地元の工務店は特徴となる武器を持たなくてはやっていけない。
当たり前のことだが、実際に武器を手に入れようとしたら、とても難しいことだ。

武器を特徴と置き換え、特徴をほかの人があまりやっていないこと、と考えたらまずできっこない。
住宅業界もどんどん行政の締め付けが強くなってきているし、ますますその力は強まるだろう。
それにそのまま素直に乗っていくこと自体も、相当に勉強していかないと大変なくらい簡単なことではないが、さりとて、頑張って行政についていくだけでは、何ら変哲もない一般的な工務店になるだけだろう。大手であれば違う武器がたくさんありそうなのでそれでもいいだろうが、地元工務店では、それだけでは心もとないばかりだ。それだけでは単につまらない普通の印象しかない。

材料がいいだけでは魅力がないし、腕自慢だけでは昔の工務店的印象だ。安いだけではやがて立ちいかなくなるし後継者もいやになるだろう。

家づくりは、まず人間そして設計・デザイン・施工・材料そして何か特徴ある技術の整合性がとれて、しかもそのレベルが高くないと魅力的とはいえない。当然コストもある。
そんなことが地元工務店単独でできるとは思えない。
でも安直にフランチャイズに参加しても逆効果かもしれない。
ゆとり資金もない。
考えれば考えるほどどん詰まりになっていく。
何も考えずにこのままいこうか。ケセラセラ気分。

でもこんな風に悩んでいる方は、とても可能性のある方ですよ。
そんな方とお話してみたいですね。可能性が具体化するかもしれませんよ。