池袋 徒然 依怙地

池袋から社会を変える。認識し、推敲し、のちに批判する事によって日本のマスメディアから独立した視点を探求する。


テーマ:

一応、現在進行形で起こっているニュースを羅列する。

◆トランプ氏、共和党の大統領候補に指名される
米共和党大会 トランプ氏、正式に大統領候補に指名(CNN)
米共和党大会会場前で抗議デモ 逮捕者、負傷者も(CNN)

◆トルコ大統領がクーデター未遂を受けて、非常事態宣言を発令
トルコ大統領、3か月の非常事態を宣言 「テロ組織追い詰める」(AFP)

◆イギリスEU離脱国民投票のその後
メイ英首相、メルケル独首相と会談 「秩序あるEU離脱を」(CNN)

◆ポケモンGO
米国は「狂騒曲」、中国は「秘密漏洩を懸念」、ロシアは「米国陰謀論」など…

 

以上で羅列終わり。

 

世界では様々な緊張した政治情勢があり、フランスも再度のテロを受けて非常事態宣言を6カ月延長している。そして、シリア情勢も予断を許さず、ISISも世界でその影響力を強めている(これは見方にも依るが、中東での活動に見切りをつけてヨーロッパを中心とした世界規模のプロパガンダを始めたようにも見える)。

イギリスは世界、EUからの孤立を免れない情勢で、米国は更に国内の「白人警官」VS「黒人市民」の抗争といっても良いような状況である。中国の南沙諸島を巡る裁判では、孤立を深める中国による、世界への批判、非難が留まらない。中国の動きを見ると、第二次大戦前の日本が「国連脱退」を決めた時と似ている気がする。

 

日本では、安倍自民党が参議院で3分の2の改憲勢力を手に入れた。影響は徐々に出てくるだろう。今年中に動きがあると思われる。都知事選が7月末に行われるが、「鳥越俊太郎」という保守勢力の天敵に対して、メディアバッシングが雨あられの様に降り注いでいる。それまでの候補者と違い、「鳥越俊太郎」が都知事になった東京都は政府には「アウト・オブ・コントロール」な存在になることは明らかで、それに対する狂気じみた反抗なのだろう。つまり、「鳥越俊太郎」が都知事になれば、政治情勢はガラッと変わるのだ。

 

最後にポケモンGOだが、この狂騒曲が何を示しているのか。「世界が平和である」ことであって欲しいと願ってやまない。歩きスマホは危ないので注意した方が良いと思うが^^;
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

参院選の結果は皆さんご存知の通り。安倍自民党は1強体制を更に盤石にし、改憲勢力もほぼ目処がつくところまで持ってきた。これで日本は、安倍総理の念願である憲法改正発議を可能にした。そして、この状況は衆院選の解散まで続くことになる。

 

参院選は自公維など3分の2超獲得、安倍首相は大胆な経済対策表明(Newsweek)

Newsweekなどでも「3分の2」を基準として参院選を報道しているところから、日本が考えている以上に世界では安倍自民党の「憲法改正」が大きな世界的意味を持つことを認識している、と言って良い。これは英国が「EU離脱」を軽んじていた状況と瓜二つだ。目先の人参(EU離脱に比べてアベノミクスでは人参にもならないが…)に眼をくらまされて思わぬ分水路を超えてしまった。

 

でも、当然これで諦めることなど出来ない。立憲主義をそもそも理解していない(いや、しているからこそ抜け道としての権力基盤強化を党是としている、のか)自民党の1強体制が完成しているといっても、次の衆院選は政権交代も可能な選挙となる。そこまでにどれだけ抵抗できるかは、野党だけでなく市民運動の後押しも必要だろう。

 

そして、ほとぼりが冷めるのを待って安倍自民党が繰り出してくると予想される改憲カードに敏感に対応するためにも、メディアが重要な鍵を握る。多分、その動き方は散漫だろうし、力あるものに迎合する傾向を強めるだろうから、「それじゃダメだ」と突き上げるムーブメントが今以上に求められる。自分に何ができるのか、これまで以上に考え、動いていくことを心に刻む一日だった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イギリスのEU離脱派勝利から世界は新たな混乱を露呈している。経済だけでなく、治安においても、その不安感が助長する最悪な状況と言える。イスタンブールを皮切りに、ダッカでは日本人もその犠牲となった。そして、メディナやバグダッドでの同時多発テロが起きてしまった。

 

バングラデシュ襲撃、実行犯はISと無関係と内相(BBC)

悲劇の原因と結果、そして予防は考えなければならない。一番大切なのは、どうしたらそれを防げるか。でも、それが一番難しい。私は安倍総理の考え方に与しないが、力を誇示して相手をねじ伏せる、という方法が無力だとは思わない。とても稚拙な方法だが、それでも世界の主流の方法論なのだろう。そして、その稚拙な行動がもたらす結果が、元々卑屈になっている人たちに通用するのか、いや、それが通用しないことは、アメリカも、フランスも、トルコだって身にしみているのではないか。

 

日本人が被害にあってしまった。単純に安倍批判だけをしていて良い状況とも思えない。だから、私は上記の考え方に立ち戻ろうと思う。「世界の主流である、力をもって武力組織を脅す、という方法論に先はない」という日本国憲法の原点。

 

