ご長男様の全国大会行きは不可能となりましたが

実は次女様が某球技で全国大会出場となってしまい

なんやかんやとメンドクサイ日々です。

 

幼少時から取り組んできたご長男様の某球技、

残す大会は全国にはつながらない2つ。

 

その一つの大会一回戦のためにはるばる房総の果ての球場まで

行ってまいりました。

 

観戦前に蕎麦で腹ごしらえ。

 
 
お相手は全国大会出場の
東北からの招待チーム。エースは日本代表です。
 
ふつうであれば大敗・・・・との予想は成り立ちますが
そこは相手がどこであれ好勝負できるが勝ちきれない
又は相手がどこであれ大敗する奇特なチームですから
あっさり4対0で勝ちました。
 
さて翌日の2回戦はホーム球場で
北関東からお越しいただいた招待チーム、
何と初回から10得点。
ご長男様も4打数4安打7打点と気が狂ったように打ちました。
17対0でコールド勝ち。
 
どうしたのだろうか?・・・・
 
さて準々決勝。相手は同じ県内のチームです。これまでは勝ったり負けたりしています。
 
初回、エラーで出塁したランナーを1塁に置き
ご長男様、フルカウントから右中間を切り裂く先制タイムリー三塁打。
どうしたのだろうか?・・・・・・
 
結局は11対5で勝ってしまいました。
 
翌日、平日に準決勝と決勝を戦うとのことで
いくらなんでも観戦不可です。
 
準決の相手は・・・全国制覇のチームでした。
 
ふつうは大敗の予想・・・ですが
そこは奇特なチームだけに昨秋も0対1で惜敗ですから
勝負の行方はわかりません。
 
お約束していたお客様を工場にアテンドしながら
スマホの試合速報でチェック。
 
先制して2対0!
中盤に追いつかれ、延長戦へ!
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・結局、2対3で延長サヨナラ負けでした。
 
決勝まで進んだら
全てを投げ捨てて電車と車飛ばして駆けつけるつもりでしたが
残念無念です。
 
今回はチームとしてもご本人も好成績でしたが
いつもそうとは限りませんし、
悪いことの方が多いものです。
それでも結果はどうであれ取り組む姿勢に
合格点、満点合格です!
 
 
進路のことでチームの御母上の皆様からちょっと
進路ハラスメントを受けていまして
不信感おっぱいだったり
クソうるさい父親たちの雰囲気に
ついていけていないのでいつも孤立しておりますが
この大会は思いっきり応援してやりました。
応援っつーのはこうやってやるんじゃい!ボケ、あほんだら!
 
 
いつもの蕎麦屋で。

 

ワタクシにとってご長男様は

最高の選手であります。

貴殿の取り組む姿勢に意見を挟む余地は

ありません。

もちろんそんなこと誰にも言いませんし

いつも黙って粛々とお食事作りやお片づけや

送迎をするのみですが。

 

君とつくる未来・・・だった未来はもう

キミが創る未来・・・になりました。

 

異常、ご奉告申し上げます。

 

 

 
AD