手相数秘術・ファッションロジック・レイキ  3つのアイテムで私らしく生きる 幸せのmyルールづくり

自分の本質、才能、運気の流れを読み解き、自分らしく生きることを大切に。自分なりの幸せのカタチ、幸せのmyルールづくりのご提案をしています。



月~金 毎日8時配信中


『手相数秘術えりんの毎日をちょっぴりハッピーにするコツ』



手相数秘術や運気の波を日常生活で活かすコツや、

毎日をちょっぴりハッピーに過ごすポイント、

ファッションやスタイリングに関してのこと、

その他、あれこれ…

エッセイ感覚で綴っております。

ご登録の際には、無料PDF

『手相数秘術きほんのき 手相編 数秘術編』

をプレゼントいたします。


手相数秘術でぜひ運気を開いていきましょう。

みなさんの毎日がちょっぴりハッピーに輝きだしますように(*^_^*)

ご登録はコチラ から

NEW !
テーマ:

 

 

おはようございます。

喜多川恵凛です。

 

お盆休みを利用して、

家族で沖縄へ行ってまいりました。

 

息子にとって小学生最後の夏休み。

来年、中学生になると、家族旅行もなかなか難しくなる…と、

そのようなことも聞き、

夫は今年は沖縄へ行くぞ~!と前々から決めていたようです。

 

我が家にとっては初めての、

3泊4日の旅でした。

 

私のリクエストは、首里城と美ら海水族館。

この2つの場所に行けて、今回の旅の目的、私的には終了~(笑)

 

 

 

 

 

首里城にいた猫ちゃん♪

実家の猫に似ていたもので、思わず1枚(笑)

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

翌日は、青の洞窟にてシュノーケリング。

 

海が怖い私は、最後までやるかやめるか、

迷ったのですが…

 

やはり、ここは参加することに…アセアセ

 

お盆休みということで、

たくさん人がいたようです。

 

洞窟に入る前に、洞窟待ち渋滞が…(笑)

 

とりあえず!?何とか入って、

入り口付近で写真を撮り、すぐに脱出…という流れ。

 

名前にもある青さを感じられる暇もなく…でした。

 

 

 

息子が餌をあげているところ。

左に見える青いフィンが私です(笑)

 

スタッフの方に、「とにかく海が怖い。」と告げ…

浮き輪を用意していただいて、ひたすらそこにつかまりながら…の約1時間。

 

翌日、両腕が筋肉痛…笑い泣き

 

ウェットスーツに、ライフジャケット、

何をどうしても沈まない、と聞いてはいるし、

実際、沈まなかったけれど…

 

海の底が見えれば見えるほど、

その深さに怖くなって、浮き輪にしがみついていました。

 

海もお魚も本当~にきれいだったけれど、

その美しさを楽しむよりも、怖いよ~という思いが勝ってしまう…あせる

 

子どもたちのあの無邪気さ、

あらためて素晴らしいと思いました。

 

その後、夫、娘、息子…と、

次々に、まさかの波酔い、船酔いダウン

 

元気に泳ぎ回っていたのが、いきなりこの状態に…えーん

 

船に乗ったほうが揺れて気持ちが悪くなる、と言われ、

直前まで浮き輪につかまり、海の中で待機する2人。

 

それをスタッフの方が撮っているという…(笑)

 

今となっては、笑い話。

旅のよい思い出のひとつです。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

シュノーケリング終了後に食べたのは、

大きなかき氷。

 

これが本当に美味しかった~♪

 

 

1つ1,000円、2つで2,000円ですよビックリマーク

 

お値段にも大きさにもびっくりしたけれども、

あの状態の我が家には、それ以上の価値がありました(笑)

 

沖縄のあの暑さ、気候と、

シュノーケリング後のマイルドな疲れ具合、

 

そこに登場したこのかき氷たちキラキラ

 

こんなに大きいかき氷、

食べきれるのかな~なんて言っていたのが、

食べ出したらあっという間でした。

 

みんなで分け合って、美味しいねって言い合って、

他からみたら、家族がかき氷を食べている、

ただそれだけなのですけれども(笑)

 

とても幸せで、楽しい時間でした。

 

いつもはかき氷なんて、

体が冷えて食べられない、と思っているのですが、

本当に美味しかったです。

 

