ウィリアム・モリス

テーマ:

 

行ってきました!

愛媛県美術館で開催されているウィリアム・モリス展に。

 

 

こちらは新館の入り口にある看板カメラ(中はとーぜん撮影禁止ですので・・・)

 

モリス氏は19世紀イギリスを代表するデザイナー。

インテリアの好きな人や、お仕事をしている人にとってはおなじみですよね。

 

館内には、彼とその仲間たちの手がけたテキスタイルや壁紙、

椅子や衝立などが展示されています。

 

嬉しいことにケースの中に入れられていない作品も多くあって、

家具の材質や、数メートルもある内装材の生地や刺繍糸の質感まで

顔を近づけて見ることができるんです。

 

1800年代後半に作られたというのに、保存状態がすごく良いことにも

驚きました。

 

 

織作峰子氏が、モリス仕事の原点である「レッド・ハウス」や

移り住んだ場所を撮影した写真もすばらしくて、

自分がその場所に立っているような錯覚をおぼえるほどでした。

 

 

今まで活字の中でしか知らなかったウィリアム・モリスのことが

作品を直接見ることで、その美しさが今日までずっとつながって

いるんだなと感じられるひとときを過ごしました。

 

興味を持った方、よかったら行ってみてくださいね。

 

以上、今年は美術館巡りをしたいムラカミでした。

 

 

 

 

AD