とりあえず、簡単に説明すると

スピリチュアルを本格的に学び始めた2009年ごろ

友達に誘われて、あるブロガーさんの講演会に行ったんです

 

 

そうしたら、そのブロガーさんに会ったら

雷に打たれたような衝撃にあって、1カ月ぐらい体調が悪くて

すごく恐くなった話しなんです

 

 

自叙伝を書いていた2013年ごろに、このはなしをビワさんにしたら

「この人は、良いし、おとぴちゃんと愛の感覚が似ているから

きっと、その時はまだ本来の自分とのズレがあって

その衝撃だっただと思うわ」的なことを言われたんですね

 

 

基本的にビワさんは人の愛しかみないらしく

あまり人のことを悪くいわないので、かなりポジティブな

解釈だったんですが、この時のわたしは

そうか、わたしが悪かったのか

そうとは知らずに、以前、講演会に行った時は

その人からエネルギーを吸われたんじゃないかとか

その人を悪く思ってしまって

申し訳なかったなーって思って

またブログを読んでみたり、講演会に行ってみたりしたんですが

以前のような衝撃はなかったんです

 

 

だから、初期の自叙伝には

そういった解釈が書いてあったんです

 

 

ですけど、1年ぐらいしてからかな

 

 

その話しが出た時にイリアさんが教えてくれたことは

 

 

「この人のことを最悪だって言っている。

 

この人は人の世に君臨するタイプの人で

ずっとおとぴちゃんは、このタイプの人にエネルギー的に

いたぶられて来たから、その恐怖が浮上したのよ」

っていわれたんです

 

 

そうしたらビワさんが

「わたしもね。あの後、誘われて講演会に行く機会があって

話しを聞いて、それは違うよねって思ったわ」って

手のひらを返したように言い出して

 

 

わたしが「ひどい」ってすごく怒っていたんです

 

 

そうしたらイリアさんが

「おとぴちゃんは、人の言うことをなんでも鵜呑みにするからよ」

 

 

結局の所、ビワさんの解釈が間違っていたとか

そういうことではなくて

わたしが人の言うことを鵜呑みにしすぎるから

起きた出来事らしく

わたしがわたしの感覚を信じるきっかけをくれた感じなんです

 

 

この時に「もう絶対に騙されないぞ」って誓ったら

脾臓がすごく熱くなってきて「脾臓が喜んでいる」って言ったら

イリアさんも「本当だわ」って言ってくれたんです

 

 

そうはいっても、その後も、すぐに人に左右されて

自分の意見を言わずに飲み込んで、人の意見を尊重したけど

でもやっぱり最初に自分が感じたことが合っているという

経験を繰り返しして、何があっても自分を信じようと思ったんです

 

 

だから、今回、たまのをを離れる決断をしたのも

自分を信じる大きなきっかけをくれたのかもしれないなって思いますし

わたしにとって、それが現実ですが

他の人からみたら、全く違う世界が広がっているのかもしれないので

それぞれの方がご自分の感覚を信じてあげて下さい

それが例え間違っていても、その時々できっと必要なことが起こると思います。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「├☆幸せ・いのちを生きる☆」 の記事
NEW !
テーマ:

7月25日、マヤ歴でいえば

時間をはずした日で、たまのを最終日でした。

 

 

ふと気付けば、去年も

7月25日を最後にしばらくワークを休んで

隠居生活をしていました

 

 

今年は、参加者さんの希望を聞いたら

たまたまこの日、だったんですが

マヤ歴の新年が開ける前の

締めくくりに、大きな変化が起こり易い時期なんだと思います

 

 

先週末ぐらいに

たまのをのことを書いた記事について

いくつかご意見をいただいたんです

 

 

あれほど、たまのを良いって言ってたのに

手のひら返しだと思われるんじゃないかとか

 

 

ビワさん達が、PCに疎いのを知ってて

ブログで批判しても、ビワさん達は

反論できないから、弱いものいじめにみえるとか

 

営業妨害にあたるとか色々とご指摘いただきました

 

 

おっしゃっていることはごもっともです。

 

わたしもこのブログに書いてあることを

全部、できているわけではなくて

自分に言い聞かせるためにも書いているので

わたし自身も成長している途中なんです

 

 

あと、自分の傷に触れるなど

大きな葛藤の中にあると

誰しも冷静に自分をとらえられなくなりますし

わたしも例外ではありません

 

 

だから、こうして指摘して下さることが

とてもありがたいと思います

 

 

たまのをファンの方たちは大きく傷つけたと思いますし

その方たちには本当に申し訳ないと思っていますが

わたしは書いたことは後悔していません

 

 

物事は良い悪いでは判断できないとか

自分を正当化するつもりもありません

多くの人が目にするネット上で

ああいったことを書くのはは好ましいことではありませんから

 