気候とシチュエーション。

今、千葉で同じかき氷を食べたとしても、

あのときの美味しさとはまた違うのでしょうね~にやり

 

 

 

古宇利島へもドライブ。

古宇利大橋を渡る頃、雨が降ってきたのですが、

オーシャンタワーに上る頃にはこのように晴れ

 

カートのような車に乗って、上まで行くのですが、

心地よい風と眺めのよい景色、気持ちよかったです。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

その他にもいろいろと…

楽しんでまいりました、沖縄の旅。

 

パイナップルパークでパイナップルを食べて、

ガラス工房で、家族それぞれ、コップなども作りました。

 

1日目に予定していたコップ作りが、

時間の関係でできなくなってしまって…。

 

残念に思っていたところ、

3日目、当日の予約を受け付けて下さった工房が音譜

 

グラスアート藍さん、

ありがとうございました~キラキラ

 

昨夜、我が家に届いて、家族みんなで大喜びラブラブ

素敵な思い出、お土産になりました。

 

コップの写真は、また後日にでも。

 

 

最後におまけとして…自撮り(笑)

 

 

 

こちらのサマードレス、

かき氷を買ったところのお店で見つけたもの。

 

3,000円というリーズナブルなお値段に、

着心地楽ちん、しわにならないジャージ素材。

 

あ、こりゃいい♪と、即決(笑)

 

このワンピのおかげで、

沖縄での時間がまたさらにちょぴハピに音譜

 

ホント、楽ちんでした~。

 

夫と子どもたちがプールで遊んでいる間に、

1人部屋で自撮りをする母…汗

 

ごめんなさい、沖縄の楽しさに、

ちょっと酔いしれていたかも(笑)

 

いつもはみなさんの参考になるように~との思いですが、

これは完全に自己満足の世界ですね、すみません~ウシシ

 

千葉に帰宅後、

このワンピはどこで活躍できるのかしら(笑)

 

旅の思い出、それもまたよし、ですね合格

 

 

楽しい旅の後は、

またお仕事、がんばりま~す音譜

 

 

 

心と外見を美しく整えて

 

毎日をちょっぴりハッピーに

 

夕飯を食べに行ったお店に、ユーミンのサインを発見!ここにユーミンも来たんだ!同じ場所にいるんだ~と思ったら、それだけで幸せ、の喜多川恵凛でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんばんは。

喜多川恵凛です。

 

今日は8月8日、

8が2つ並ぶ日ですね。

 

数秘術を学んだ身としては、

8の並びを眺めているだけで、パワーを感じます(笑)

 

さて、明後日10日(木)~15日(火)まで

夏季休業となります。

 

この間のご連絡、お問い合わせ等につきましては、

16日以降になりますこと、

ご了承の程よろしくお願い致します。

 

また個人セッション、専属スタイリング、

9月26日(火)開催

『数秘術と家系学からみるパートナーシップお話会』に関しては、

 

夏季休業期間でも

お申し込み可能です。

 

お申し込み直後、

自動返信メールが届きます。

 

もし、メールが届かない場合は

お手数ですが、その旨、ご連絡をお願い致します。

 

尚、その件に関しましての

お返事につきましても16日以降になりますこと、

ご了承くださいませ。

 

残席1名様となっておりますので、

ご興味あります方はぜひ(*^_^*)

 

詳細・お申し込みは コチラ をご覧くださいませ。

 

 

心と外見を美しく整えて

 

毎日をちょっぴりハッピーに

 

みなさまもどうぞ素敵な夏休みを♪の喜多川恵凛でした。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんばんは。

喜多川恵凛です。

 

5月にインターネットラジオ

『SARYism Gift of Voice』に出演させていただきました。

 

ちなみに、私出演の回はコチラです。

『第24回放送 SARYism Gift of Voice』

 

 

その後、メーンパーソナリティーのサリーさんと、

アシスタントのみなさんからグループセッションのご依頼をいただき、

 

3人ずつ、2回に分けて

セッションをさせていただきました。

 

冒頭の写真は、

昨日、ご参加くださいましたメンバーのみなさまです♪

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

声優さん、女優さん、

人前に出て、表現をしている方々は、

 

どのような数字、手相をお持ちなのかな~と、

それぞれ観させていただいたのですが、

 

思っていたより控えめと言いますか、

陰の数字、2,4,7,9…

そうした数字をお持ちの方が多くいらっしゃいました。

 

役をいただくために、

オーディションを受けたり、

自己アピールをしたり、

 

ぐいぐいと!?

