松窪一人の一人言

http://ameblo.jp/sumiyoshisyuhanmatsukubo/


テーマ:
 本年も大抵の人には役に立たない情報盛りだくさんでお送りしていきたいと思います。
弊社スタッフにワインの情報はどこから仕入れているのかとお題が出ましたので思いつくままにこれを機にまとめてみようという次第です。


 契約してはいないのですがいきなり有料記事でございます。
こちらの

ワインレポートはyoiurionlineなどで書かれていた山本昭彦さんのサイトです。お金払わないと当然全文見れないのですが、興味のあるヘッダーが見つかれば検索すれば何がしか元ネタは発見できると思います。大抵英文ですので英語は必須です。

 山本さんは

Facebookでフォロー可能なので何が流れているからはこちらでご確認いただけます。


 なにかワイン雑誌を定期購読するならば迷わず選ぶであろう

WANDSのサイトです。
ワイン中心月刊誌で記事の一部が閲覧可能ですが専門性が高くいきなりここは難易度高めかと思われます。

ウォンズの過去記事

ウォンズ過去記事にある麻井宇介(メルシャン勝沼ワイナリー工場長もされてた方のペンネーム)の

ワイン余話は必見


WANDSの記事は

ワインプレスジャパンのFacebookページをフォローしておくと確認容易です。

 海外の記事の和訳が載るありがたい

ヴィニクエスト。ジャンシス・ロビンソンMWの記事も頻繁に掲載で高評価です。


 こちらは割とメジャー誌

ワイン王国のフェイスブックページです。フォローしとくと有名生産者の来日がわかるのでオススメいたします。


 今となっては希少な月刊誌となった

ヴィノテークのページはFacebookです。ちょっとワインをかじらないと内容的には面白くないかもしてません。更新は特集紹介程度です。田崎会長が試飲評価するワイン・バイイングガイドの連載は本誌でご確認下さい。


 美術出版社というところが作っているだけのことはあり美麗な雑誌

ワイナートのページもFacebookです。こちらはイベント情報を頻繁に更新していますのでオススメです。


 江口画伯の表紙でおなじみ

リアルワインガイドは編集部のFacebookページがあります。

ネットショップ経営にも手を広げるワイン雑誌は珍しいようです。


 ここから先は英語コーナーとなっております。私も読むのは面倒くさいので追跡対象は年末のtop100関連くらいです。膨大な試飲ワインからの選定なので一定の評価はしてもいいのではないかと思っています。高得点の出る産地がある程度偏ったりするので(例年のスコアなどが頭に入っていればより役に立ちますが)ヴィンテージ評価にも使用可能です。

以下年末のトップ100追跡用

デキャンターのFB

ジェームス・サックリングのFB

ワインスペクテイター


 こちらの

アドヴォケイトがいわゆる PPの総本山です。


 おまけコーナー

 

マスターオブワイン アルファベット順
ここに出てくる人名をFBでひたすら検索&フォローしましょう。近年では雑誌よりもMWの方がトレンドに対する影響力が大きくなっている気がします。ワイン生産やコンサルやってる人も多いのでFBで活動追いかけるだけでも面白いと思います。

 

日本輸入ワイン協会 会員企業一覧
こちらも片っ端からFBで検索&フォローしておくと生産者や来日情報を入手しやすくなるかと思います。業者は山ほどありますが飲んでみて美味しいワインの裏貼りの業者を追いかけると良いのではないでしょうか。


 これでも飽きたりない方は
château
domaine
winery
など生産者関連のワードをFBで検索&フォロー

 ワインショップも見つかる限りフォローしておくと暇つぶしになります。

 お時間に余裕のある方は是非お試し下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。