 

でも、例えわたしが非常識でも、全面的に悪くても

世界中の人を敵にまわしても

わたしは自分が嫌だという気持ちに嘘がつけない

 

 

そして以前は、たまのをの講座をシェアしていた以上

わたしには責任があるので

何もなかったようにフェードアウトすることはできなかったんです

 

 

いま思うと本当は、去年の夏休みに入る時点で

色んなことに対して強い違和感があったのに

自分をごまかして、ここまで来ました

 

 

わたしなりに話す努力はして来たつもりですが

年代の違いなのか、見えている世界が違いすぎて

話し合いになりませんでしたし、

たぶんお二人には「おとぴちゃんが駄々をこねている」ぐらいの

印象だったと思うので、話し合おうとしたことすら伝わっていないと思います

 

 

結局のところ、お二人が悪いというわけではなくて

単純に、わたしがお二人とは感覚的にそぐわない

お二人がおっしゃっている方向性にも賛同できない

ただ、それだけのことなんです

(追記:なぜ方向性に賛同できないかは、コメント欄に書いてあるので

興味がある方はそちらをご覧ください)

 

 

でも、お二人を必要としている方は

本当にたくさんいらっしゃると思います

 

 

合わない点は多々ありますが

分かり易く例をひとつだけ挙げていうと、

例えば講座を長々とやるとか

時間をじっくりかけて、関わるやり方が

とても疲れるので、わたしはすごく嫌なんですね

 

 

ただ、色んな方と接して来て思うのは

例えば強い母親に思いっきり支配され潰されて来た方は

自発性を徹底的にそがれているので

自分じゃ何も決められなくなるらしく

指示が無いと動けないみたいです

 

 

そういう方には、たまのをのお二人のように

じっくり関わって行くことが必要みたいですし

世間的には、そのタイプの方が多いので

圧倒的に需要が多いと思います

 

 

一方、わたしは自分のことは自分で決めたい人なんですね

まだまだ迷うこともありますし、

いつも実践できているわけではありませんが

失敗してもいい、間違ってもいい

自分の足で歩きたい。そう願っています。

 

 

どちらが良いとかではなくて

それぞれの個性だと思うのですが

指示がないと動けないタイプの人の

細かい質問に対して、

そんなことぐらい、いちいち聞くなググれって思うんですが

そういう方にはググれっていう指示が必要なぐらい

自分で動くことが難しいんです

 

 

客観的にみていると

自分で判断して欲しいと思ってしまいますが

そのタイプの人にとっては、それができないから聞いているので

わたしの対応がそのタイプの人を深く傷つけるらしく

関わり方の加減がよく分からないんです

 

 

あと、イリアさんがおっしゃるには

こういう方にとって、わたしが感じる感覚で話す言葉は

「茶茶をいれられている」ように感じるらしいので

普通に話しても、相手は色々と感じらしく

わたしの加減だけの問題でもないみたいです

 

 

一応、フォローしておくと

すべてはそれぞれの方の選択であり

大変なことほど、後々の実りが豊かなので

そういう大変な人生を選ばれた方は

それぞれの方にとって必要な何かがあるんだと思うので

それがいけないという訳ではないないんだと思います

 

 

 

でも、去年の秋~今年ぐらいにかけて

分かり易いぐらい明確に

このタイプの人がわたしにほどんど寄って来なくなってきたので

やっぱりわたしのことが怖かったり、キツいのかなと感じてましたけど

このタイプの方は直接、何も言ってくれないので分からないんです

 

 

ただ、いまはまだ、わたしという人間が未熟だから

ひっかかる何かがあって関われないのであって、

いつかわたしがもっと成長したら関われるのかもしれません

 

 

わたしはそれぞれの人の生きるチカラを信じています

 

 

たまのをのお二人は知識も経験も豊富なので

色んなタイプの方と関われると思いますが

わたしは方向性が違うことを無視できないぐらい感じていました

 

 

わたしがいれば、たまのをに行きたいとおっしゃっていた方も

いらっしゃったので、その方たちには申し訳ないですが

もうたまのをでワークをやることはないので、ご了承ください

 

本当にお二人にはたくさんのことを教えていただいて

本当に感謝していますし、教えていただいたことを

わたしなりに活かして、たくさんの人に伝えて行きたいと思います

 

 

おとぴ一人のお話し会は今後も続けていきたいと考えていますので

今後ともよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございますおねがい

 

ちまたのブームにのっかって

ポケモンgoにはまっているおとぴです照れ

IMG_20160725_071735742.png

画素数粗いので、映りが微妙。ちょっとお疲れぎみ。

IMG_20160725_071819273.png

かわいい

IMG_20160725_071816147.pngIMG_20160725_071817210.pngIMG_20160725_071818200.png

ダーリン、ポケモン食べちゃったびっくり

 