前に出ていくことも必須のような気がしますが、

 

どちらかと言えば裏方さん、

サポーター気質の数字、

 

そして手相も、

感情線が乱れていたり、

手のひら全体に、細かい線が入っていたりと、

繊細でやわらかな傾向が強い感じ。

 

役を演じる、役になりきる、ということは、

素人の私にはわからないところではありますが、

 

もしかしたら、

「私が!」と、アピールをするよりも、

 

心のひだが多くあるような、

心の隅々にまで思いが行き届くような、

誰かの気持ち、感情に共感ができるような、

 

そうした心の振れ幅が広い方が、

役の気持ちを深く理解したり、

演じ方にも幅が出たりするのかもしれませんね。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

サポーター、裏方気質の方が、

人前に出る、表舞台にでるときには、

 

いろいろな形で、

抵抗が生まれることがあります。

 

声優、女優という分野で活動をしている人たちですから、

人前に出たくありません、ということはないと思いますが(笑)

 

役をいただくこと対して、

「役を勝ち取る」とか「私が一番、この役にふさわしい。」というような…

 

そうした気概でがんばらなくてはいけない、と…

そのように向き合っていかなくては役はもらえない、と…

 

そうした観念を持っていたり、

周囲の人からのアドバイス、叱咤激励を受けていたりすると、

 

サポータータイプの人たちにとっては

オーディションに参加する意味が、違ったものになってしまうことがあります。

 

あの人のように、

自信満々にアピールをしなくては…

 

堂々としていなくては、

しっかりとアピールをしなくては…

 

そうしたところに気持ちが向いてしまうと、

本来の良さ、資質、魅力の部分がなかなか発揮できなくなる場合も。

 

もともとパッと見た感じ、

第一印象など、

 

インパクトを残せるのは、

陽の数字を持つ方々の方が得意です。

 

そこと同じ土俵で、同じような雰囲気で、

自分もアピールをしていかなくては…となってしまうと、

どんどん後ろ向きに発揮していくことになります。

 

やっぱりあの人のように堂々とできない…

自信満々には言えない…

 

あんなふうに表現できない…

人目を引くオーラ、華やかさが自分には足りない…

 

そのような気持ちが生まれてきますし、

 

この役は自分なんかよりも

もっとふさわしい人がいるはずだ…なんて、

 

適任は私ではない…と、

自ら降りてしまうなんてことにも…。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

堂々とする、自信満々にふるまう、

そうした言葉が持つイメージに対して、

 

明るくて、華やかで、自己主張がしっかりできて…

 

大抵の人は

そのような印象を持つかもしれません。

 

陰の数字を持っている人は特に、

自分はそのようなタイプではないし…という、

 

もともとの部分で、

「私は違う。」「私はそうではない。」と、

思い込んでいる傾向が強いです。

 

実際に堂々としている人、

自信満々にしている人を見て、

 

私はあんなふうになれない、と

思いますからね。

 

でも、陰の数字を持っているすべての人が

堂々としていないか、というと、

そのようなことは全くありませんよね。

 

スポーツ選手、芸能人、

陰の数字を持つ方々でも堂々と、オーラをまとっていらっしゃいます。

 

自分はそうではない、

自分はそのようにできない、

 

そう感じてしまう方は、

自分の才能、魅力を短所的に捉えて、

 

華やかでなければいけない、

堂々としていなければいけない、

そのように思い込んでしまうことがあるのです。

 

 

傾向としては2とか、9とか…

相手の気持ちを思いやる、慮る、

 

そうしたところに長けている方々は、

自分が引くことで物事がうまくいく、というスタイルを学んでいます。

 

相手の思いを尊重すること、

自分が少し後ろに下がること、

 

そうしたことが、

自分の中で物事がうまくいくパターンだと、

 

もともとの気質+経験として

身についていますから、

 

なおさら、

この役はあの人にふさわしい、

 

