うさんくさい系女子のあじゃあじゃブログ

荒川チョモランマ主宰の長田莉奈が世間と繋がりを求めたときに
とりあえず放置していたブログを再開するところから始めようと
四苦八苦しながら綴るブログ。更新することに意味がある。


テーマ:
6年ぶりに始動したブログ、
「きっと次の投稿は再び数年後だな」ーーーーーー
という大半の予想を裏切って、数日のうちに更新します!
こんばんは、長田です。
大丈夫!この公演終わったら自動的に止まるから!たぶん!
… … …


本日も午後から夜まで稽古しておりました。
ガシガシと公演稽古は進んでいきます。
3日前の11日には初通し(お芝居の最初から最後まで通して演じてみる事)をやって、
そこで見えてきた《この物語の可能性》を元に
現在は各シーンの印象をグイグイ立ち上げていく作業の真っ最中です。
いつもの日常、その次の瞬間。
思いもよらぬ出来事が起きたら。
人は。
どういう心のざわめきを感じて、
どんな声で言葉を交わし合って、
どんな行動をもって/どんな他者と/どんな関係性を築いていくんだろう。
そういうことを、出来うる限りリアルに再現してみる。
お芝居をつくる作業は(個人の見解で言うと)大体こんな感じだと、おもっています。


最近思うのは
一本のお芝居は、どこか一曲の音楽に似ていて、
そのお芝居の中の編成というか、
刻一刻と変化しながらも、一秒前の印象を受けて確かに増幅されていく《グルーヴ》のようなものを
繋いで 繋いで
間違っても切らしたりしないように、
皆でわあわあいいながら何度も何度もおんなじシーンのおんなじセリフを
何度も 何度も
一番気持ちいいリズムで繋ぐまで
繰り返しやってみる。
シーン稽古でやっていることは、大体こういうことだと(あくまで個人の見解として)思っています。

これはなかなかに集中力と根気がいる作業ですが、
同時にとてもアドレナリンが出る気持ちの良い作業でもあります。
(そこに中毒性を感じちゃうくらい稽古好きな役者は、
救い様のないレベルの演劇馬鹿と言えます)
(この演劇馬鹿という言葉は、
褒め言葉でも貶し言葉でもありません。そのままの意味です)
以前の演出家としての私は、
どちらかというと《アクシデント》的な要素を好む傾向にあったのですが
最近は打って変わって《再現性》を重視するようになってきました。
なんですかねぇ、年をとったんでしょうね。
良くも悪くも。


そんなこんなで絶賛稽古中のこの公演。
なんだか今回の記事は真面目になってしまった気がする。
あんまり固い文章は読んでいて楽しくないと思うので、
今私は不安です。
どうしよう。
なんかもっとテキトーなこととか、
時節的なことを書いた方がいいのではないか。


… … …
あ、本日はバレンタインデーだったわけですが、
稽古場では役者の皆がたくさんのチョコレートやゼリーやお煎餅を用意してくれて
他所と違わず私たちの座組もワイワイキャッキャしたんですね。
中でも山形出身・佐藤あやめが手作りチョコを作ってきてくれて、
そのチョコというのが、ゼリーの入ったマシュマロに
とかしたチョコレートをかけて固めて
それにつまようじを刺した形状のもので、
それを見て、
なんとなく、中学生の頃のバレンタインを思い出したのでした。
一方の私は
『公演にかかりきっているときは公共料金の支払いを怠るどころか風呂にさえ入らなくなるズボラ星の第一王位継承者』
なので、
《自分もチョコを用意する》という選択肢がそもそもなかったかのように
それはそれは堂々と、食べる専門であったのでした。
よもや手作りなんて発想が残っているわけもなく、
もしも用意することがあったなら、
きっと伊勢丹や髙島屋などで
美しく香り高いチョコレートを
お金で買ったことでしょう。

この、時間や手間をかけずに
金で物事を解決する感じ。
… … 年をとったんですかねぇ。
いいことはない、決して。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。