 

こんなご質問をいただいたんですが

他にも、同じようなお気持ちの方がいらっしゃると思うので

ブログでお答えしますね。

 

********************************

おとぴさん、こんにちは!
まさに昨日、職場のお食事会でボスのいない時に悪口陰口言うのに、いる時は媚びていて、気持ち悪かったです。
こんなことして何になるのか理解できません。
ボスはそんなにひどい人でもないと私は思うし、儲かってる分パートタイマーにまで食事おごったりボーナスくれたりするし、私はありがたく思っています。

そういう場面に出くわしたとき、どうしたら良いですか?その場を離れることはできなかったので、聞かないようにしてましたが、帰ってからモヤモヤしてしまいました。

******************************************

 

 

そういう方いますよね。実に気持ち悪いですね。

 

 

ちょっと今日は、たまのをワークに行くのに

ゆっくりブログを書いている時間がないので

明日、以降にアップしますが

わたしが、いま、書きたいテーマが

支配と依存についてなんですね。

 

 

支配と依存は現れ方が違うだけで

エネルギー同じなので

相手によって、謙ったような感じの依存的に現れたり

逆に自分が見下せる立場の人たちで多くいる場では

えらい人をバカにすることで

無意識に自分を持ち上げているんですね

 

 

支配と依存って、結局のところ

ありのままのその人を潰す行為であり否定することでもあるんです

だから、こういう方は否定感がこびりついているので、

とりあえず、えらい人には反射的に謙るんですが、

たぶん自分の本当は不自然に謙っている否定感が気持ち悪くて、

いなくなった時に、その反動で相手をバカにする面もあると思います。

 

 

ただ、ご本人は感覚的に大きく違えているので、

そういう自分をとらえることができないので、

指摘したとしても、逆上したり、火に油をそそいで

面倒なことになってしまう可能性が高いです。

 

 

なので、それが嫌だと感じる方がどうしたら良いかというと、

大切なのは冷静に相手を見れるようになることだと思います。

 

 

確かに気持ち悪くて、見たくない聞きたくないとは思いますが、

とにかく、その自分を感じてあげること、分かってあげること。

 


その気持ち悪さは、相手という媒介を通して感じているだけで、

本当は自分の中にある感覚なんですね。

 

 

こういう方はたくさんいるので、

いままで、同じような経験をされてきていて、

その度に気持ち悪い想いをしているご自分がいたのに、

相手のいうことを聞かない様にしたのと同じように、

自分のその気持ち悪さも見ない様に、感じない様に、

その自分の声を聞かない様にしてきたんだと思います。

 

 

だから、まずそのご自分を分かってあげること。

 

 

ただ感じてもいいし、紙にどう気持ち悪いか書いたり、

カラダがどんな風な反応しているのかなどして、

その気持ち悪さに、ぽのったり

色々と書き出したり、とにかくそのご自分に目を向けてあげること。

ぽのるとは、ホ・オポノポノの4つの言葉(ごめんなさい、許してください、ありがとう、愛してます)をいうこと

 

 

そういう人から逃げようが何しようが

その気持ち悪い感覚は自分の中にあるものなので

また時を変え、場所を変え、同じような出来事が起こるなど

その気持ち悪さを分かってあげるまでは

その出来事がどこまでおいかけてきますし

なによりも、その気持ち悪さを見て見ぬふりをしていると

いつまでもその不気味さを消しきれなくて

いつもどこか怯えて生きることになるので苦しいと想います

 

 

だから、勇気をもって逃げずに立ち止まり

その気持ち悪さを感じてあげる。分かってあげること。

 

 

そうすることで、自分の気持ち悪さが落ち着いて、

また違った見方ができるようになっていきます。

 

 

だから、とにかくご自分を分かってあげること

そうすることで自分の中のその感覚が癒されて

相手を冷静に見れるようになっていきますよ。

 

 

そうして、冷静に見方ができるようになると、

この世は実に滑稽な世界なんです。

 

 

その滑稽な世界で、人と人とが潰し合い、殺し合っていること。

 

 

それを見て見ぬふりをすることは、

放置していることと同じなので、

その世界をはびこらせていることになります。

 

 

だけど、その世界を変えることは、

その世界に巻き込まれている人間にはできないんですね。

 

 

結局、同じ穴のムジナですし

怯えて恐怖している同志が、

ただ相手を非難しても、痛みの連鎖は止められません。

 

 

だから、その世界から抜けるために、

まずはご自分を分かってあげてください。

 

 

そうすることで、また新たな道が開かれていきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。