あの人がこの役をやる方が、

この舞台にとっても良いに違いない、

 

そのような思考が働いて、

自分で勝手に、終わったことにしてしまうなんてことも…。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

これは、見ている世界のフィルターが、

ちょっとズレを生じている状態とも言えます。

 

陰の数字、サポーター、裏方気質の人は、

陽の数字を持っている人たちと同じようにしたところで、

自分の備え持つ魅力、才能、良さは発揮できないのです。

 

あの人のような姿が望ましい…のではなく、

あの人と自分は違うのだ、ということを、

まず、しっかりと頭で、理性で、理解をすることです。

 

そして、たとえばオーディションのような、

誰かが選ばれる、という場面に対しては、

 

他人よりも抜き出てやろう!とか、

私を選んでください!という思いをもたなくては!というよりも、

 

その世界の先にある世界、

オーディションが受かった先にある世界、

 

そこに焦点を当てて、

気持ちを向けて、向き合っていくことです。

 

オーディションが受かって、

役を得た先にあるものは…なんでしょう。

 

一番、大切にする人は誰でしょう。

誰のために、それがあるのでしょう。

 

そうすると、見えてくるはずです。

 

目の前にいる人たちに、勝たなくては、とか、

この人たちよりも抜きんでなくては、とか、

 

そうして気持ちを持つことが、

大事なのではない、ということを。

 

これはタイプによって違うので、

このように思った方が、捉えたほうが、

 

才能を発揮できる、

気持ちが前向きになる、

そうしたタイプの人もいますのでね。

 

今ここで書いているのは、

裏方気質の方々にとって、

 

どういった心の在り方でいることが、

自分の才能や魅力を前向きに発揮できるか、ということです。

 

そうすると、

その方々が、そうだ!がんばろう!

この役をいただけるように、できる限りのことはしよう!

 

そのように前向きに発揮できるように、

心の在り方を整えていくには、

「一番大切なこと、大切な人は誰か。」を感じることです。

 

ここで言うならば、お客様がその番組を見て、

舞台を見て、喜んでくれる、ということになりますね(*^_^*)

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

自分の才能、魅力、エネルギーを

主観ではなく、客観として発揮することが、

 

陰の数字、サポータータイプの方々には

勇気になり、情熱になります。

 

自分のため…ではなく、

誰かのため…というスタンス。

 

それは誰かに役を譲るとか、

私より他の誰かが適任であろうとか、

そうしたことではありません。

 

一見、誰かのために…と思えるかもしれませんが、

それは「主観」なのですね。

 

自分が後ろ向きでいることが

誰かの喜びになる、という思い込み、観念、枠を外し、

 

自分の魅力、才能を発揮することが、

誰かの喜びであり、幸せに繋がっていくこと、

 

自分ができる、貢献の仕方は、

自分の才能を、魅力をいかんなく発揮することである、

という、そちらの視点、

 

客観視を通して、世界を見通すことです。

 

 

これは、陰とか陽とか、

そういったことではなく、

 

全ての人に共通する部分かもしれませんが、

傾向としては、陰の数字の人の方が、

 

自分が下がることでうまくいく、という世界の経験値が高いので、

思い込みやすい傾向があります。

 

その世界を、

違った角度、視点からもう一度、

 

誰か別の人の視点を通すような気持ちで、

見通していくことです。

 

自分の才能、魅力を発揮することは、

誰かを悲しませたり、誰かに迷惑をかけたりすることだ、

 

おとなしく、静かにして、

誰かに譲る、誰かを支える、

そうした在り方が、うまくいくことなのだ、と、

 

どこかで学んだその観念を、

しっかりと書き換えていくことが大事なのですね。

 

想像してみて下さい。

 

いつも「私なんて…」とへりくだっていることが、

周囲にとって喜びを与えるかどうか。

 

迷惑をかけないように…と、

そこを一番大切にしていることが、

 

周囲にとっても

良い形で発揮されているかどうか。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

陰だろうが、陽だろうが、

裏方だろうが、表だろうが、

 

本当はそのようなこと、

どうでもいいことでもあるのです。

 

それぞれが、自分の気質、才能、魅力を、

それぞれらしい形で発揮をしていくこと。

 

それが周囲の喜びであり、

幸せに繋がることであり、

 

大きなことを言えば、

社会貢献であるということです。

 

誰かのために…と言って、

自分を押し殺して、辛い思いをしてがんばることが、

誰かの幸せや喜びなのではありません。

 

あなたのために、

私、辛くて大変な状況でがんばっているからね、と

 

もし、身近な人にそう言われたら、

みなさんはどのような気持ちになりますか?

