心の根っこケアテーカーすみぃのありのままに咲きほこるブログ

心の根っこが元気なら、何があっても大丈夫。すべての人は、ありのままで素晴らしい。


テーマ:


Flzal's Photography


やりたい気持ちはあるんですけど、
「きっかけ」が見つからなくて。
何から取り組めばいいんだかわかんないんですよ。

やろうとしても怖くてできなくて。



ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!



はい!そこ!
そこっ!そこっ!目の前!今言ったとこ!

そこ、「きっかけ!」
そこ、「一番最初に取り組むところ!」



【「心のブロック」は「次への扉の鍵」】


「怖いから選択したくないこと」が、大抵、魂の軸方向。
「怖いから認めたくないこと」が、大抵、心の底の本音。
 
ってことを、
前回
引き寄せの法則の本質

でもお話ししたのですが、
 
この見方でいくと、
逆の見方で見ると、
 
「怖い」は「扉」
 
ということが見えてきます。
 

どういうことかというと、
 
   *

「怖い」と思っている行動や、
認めたくない本音は魂の道(成功)へのサイン

(本気でやる意志があるかどうか、神様にお試しされてるよ〜( ̄▽ ̄))

   ↓
そっちに行ったら、「人生変わっちゃう」から、

(「変わる」ということは、生物的本能的に「危険」な事。「リスク」な事。)
 
「心のブロック」がそれに抵抗してる。

   ↓ 
「心のブロック」が外れたら、(乗り越えたら)行動ができるようになる。
今までの「制限された思考回路」も変わるので、
考え方や、導き出す方法や結論も変わる

   ↓ 
行動前には思いもよらなかった方法、ルートで、
願望が実現したり、達成したりできる
 
   *
 

ブロックがあると、そのブロックの先が見えない。
目隠ししていると、目の前が見えないのと同じです。
 
ブロックを取ると、見えるようになる。
だから、
ブロックを外す前に、
ブロックを外したら何が見えるのか、
ブロックを外したらどうなるのか。
っていうことを、想像しても恐れても、躊躇しても、
意味ないんですよ。
 
ブロックがあるまま、
恐れを抱いているままだったら、
見えない。

ただ、「怖い」ということだけが繰り返し繰り返し、感じられる。

目隠しをしている時に、分かることは、
「自分が目隠しをしているかもしれない」
ということだけ、というのと同じです。
 
目が見えない。
でも、それが当たり前と思って生きてきた。
でも、外せるのかもしれない。

それって怖いことです。
今まで見えなかったものが見えるようになっちゃうかもです。

目が、眩しくて眩むかもしれないです。
しばらく、歩けないかもしれないです。
 
でも、目隠しが外れるってことは、
きっと、目隠しがある状態よりは、良い状態のはずです。
 
扉をくぐるかどうかは、扉を目視してから、考えればいいんです。
扉を開けてみてから、考えればいいんです。


「ピンチはチャンス」って、よく言われる所以です。
 

「怖い」を外す方法

なんだ、結局「マインドブロックバスター」のおすすめかい?
アンタのところに行って、
「心のブロック解除」とやらを受けないと、
お話が進みませんよ、って話かい?
 
…と、思いました?
 
いやいや、
そんなケチくさい事はしませんわ(笑)


「怖い」を乗り越えたり、克服することは、
誰だってできるんです。
 
人間、みんな、そうやって生きてきてるんですから、
誰にだって、その力は備わってるんです。
 

tobi_digital


それは、
「勇気」です。


単純なこと、簡単なこと、当たり前のことかもしれないです。
 
「怖さ」を克服する方法は、
 
「怖いまま進む」ことです。
 

 
「怖くなくなってから進もう」

「怖いと感じなくなってから進もう」


そう、考えがちです。
それも、一つの方法です。

敵陣に乗り込む際に、
敵の戦闘力がどれだけかもわからないけれど、
とりあえず、ありったけ準備を整えてから行く。
 
もしくは、事前にめちゃめちゃ情報収集をして、
対策を練りまくってから行く。



私たちは、「試験」「受験」という課題を、
中学校から大学、就職に至るまで、
通過儀礼として乗り越えてきました。


そこで繰り返し言われることは、
 
「失敗したら次は無いんだ」

「やり直しはできないんだ」


というセリフじゃなかったでしょうか?
 
 
準備を万端に整えてから挑まないと、後悔するよ
って。
 
私も、生徒たちに幾度となく言いました。

 
…でも、人生は、マニュアルが無いんです。
そして、後悔は、するものです。
失敗も、するものです。
そして、死ななければ何度だって、やり直しできるんです。
 
失敗してもいいんです。
っていうか、むしろ
失敗しないと進めないんです。
 

人が行動をできない時、恐れているものは、大抵、次の4つです。
 
 
1、失敗して失うことーーーーーーー→自分を責めること
2、失敗して恥をかくことーーーーー→自分を責めること
3、失敗して失望されることーーーー→自分を責めること
4、失敗して、責められることーーー→自分を責めること

 
 
やらなきゃよかった、
ほら、やっぱりね
だから言わんこっちゃない
バカじゃないの
どうするつもり?
恥ずかしい
もっとちゃんとできなかったの?
 

…って、周りから言われたとしても、
あなたの心が本当の意味でダメージを受けるのは、
自分が自分にそのセリフを言った時です。
 
誰に何と言われようと、
気にならないはずなんです。


もし、気になるのであれば、
自分が自分で、そのセリフを自分の耳元で復唱しています。
 
夜、寝る前や、ぼーっとしている時に、
常に常に、脳内再生しています。
 
 
思い当たる節はありませんか?



自分で、自分を責めているんです。



その声を、止めようとしても、
止まるもんじゃないです。
 
 
その声を止める、最も効果的な方法は、
 
これまでの私の経験上では

「やっちまう」ことでした。



「怖い!怖い!怖い!!!!!」


と、言いながら、「やっちまう」と、
 
意外に、怖くなかったりしました。
 
何も起こらなすぎて拍子抜けしたり、
 
予想外の結果が出て、逆に、感動して泣いたりしました。


Clara S.


【「怖い」ままでも、進める】


つまり。

心のブロックって、そのままでいいんです。

怖いまま、ブロックを抱えたままでも、

エイヤー!

って飛び込んだら、
ステージが進んだ瞬間に、ガラガラと音を立てて、勝手に外れるんです。
 
 
物陰から物音がする時って、怖いですよね。
その音の源に近づいて行って、
自分の目でそれを確かめるのって、
すっげーーー怖いですよね。
 
映画だったら絶対死亡フラグだし、
私、リアルだったら絶対しない。
 
でも、ブロック抱えながら進むって、
そんな感じです。


フラグに向かって突き進む。
 

ガバァ!!!って覆いをとってみたら、
モンスターだと思っていた物音の源が、
ちっちゃい子猫だったりするんです。
 
(⌒▽⌒)ニャー


ま、同じ進むんでも、
少しでも怖くない方がいいじゃん、って思ったから、
私はブロック解除するけどねー(笑)


でも、ぶっちゃけ、ブロック解除に頼らない方が、
イベント満載で、人生は楽しくてスリリングかも
って、最近思う。
なので、急ぎじゃない時は、
ブロックを楽しむ、なんてことを最近してたりします。


【今日の魔法の質問】

「怖いことは何ですか?」



  今日のブログの内容を動画でも(^^)
     ↓



占い師が常駐するカフェ、
「占いコミュニティカフェにじいろねこ」
元気にプレ営業中です!遊びに来てねー(^^)

http://ameblo.jp/nijiironeco/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。