2017-03-16 17:11:47

にこ淵リベンジ【後編】

テーマ:じぶんのこと

にこ淵リベンジ【前編】は→「こちら」

 

にこ淵リベンジ【中編】は→「こちら」

 

ごつごつした岩など造作もないこと。

磯の岩を飛び回っているのだから。

DSC_7357.JPG

 

でも何かが違う。

体が言うことを聞かないのだ。

足はガクガクなり手はワナワナ震えている。

ぬるぬるの崖で手足にかなり力が入っていたらしく、手も足も自分の意思とは無関係に震えていた。

 

膝が笑うとはこのことか。

笑う膝と震える手でなんとか岩を乗り越えた。

 

絶景。

DSC_7354.JPG

 

水がどこまでも透明。

DSC_7360.JPG

にこ淵、、、これが仁淀ブルー。

 

人気スポットを貸切状態。

DSC_7359.JPG

(よく財布が落ちなかったねぇ。。。)

 

震える手で写真を何枚も撮った。

 

下りの崖のときにお尻のポケットに入れていて何度も落としそうな恐怖に苛まれたスマホを上着のポケットに入れる。

さて、、、帰るか。。。

 

上りのほうが下りよりもまだマシ。

いや、上りは上りでしんどいのだけれど、下りはそれに怖さも重なり力が入る。

 

ただただ上を目指して崖を這い上がる。

足場はやはりぬるつき信用ならない。

頼れるのは下り同様自分の「手」の力のみ。

しかし元々私は自分の体のことを信用していない。

 

今、もしこの手に力が入らなくなって鎖を握った手が外れたら、、、

 

崖の中盤でふと思う。

いやいや、もうここは自分を信じよう!

下を見ずに上だけを見て何とか崖を登りきった。

 

大岩を越えるときにはあのスーツの女性のように笑っている私がいる。

前からは大学生くらいの男女3人組がやってきた。

「道がない!?」と騒ぐ大学生に大岩を指差し「あれが道です。」と教える旦那さん。

 

私もケタケタ笑う膝と少しでも力を入れるとぶるぶる震える手を隠し、

「ここからがたいへんですよ!がんばって!」と言う。

「分かりました!ありがとうございます!」と大学生。

行きの私とスーツのカップルのような会話。やっぱりこういうのって素敵ね。

 

駐車スペースにつく頃には喉はからからになっていた。

車に乗り込みペットボトルの水を飲、、、

手がぶるぶる震えて口元にちゃんと持っていけない!

「うそやろ。。。」

失笑する旦那さん。

うそやないき。

 

遠回りのドライブをしながら家に帰ることにした。

ぶるぶる震える手で水を飲む私。

「ふっ」と笑う旦那さん。

この光景が幾度となく続くのだった。

 

にこ淵。

DSC_7361.JPG

(しんどすぎて)たぶんもう行くことはないだろう。

でも一度は行ってみる価値あり!!

 

人気ブログランキングに参加しています。

下の ↓ ↓ みにの画像をクリックして応援よろしくお願いします。


人気ブログランキング

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

ちさもんた。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。