 

それが大切な人ならなおさら、

私のために…なんて、それやめてよ、

 

あなたはあなたで幸せでいてよ、と

そう思いませんか?

 

そのように考えたら、

みんな、それぞれ自分自身を整えて、

 

自分がちゃんと、幸せでいること、

それが相手にとっても幸せであること、

感じられますよね(*^_^*)

 

 

自分の本質を知り、気質を知り、

才能や魅力を知り、

 

そしてそれをただシンプルに、

発揮していくだけで、

 

誰かの勇気や励みに繋がり、

誰かの喜びや幸せに結びつくということ。

 

 

自分勝手な思い込み、主観ではなく、

もう少し広い視野、別の視点、捉え方…客観視で

 

自分の資質、才能、魅力を知り、

気持ちよく、心地よく、発揮していくことですね(*^_^*)

 

 

 

心と外見を美しく整えて

 

毎日をちょっぴりハッピーに

 

わぁ、気がつけばもうこんな時間…早く寝ます~の喜多川恵凛でした。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

おはようございます。

喜多川恵凛です。

 

 

IMG_4692

 

 

 

IMG_4683

 

 

 

 

 

私の専属セラピストでもある

(と…勝手に、専属とか書いちゃいました 笑)

 

プライベートサロン「felice…」

オーナーセラピストの松沢美恵さんが

モニター募集をされています。

 

その数、なんと100名様~!

 

す、すごいぞビックリマーク

がんばれ~美恵さ~んクラッカー

 

 

チネイザン(氣内臓セラピー)とは…

 

美恵さんのサイトよりお借りしますと、

 

古代中国で発祥した

気功療法のひとつであり、

 

肝臓や腎臓・腸などの

「五臓六腑」のマッサージだそうです。

 

「内臓の気を整える、

気で内臓を整える」と言った意味があり、

簡単に言えば、お腹のマッサージ。

 

とても味わい深く、

お腹を触っているだけなのに

心が安らぎ、身体がリラックスできるようです。

 

現在、このチネイザンについて

学びを深めていらっしゃるようですが、

 

そこでの課題の一つとして

100名様へのモニターがあるようです。

 

美恵さんと私の出会いは

6年前…。

 

そのときも美恵さんは

「腸セラピー」のモニターを募集されていて、

 

そこに私が受けに行ったことが

ご縁の始まりでした。

 

その後もいろいろな形で

ご自身のスキルを磨かれておりますが、

 

今回また新たな扉をひとつ、

開かれるようです。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

モニターというと、

モニター価格で…なんていう表現もあって、

 

通常よりもお安い値段で受けられる、という

受け手側にもお得な感じがありますけれども、

 

やる側としましては、

そうした金額云々…ということよりも、

 

何よりもお申し込みくださる、

来てくださる、

モニターになってくださる、

 

そうした方がいて下さるというそのことが本当に

ありがたいことなのですね。

 

私もレイキヒーラーになる、という時に、

2030名、ヒーリングをすること、

という課題をいただきまして、

 

「レイキヒーリングを受けるの!?

もちろん♪いいよ、いいよ~♪」と

 

気持ちよく受けてくださった方々にお会いして、

とてもありがたかったこと、今でも覚えています。

 

みなさんからすると

やってもらう…という立場に思うかもしれませんが、

 

やる側からすると、

そのお客様そのものの存在が、

本当にありがたいわけです。

 

自分の夢や目標、

道を切り開いていこうとするとき、

 

モニターを受けてくださるということは、

姿を変えた自分への応援、エールでもあります。

 

これは自分がやる側になってみて、

本当によくわかりました。

 

受ける側の方々にとっても、

少し安くて、気持ちが良くて、

 

お得だわ♪ラッキーだわ♪って

そのような感覚で、

 

