降雪で 喜ぶ子供に イライラす

テーマ:
真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫)/浅田 次郎
¥560
Amazon.co.jp

これでおしまいなのでしょうか?

非常に惜しい。

読んでて泣いてしまうことは多々ありますが

思わず声を出して笑ってしまうお話は初めてでした。

ねえさんの浴衣―なぎさの媚薬〈4〉 (小学館文庫)/重松 清
¥460
Amazon.co.jp

「なぎさの媚薬」シリーズで唯一飲んでいなかったものを読みました。

最高傑作だと思います。

十分にビンビンになりましたし、十分に泣けました。

で、最後の最後にまたまたビンビンかつ泣けるという締め方で

重松さん!すごいよ!

高校野球「裏」ビジネス (ちくま新書)/軍司 貞則
¥819
Amazon.co.jp


そして今はこれを読んでいます。




本日は朝から雪が降っています。

こんなクソ寒くいときにも自虐ボランティアは休めません。

いや、こんな日だからこそ、必要です。

本日、信じがたいスピードで駆け抜ける自動車を見つけました。

次、また来たら、止めさせて運転手引き摺り下ろします。



今朝は昆布と鰹節の出汁で

納豆汁にしました。



俳句、川柳、詩…私の作品集
玉子焼き。



俳句、川柳、詩…私の作品集
玉子焼きと残り物の鯵をほぐしてマヨ和え。

ひじきのかき揚げ。

雑穀米。



さっさと仕事して

早く帰りたい。早く眠りたい。

AD