安倍支持者、安倍排除派、どちらもテロを受けて「それみたことか」とお互いを攻撃しあっている。でも、起こってしまったことは「起こらなかった」ことにはならない。そして、後付でワーワー言うのは小学生だってできる、当然私もしたり顔で何かをいうことは可能だ。でも、そこに何の意味がある?何もないだろう。

 

日本国憲法の原点を今こそ堅持する。そして、それを変えようとしているのが安倍自民党なのであれば、徹底的に抗う。それが、私が考える未来への希望だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イギリスのEU離脱派が国民投票で勝利確実な情勢だ。もう、この流れは覆らないだろう。もちろん、離脱までの道のりは長い。その中で状況変化を起こすことは出来なくはないだろうが、可能性からすれば難しいと言わざるを得ない。なにせ、「決める」といいって投票をして、「離脱」と決めてしまったのだから。

 

株価は特に日本が影響を受けていて、円相場と共にヒステリックに動いている。リーマン・ショックの比ではなさそうだ。これも数日状況を見守らないといけないが、一日の下げ幅としてはリーマン・ショックを上回りそうな情勢だ。

 

そして、さらにイギリスに追い打ちをかけそうななニュースがAFPから。

 

英国がEU離脱へ、スコットランド首相は独立を示唆(AFP通信)

スコットランドは62%がEU残留に投票したそうだ。だからというわけではないが、泥船からは脱出しようとするのが当たり前かもしれない。更に言えば、EU自体が「泥船」とみなされるかもしれない。イギリスが残留していたら、EU内部で更なる公平性と進歩的な現状打開案が議論されていたかもしれない「移民問題」。もう、EUでは手に負えなくなる可能性が高い。

イギリスとEU、そして「大英帝国」に属する各地域の人たちは、気が気でない日々を過ごすことになるだろう。同時に世界はその混乱に巻き込まれていく。日本は、昨月サミットを主催したわけだから、この状況に責任追求される可能性すらある。「リーマン級ショック」は調整力の乏しい日本でサミットが開かれたからこそ状況が変わらなかった、と追求されても仕方ないだろう。何せ、安倍総理は自らの選挙対策にのみに注力して、各国を巻き込んで「消費増税延期」を正当化するお墨付きを手に入れたのだから。目の前に、もっともっと重要な案件があったという話だ。

 

今まで世界の好景気に支えられて、あたかも自らの手柄のように振る舞っていた安倍自民党。当然、経済ショックの責任も引き受けてもらわなければ勘定は合わないだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

単にイギリスという国がEUを離脱するかどうか、という話では既に無くなっている。「共同体」としてのヨーロッパ、という概念自体が揺らいできているように思われる。

【英国民投票】EU離脱・残留両派 討論会で激しいやり取り(BBC)

ここは小細工無く王道のBBCから引用しよう、世界が大きく変わる可能性もあるのだから、当事者の報道を注視する必要があると思う。それにしても、状況がここまで拮抗するとは、彼ら自身も思っていなかったのではないか。構図は極めて単純だ。

離脱派:移民による雇用機会喪失と治安悪化を憂いている(保守)

残留派:ヨーロッパ内の経済や理念を各国と共有することが最善の道(リベラル)

 

昨今の排他的民族主義はEUの理念を揺るがせている。イギリスに限ったことではないのだが、イギリスというモニュメント的な国家がEUから離脱するということになった場合、他の不満を募らせている国がEUに残る道を選ぶのだろうか。結局、排他的な人間に「融和・強調」を説いたところで、目先の利益にしか思いはいたらないだろう。

 

気になるのは、ミック・ジャガーが離脱を支持しているという報道があること。私はミック・ジャガーが好きだし、どうして彼が離脱を支持するのかが分からない。決して保守の人ではないと思うのだが、ロックだし。

 

私は自分自身が協調性のある人間だと思っていないので、「協調性を持て!」という指摘にはことごとく逆らってきた。だから、EUの掲げる理想が簡単に実現しないことを理解している。でも、今このタイミングでEUが瓦解することの意味と喪失も同時に理解出来る。離脱派は、生活基盤が崩れる可能性があるにも関わらず、今の社会に不満を感じて更に生きづらい世の中にする手助けをする、このことの矛盾を感じないのだろうか。

そして、これは「自民党支持者」にもまったくそのまま当てはまる論理だ。どう見ても弱者が生きづらい世の中を作ろうとしている自民党を、弱者が支持してどうするんだ、と常々疑問に感じている。「弱者じゃない」というのであれば、自民党支持は分かる。だって、常に弱者を見ながら安心できる仕組みを作ってくれるのだから。でも、この場合の「弱者」というのは強者の対義語ではなく、「勝者」に対する言葉だ。安定していると錯覚している人は「勝者」ではない、ただの一般市民だ、それも「弱者」に限りなく近い可能性すらある人たち、つまり私や私を取り巻く環境にいる人たち。

だからこそ、もし搾取される社会、生きづらい世界に嫌気が指しているのなら、自民党支持は絶対におかしい。市民の前に「国家」を据えようとしている人たちが、ろくなことをしないのは戦前の日本を見れば明らかで、その戦前の日本に回帰しようとするのが、今の自民党だ。それを彼らは争点にはしないが、隠してもいない。ただ、みんなが「見ようとしない」だけだ。もう、眼を覚ましてもいいんじゃないのか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。