それが誰かを応援したり、

誰かの役に立っていたりするとは、

なかなか…そのように感じられないかもしれませんが、

 

 やる側にとっても本当に、

ありがたいことなのですよ~ほっこり

 

かといって、

じゃあ、モニターになってあげるわよ、

やらせてあげるわよ、というのも、

また違うとは思いますが…あせる

 

自分はただやってもらっているだけのことが、

その姿が、誰かの役に立つことなのだなって、

 

自分の身体を整えてもらっていることが、

感謝されることでもあるのだなって、

 

ちょっと不思議で面白い感じしませんか。

 

こんな感じでの誰かのために…というスタイル。

お互い喜びがあること、ちょぴハピですよね音譜

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

今回の美恵さんのモニターに関しても、

受け手は、気持ちよ~く、

癒されるひとときを味わいながら、

 

実はその姿が、

美恵さんにとってとてもありがたい時間に

なっていると思います。

 

気持ちが良くて、

身体にも良くて、

なおかつ、役にも立つなんてにやり

 

ホント、ちょぴハピだ(笑)

 

ご興味あります方はぜひ、

リブログをご覧の上、美恵さんへご連絡をどうぞ♪

 

私もお願いしようと思っています。

 

私のこのデーンとしたお腹が、

大好きな美恵さんの役に立つのなら

こんなに嬉しいことはない(笑)

 

 

みなさんもモニターという形で、

自分の身体を整えてもらう形で、

 

松沢美恵さんをぜひ

応援していただけたら嬉しいな~にやり

 

美恵さん、

100名到達の際には、

お祝いしましょうね~ラブラブ

 

出会う方おひとりおひとり、

6番の愛と美しさを注ぎながら、

がんばってくださ~いクラッカー

 

 

 

心と外見を美しく整えて

 

毎日をちょっぴりハッピーに

 

昨日は銀座にてグループセッション。ずっと気になっていた『マルコポーロ』初めていただきました♪の喜多川恵凛でした。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは。

喜多川恵凛です。

 

今日は子どもたちのスイミング、

スキルアップレッスンにお付き合い、

見学をしてきました。

 

スイミングを始めて約2年半。

こちらのスクールはバスでの送迎があり、

 

小学生のほとんどは、

バスを利用しているのではないかと思うのですが、

 

娘の「ママにみてほしい。」という声に応えて、

週1ペースで一緒に行っています。

 

子どもの習い事に熱心な親というよりは、

ただそこにいるだけで、娘が喜ぶのなら…という、

そのような理由からです。

 

ですから練習を食い入るように見る…ということもなく(笑)

 

スマホをいじったり、本を読んだり、

たまに子どもたちを眺めたり…の約1時間です。

 

とは言いながら…

 

2年半も一緒に通っていると、

子どもたちがだんだんと泳げるようになっていく姿、

 

成長していく様子、過程が、

よくわかります。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

一時期、クロールの息継ぎのところで

息子が行き詰ったことがありました。

 

息継ぎがなんとかできるようになっても、

フォームが上手にならないのですね。

 

腕に耳をつけるように、

水面と平行に顔を90度に出せばいいのですが、

それがなかなかできず…頭をあげてしまう。

 

息子はあまり運動ができる方じゃないと、

わかってはいるのですが、

 

まさかこの動きがこんなにできないとは…と、

このときばかりは、なんだかイラッとしてしまった自分がいます。

 

毎月の進級テストでも、「フォームが…」と同じことを言われ続け、

なんだかんだと半年くらいかかった気がしているのですが、

 

その間に娘が着々と進級をし、

同じ級に並んだと思ったら、さらに、スルッと抜いてしまったのです。

 

この時は親として、

なんとももどかしい気持ちになりました。

 

もともと運動神経だけでいえば、

娘の方がいろいろとセンスがあるのですが、

 

でもそこは2学年の差、

まさか妹に抜かされるとは…と叫び

 

私自身、運動はそこそこできたほうで、

同じ学年の友達にさえ、負けたくないと思っていたタイプ。

 

プライドはないのか!

悔しいとか思わないのか!

情けないとかないのか!

 

そんな気持ちが、私の中でグルグルと湧き上がる…。

 

そもそも、同じくらいのペースで進んでいた同学年の友達とも

徐々に差がつきだして、

みんなどんどん先に進んでいきました。

 

あの子も、あの子も、

あの時期ぐらいまでは同じくらいのペースだったのになぁ…と、

 

今までそんなこと、気にも留めなかったのに、

息子が行き詰まり出したら、なんだか急に人のことが気になってくるしょぼい母ガーン

 

「自分の目標に向かってひとつひとつ。」

「人と比べない。自分の持っている力を伸ばす。」

 

何かの折、そのように子どもたちに伝えてきているのに…

 

少しは、あいつには負けたくないとか、

あいつよりできるようになりたいとか、

そういう気概はないのか~!と、心の中では熱い炎が燃えたぎるメラメラ

 

私より先に夫が我慢できなくなって、

市民プールに練習に行くぞおーっ!とはっぱをかけても、

 

そこはなんだか「う~ん…」とか言ったり、

「父ちゃんはコーチじゃないんだから、父ちゃんに言われたくないビックリマーク」と反抗をしたり…。

 

そのような態度を見て、

「だからダメなんだよ、

本気でできるようになりたいって思っていないんだよパンチ!」と

これまた夫がさらに、ヒートアップ…。

 

息子自身もきっとよくわかっているよね。

誰だって、できないよりもできるようになりたいし。

 

と、思いつつ…

プールが終わるとすっかり、そんなことを忘れているかのような息子の姿に、

私も、もっとやる気ださんかいメラメラと突っ込みたくなる。

 

いかんいかん、ここは子どもに言っているように、

私自身が、人と比べず、冷静にならなくては、と思いながらも、

夫婦2人だけになると、お互いグチグチ…。

 

息子の名誉!?のために言っておきますが、

決して、適当にやっているわけでもなく、

やる気がないわけでもなく、毎時間、まじめにやっています。

 

ですがいかんせん、

体の動かし方がよくわかっていない。

 

コーチの説明は、理解できているのですが、

頭と体が繋がっていないのですね。

 

バレーボールを教えてきた身としてわかることは、

これはもう、あとはひたすら反復練習、

量をこなして、体に覚え込ませるしか方法はない。

 

そこで自分から

「市民プールで練習したい。」などという言葉が出れば、

親としてはある意味安心というか、

 

望んだ姿でいてくれたわけですが、

それもないから、なんだかモヤモヤ…イライラ…。

 

そんな感じで過ごしていた数か月間のとある日。

 

友達に「そう言えばお前今何級なの?」と

聞かれた息子。

 

その答えが、本当に

9日生まれの9番さんらしくて、

 

私のイライラ、モヤモヤ、メラメラメラメラは、

すぅっと消えてしまったのでした。

 

そうだ、そうだ。

どこに、何に、捉われてしまっていたのだろう。

 

大事なことはちゃんと、

息子自身がわかっている。

 

このときは息子の素直な気持ち、

真面目で、優しくて、一生懸命なところ、

素晴らしいものを持っているのだなぁと、ハッとさせられました。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

さて、どのように答えていたかというと…

 

「お前今何級なの?」と聞いてきた友達に対して…

「俺?笑わないで聞いてくれる?」と言う息子。

 

「俺は今、〇級でクロールの息継ぎができなくってさ、

ずっと受からなくて、妹にも抜かされちゃったんだけど…。」と、

まんま、素直に伝える息子。

 

それを聞いて、心の中でびっくりしまくるワタクシ…叫び

 

えぇ!〇級だけ言えばいいじゃない、

妹に抜かされたとか、そこ言わなくていいじゃない、

友達にバカにされたり、からかわれたりするかもしれないじゃない、

そもそも、そこ、隠したいとか思わないの~あせる

 

はい、これが母の気持ちです。

 

お友達も、あまりにも素直に、

笑わないで聞いてくれる?俺ね…と、

 

包み隠さず話す息子に、

「ふ~ん…。」としか言えないよう…汗

 

「〇〇はもう特級か~。

俺もいつかそこに行けるようにがんばるよ。」と、

 

自分の今の様子を

素直に伝える息子の姿を見て、

 

あぁ、この子は本当に、

人と比べてどうとか、こうとか、

そういうことがないのだなぁと…。

 

人と比べない。

自分のペースで、自分ができることをやる。

自分の持っている力を伸ばす。

 

そうやって伝えてきたこと、

ちゃんとわかっているからこその、

この言葉なのかもしれないと。

 

ここは親ばかのように聞こえたら、

そこはスミマセン汗

 

でも自分がもし、その立場だったら、

笑わないで聞いてくれる?なんて、言えないなぁと…。

 

その姿を目にして、

親のエゴ、スルッと落ちちゃいました。

 

あぁ、この子のペースでいいんだよね。

そもそも運動が得意でもない子が、

 

壁にぶつかってがんばっているのだものね、

そりゃ時間もかかるよね。

 

それでも一生懸命、

ふてくされず、くさらず、泳いでいるのだものね。

 

恥ずかしいとか、隠したいとか思わずに、

笑わないで聞いてくれる?と、

そうお友達に伝えられるのだものね。

 

ここは息子のいいところなのだ、と

そう思えました。信頼ができました。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

あのときはそんな感じでモヤモヤしていましたが、

過ぎてしまえば、それもなんだかいい思い出のようでもあり、

笑い話のようでもあり…。

 

今ではクロールもスイスイ、

気持ちよさそうに泳いでいます。

 

このままのペースじゃ、卒業まで

目標としているところまで終わらないぞ!と、

 

逆算して、息子にはっぱをかけていた夫も、

なんとか見通しがたったことにより、安心したようです(笑)

 

今回参加しているスキルアップレッスンというのは、

普段の練習とは別の、短期レッスン。

 

最終日に進級テストがあり、

上手くいけば進級もできるもの。

 

もちろん、別料金がかかっており、

ある面では、級をお金で買うようなものかもしれませんが(笑)

 

でも、ちゃんとできなきゃ、

やはり合格はもらえません。

 

子どもたちが「参加する。」という、その気持ちに、

そこはお金も時間もかけようかなと。

 

実は今も、息子と娘、

同じ級でがんばっています。

 

娘は秘かに敵対心があって、

「お兄ちゃんを抜かすんだ。」と燃えています。

 

かといって、娘が兄をバカにする、ということはなく、

純粋に、ライバル心があるようです。

 

息子もそうした気持ちは感じているようで、

そこは負けたくない、と思っているよう。

 

人と比べない。

自分のペースで、自分の能力を伸ばす。

 

そう伝えてきたのと同時に、

 

勉強や運動、才能、能力というものは、

年上だから、年下だから、といった年齢に関係なく、

 

力のある子はいるのだ、

できる子はできるのだ、ということもまた、

折に触れて伝えているので…。

 

兄だから、妹だから、ということではなく、

お互い、自分の力を伸ばしながらも、

お互い、負けたくもない、ということなのだと感じています。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

親はつい、子どもに対して、

できることよりも、

できないことの方に目が向いたり、

 

できることに対しても、

もっとこうなればいいと高みを望んでしまったりします。

 

子どもの成長にとって、

何が本当に大切なことなのか、

 

その子の気質、性格を見通しながら、

その子の持つ良さが、より良い形で発揮されていくには、

 

どのような声掛けや支援、

姿勢、在り方でいたらいいのか、

思考錯誤の連続ですね。

 

今いる小さな集団、世界の中だけで、

ああだこうだと物事を見通すのではなく、

 

大人に向かって、子どもの心を前向きに育むというその視点で、

もう少し広い世界で生きていくこと、

感じていけたらいいなと思います。

 

「ママ見に来て~。」なんて、

言ってもらえるのもあと1年あるかどうか…。

 

そのうち「見に行っていい?」

「ダメ」「やだ」なんて…

 

そのような日も訪れるのでしょうね。

 

プールにいる何気ない時間、

週に1度の、1時間。

 

この時間が、

いつかかけがえのない、私の、

親としての宝物になる。

 

と…そんなふうにちょっと浸ってみながらも、

実際は、スマホを見て、本を読んで、

時々、チラッと見ての…

 

相変わらずの、

テキトー時間でもあります~(笑)

 

 

心と外見を美しく整えて

 

毎日をちょっぴりハッピーに

 

ユーミンのライブDVDを購入しました~♪夏休みはユーミンに浸るぞ~♪の喜多川恵凛でした。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)